5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

縄文人と弥生人が会った時、何があったんですか?

1 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 01:49
日本人って、縄文人と弥生人の混血なんでしょ?
外人同士で出会った時、どんな反応したんでしょうか?
そういうドラマを描いたフィクションてないのかなあ?
やっぱりセックスとかしたんでしょうね。。。

2 :きみさあ:2001/03/22(木) 06:06
厨房っていわれたこと1度や2度じゃないだろ?
セックスという単語を覚えたばかりで使いたくて仕方ないんだろ?


3 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 06:27
米大陸でインディオとスペイン人が出会った時と同じように、セクースしたんだろ。

4 :きみさあ:2001/03/22(木) 06:31
言葉はわからなくても
ちんことまんこの使い方はみんなしっている。
最高のボディ・ランゲージ!!
万戸マンセー!!


5 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 10:46
弥生人による縄文人の征服、女は皆強姦された...
今の日本人はみんな弥生人に犯された女のガキってわけだ...

弥生人ってようは朝鮮半島から渡ってきた、いわば韓国人の祖先でもある人達だろう。
じゃあ日本人=韓国人で、韓国が日本の兄の国というのもあながち嘘じゃないな...

6 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:40
ほんとに縄文人の女はやられまくっただけなんですか?
じゃあ、男はどうしてたの?

7 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:43
こういう糞スレや糞レス見ると春休みだと実感できるな

8 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:49
●鈴木隆雄(都立老人総合研究所疫学部門長)

「縄文晩期の人口の激変を見ると、これはどう見ても渡来系弥生人と先住系縄文人との間に入れ換えに等しい急激な変化があったとしか思えない。考古学的にも大量の殺害を示す証拠はない。おそらく何らかの感染症が入ってきた可能性が高い。私は古病理学の立場から、その直接の原因を結核をはじめとする新顔の感染症だと想定している。」


9 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:53
●鈴木隆雄(都立老人総合研究所疫学部門長)
・ 縄文人の平均寿命は14〜15歳。正確には零歳の時点での平均寿命(余命)が男子では14歳、女子では14.6歳にすぎなかった。ただし15歳まで生き延びられた者は、だいたい34〜35歳まで生き延びる可能性が高かったと見て良い。

・ 結核という病気が相当古くから人類の歴史とともに存在した事は間違いない。では日本にはいつからあったのか? 結核によって特有な壊れ方をした骨は、日本の古代を遡っても、これまでに確実なものは5,6例しか発見されていない。それも、全て古墳時代以後のものである。私が研究した限りでは縄文時代には結核は存在していない。結核が流行するには幾つか条件があるが、一つには人口密度が高い、ということがあげられる。それからすると縄文時代の人口密度は相当低かったと言える。

10 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:54
●小山修三(国立民族学博物館教授)

・ 北海道をいれれば、約30万が縄文時代最盛期の人口と考えられる。30万人の人口は、晩期には75,800人にまで落ち込んでいる。そして時代は弥生へと移行するのだが、驚くべきことに、10万人以下だった人口が、弥生時代になると60万人近くに増加する。


11 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:56
●小山修三(国立民族学博物館教授)

「縄文時代は決して停滞した社会ではなく、非常に動きがあり、活力にあふれた社会だった。換言すれば、縄文人たちは日々、異質なものや異なる地域の人々に接していた。縄文社会は異質な人、モノを融合させることで成立していたのである。縄文時代のこの伝統は、弥生期になっても生きていた。だからこそ異質な弥生人との間に大きな闘争は起こらなかった。」「見方を変えれば、縄文時代が弥生時代を取り込んだともいえよう。」




12 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 14:57
●馬場悠男(国立科学博物館人類研究部部長)

現代のアイヌはすでに和人と半々ぐらい混血しているとされ、
本来の”縄文の血”はかなり薄まってしまっている

13 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 15:02
精子数少ない縄文人、弥生人より2割以上も

読売新聞ニュース速報

 男性だけに存在するY染色体の違いで日本人男性の精子を調べたところ、縄文人(原
日本人)の系統とされるタイプの男性の精子数が、弥生人系より二割以上も少ないこと
が、中堀豊・徳島大医学部教授らのグループの研究でわかった。厚生省の研究班の一環
として行った研究で、九月一日発行の「ジャーナル・オブ・ヒューマンジェネティクス
」に発表される。
 Y染色体は、父親から息子に直接受け継がれる性染色体で、こう丸や精子の形成にか
かわっている。この染色体中の3つのDNAの型を元に、日本人男性は「タイプ1」か
ら「タイプ4」まで四つに分けられる。
 中堀教授らは、子供を持つ百九十八人の精子数を調査し、タイプ別に統計分析した。
その結果、大陸や半島から数十年前に渡来した弥生人系とされるタイプ1、3、4では
、精液1CC中の精子数が一億〜一億二千万個あったのに対し、縄文人系のタイプ2は
八千万個と二割以上少なかった。無精子症になる確率も、タイプ2は二倍ほど高いこと
もわかった。
 ヒトの系譜を調べるには従来、細胞内のミトコンドリアDNAを使ってきたが、母方
の系統しかわからない。今回のY染色体分類は、父方の系統を調べる方法として注目さ
れ始め、五万年前に縄文人と弥生人の2タイプに分岐したと推定できるという。
 中堀教授は「縄文系が遺伝的に精子数が少ないのか、環境ホルモンなどへの抵抗性が
低いためなのかは不明だが、精子数の基礎データをそろえる上で、タイプ別の集計が重
要となる」と話している。

[1999-08-07-21:27]


14 :【^▽^】酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/22(木) 15:45
熊襲と蝦夷(エミシ)とアイヌと琉球人よ、”弥生人”を報復レイプして、
日本列島を”再縄文化”せよ!
ただ、”縄文人”は精子数が少ない=生殖能力が低いのか?

15 :縄文人@反弥生人連盟:2001/03/22(木) 15:57
やはり弥生人は強姦魔。
朝鮮人にレイパーが無茶苦茶多いのも解かる。

16 :【^▽^】酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/22(木) 16:04
でも、”縄文人”の精液の方が濃いイメージがあるんだけど(藁

17 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 18:30
>>16
自然界を見渡せば、生き残る確率が低い動物ほどたくさんの子供を生む。
となると、弥生人のほうが精子の数が多いのは、弥生人の精子は縄文人の
精子よりも弱いからではないかという仮説が立つ。精子の生存力が弱いのでは
性交しても妊娠する確率は低い。それを補うため、性交の回数そのものを
増やそうという無意識の意識が働いているとしたら、朝鮮人のレイプ好きも
説明がつく。

なんちって..。

18 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 18:33
●小山修三(国立民族学博物館教授)

・ 北海道をいれれば、約30万が縄文時代最盛期の人口と考えられる。30万人の人口は、晩期には75,800人にまで落ち込んでいる。そして時代は弥生へと移行するのだが、驚くべきことに、10万人以下だった人口が、弥生時代になると60万人近くに増加する。

19 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 18:34
人類遺伝学会(96年)で公表された結果を共同通信がこう伝えている。
          ------------------------
 アイヌ民族や韓国人など東アジアに住む人たちを遺伝子レベルで分析した結果、現
在の本土日本人の遺伝子群の約六五%が弥生時代以降に大陸からもたらされた遺伝子
に由来していることが国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の宝来聡助教授らの共同研
究で分かり、二十三日の札幌市での日本人類遺伝学会で発表された。
 また、骨や歯の研究から弥生時代以降の渡来集団との混血の度合いによって在来系
(縄文系)と渡来系と二つに分けられるという「二重構造モデル」が遺伝子レベルの
研究で一層強められたことも、同助教授は明らかにした。
 宝来助教授は、国際日本文化研究センター(京都市)の尾本恵一教授らとともに、
東アジアに住む人たちを本土日本人、沖縄住民、台湾系中国人などの五つの人類集団
に分け、計二百九十三人から血液などを採取、母親の系統がたどれるという細胞中の
ミトコンドリア遺伝子を比較した。
 二百七の異なる塩基配列のタイプを調べた結果、十八タイプが二つまたは三つの集
団に共通して見られた。うち、本土日本人と韓国人は八タイプが共通しており、両者
が遺伝的に近いことが分かった。
 また、ミトコンドリア遺伝子の変異のパターンから二百九十三人は十八の集まり(
群)に分けられた。うち韓国人と中国人が多数を占める七つの群に五○%もの本土日
本人が入ったのに対し、アイヌ民族と沖縄住民はそれぞれ二○%以下しか入らなかっ
た。
 同助教授は、この大陸系の特色を持つ七群に入る五集団の割合から、ミトコンドリ
ア遺伝子がどれだけ渡来によってもたらされたかを試算。その結果、本土日本人のミ
トコンドリア遺伝子の約六五%は大陸由来、残る約三五%は縄文由来となった。弥生
時代以後約九百年続いた渡来が現代の日本人の遺伝子構成に大きく影響していること
が示された。


20 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 18:36
九州・沖縄と山口では弥生人の顔・かたちに地域差が認められ、人骨の特徴から
1、北部九州・山口タイプ、2、西九州タイプ、3、南九州・南西諸島タイプの
三つのタイプに分けることができます。
「北部九州・山口タイプ」の弥生人は、顔が長く、鼻が低く、鼻の付け根(鼻根部)
が扁平で、身長は、男性の162cm〜164cm、女性は150cm程度で、高身長です。
「西九州タイプ」の弥生人は、顔が短く、横幅は広く、眉の部分が盛り上がり
鼻骨が付け根から高く隆起し、顔を横からみると鼻根部が深く陥凹しており、
ホリの深い容貌をしていました。
推定身長値は、男性が約158cm、女性は148cmで、男女とも低身長です。
「南九州・南西諸島タイプ」の弥生人は、頭や顔が小さく、頭を上から見た形が、
限りなく円に近い形をしています。
身長は著しく低く、男性で153cm〜155cm、女性では143cm程度しかなく、
きわめて小柄な弥生人でした。三タイプの弥生人のうち、「西九州タイプ」
の特徴は、実は縄文人の特徴なので、「西九州タイプ」の弥生人は、縄文人直系の
弥生人と考えられます。
一方、「北部九州・山口タイプ」の弥生人には縄文人的特徴がみられないことから、
彼らは、日本列島に弥生文化をもたらした渡来人ではないかと考えられてます。

21 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 18:48
>>20
薩摩隼人というのは、その小さなひとのことですか?

22 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 22:27
でも、昔の人ってみんなチビだね。
アングロサクソン等、北方ヨーロッパ人とアジア人ほどの身長差はないなあ。
(縄文人と弥生人の間に。)

23 :日本@名無史さん:2001/03/22(木) 23:24
日本人の殆どは、半島方面より渡来した北方系民族だが、ときたま濃い顔で、手足の短いモロ縄文系とかもいる。
そういう連中は決まって犯罪者顔で、実際犯罪者ばっかりだよ。
日本人が完全に弥生系の人種に入れ替わってりゃ、こんなことにはならなかったのになぁ。

24 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 00:31
なんかそいうの書いたフィクション教えてよ

25 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 04:50
従来通り言われてた日本人=コリアン説が
補強された結果になりましたね、ヨカッタヨカッタ。


26 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 07:04
チョンさん

27 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 07:13
>日本人の殆どは、半島方面より渡来した北方系民族だが、ときたま濃い顔で、手足の短いモロ縄文系とかもいる。
>そういう連中は決まって犯罪者顔で、実際犯罪者ばっかりだよ。
>日本人が完全に弥生系の人種に入れ替わってりゃ、こんなことにはならなかったのになぁ。

だったら何故在日コリアンの犯罪が多いの?
コリアン=北方系でしょ。

28 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 07:21
朝鮮→日本○ 日本→朝鮮×

29 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 07:33
<特報・ヒトゲノム>セレラ社、日本進出 ベンター社長と会見

 人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)を独自に解読した米バイオ企業「セレラ・ジェノミクス」のクレイグ・ベンター博士(同社社長)が解読後、初来日し、20日、東京都内で毎日新聞のインタビューに答えた。日本人固有の遺伝子に注目し、日本のバイオベンチャー企業への投資を決めたほか、国立大学などと共同研究の協議を続けていることを明らかにした。ポストゲノム戦略として日本に進出する意向を示したもので、日本人に適した薬剤や、新しい治療・診断法の共同開発をめざすという。

 セレラ社は1998年にベンター博士がヒトゲノムの短期解読を目的に設立した。日米欧などの政府や公的機関が出資する「国際ヒトゲノム計画」の強力ライバルとして注目され、今年2月には両チームが同時にヒトゲノムの解読データを公表した。

 ベンター博士は「国際チームの解読はまだドラフト(概要)だが、セレラ社のヒトゲノムの塩基配列解読は、すでに完成している」と断言し、「次のターゲットは、がんをはじめとする病気の治療にヒトゲノムの情報を利用することだ」と述べた。

 その上で、薬剤の副作用や病気へのかかりやすさなどを左右する遺伝子の個人差(スニップ)を解析している日本のベンチャー企業に投資することを明らかにした。セレラ社が日本の企業に出資するのは初めて。日本の製薬市場で優位に立つには、日本人のDNA試料や医学データが重要になるとの判断が背景にある。

 日本人のスニップ解析を進めている東大医科学研究所などとの共同研究や契約の交渉も進めており、ベンター博士は「特定の人口集団について共同研究することで、複雑な病気も解明できるだろう」と話している。 【青野由利、古田信二】


[毎日新聞3月21日] ( 2001-03-21-03:26 )


30 :冗談です☆:2001/03/23(金) 10:57
縄文人=古モンゴロイド、弥生人=新モンゴロイド

日本人は少ないとは言え、歴史と伝統がある古モンゴロイドの血をひいている。
それに対し韓国人は、歴史も伝統もない新モンゴロイド100%の新参者。
新モンゴロイドは古モンゴロイドから産まれた新しい変種なのだから、
古モンゴロイドは新モンゴロイドの親と言える、
つまり日本人は親、韓国人は子。
日本は儒教の国ではないから強要はしないが、
韓国は儒教の国なのだから、親である日本人を尊敬しなければならない。

31 :天之御名無主:2001/03/23(金) 20:44
世界四大文明の担い手「漢人」も新モンゴロイド。
モンゴル帝国の担い手「チンギスハン」も新モンゴロイド。
残念ながらアジア大陸における古モンゴロイド(倭人とよばれ
朝鮮半島南部から北九州にいた)は文字や鉄器を知らなかった。
思想や社会制度科学技術において劣っていた。つまり文化の程度は低かった。
30のいってることは逆だね。


32 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 21:25
>>27
それは日本での在日への差別が引き金になってるからだと思う。
実際そうだよな、関東大震災の際の大虐殺は彼らへの差別心が生み出したものだし、日韓併合して国家神道や日本語を強制したのも彼らを馬鹿にしてたからだ、そうだろ?
まあ国連お墨付きの差別国家だからな、日本は。
まったく恥ずかしいよな、海外旅行したら「差別の楽園 日本」って感じに見られるんだぜ。

33 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 22:05

電波

34 :名無史さん:2001/03/23(金) 22:25
↑ 図星を突かれて逆上した差別主義者

35 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 22:50
だからそう言うことを書いたフィクションを教えてくださいよ

36 :こちらもどうぞ:2001/03/23(金) 22:53
関東大震災の時朝鮮人が井戸に毒を流したというデマを流したのは日本共産党なの!?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kyousan&key=955387044&ls=50


37 :日本@名無史さん :2001/03/23(金) 23:07
まあほらパンパンとかもあったんだし、きっと縄文の女は侵略者にすぐ股開いたんだと思うよ。
今でもそうじゃん?日本の女って海外旅行先で無料でロコ野郎に奉仕するって有名だからなぁ。
マターリしてていいじゃん、ああごめんね大和撫子とかいう幻想をマジで信じてる人達。

38 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 23:33
>23
手足が長いのは縄文人だよ、ヴァカ。
弥生人は寒冷地に適応して胴長短足なのだよ、ティンカス。

39 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 23:34
>38
じゃあ、君は胴長短足なんだね。(藁

40 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 23:38
参考にどうぞ。

縄文人(古モンゴロイド)と弥生人(新モンゴロイド)の特徴比較表
http://ao_zatsu2.tripod.co.jp/write/sinka_16.htm

縄文人が体と比較して「頭がでかい」という特徴が抜けてるけどね。



41 :日本@名無史さん:2001/03/23(金) 23:44
アイヌ民族は世界一チビな民族だと聞いたことがあるが、本当なんだろうか。
まあ、縄文系だからちっちゃいのは確かなんだろうけど、世界一ということはないだろう。

42 :>:2001/03/24(土) 00:02
>>32
「差別の楽園 日本」というのは、白人のレイシストが日本人を差別する口実にでっち上げた嘘宣伝だと思う。



43 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 00:28
(゚∀゚)ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!




44 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 13:18
>>41
世界一背が低いのはピグミー族、背が高いのはマサイ族。

45 :【^▽^】酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/24(土) 14:26
起て!全国の縄文男!
弥生男を去勢し(これは中国人やモンゴル人から習うべし)、
弥生女に生殖せよ!

46 :弥生人:2001/03/24(土) 15:05
>>45
インポ野郎の縄文人は引っ込んでるニダ!
2000年前自分らの嫁の貞操も守れなかったお前らに今更何が出来る!

47 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 15:24
>46
キミの珍奇な妄想で突っ走らないで。
セクースでもして落ち着こうゼ。


48 :>1:2001/03/25(日) 00:03
日韓同祖論を心の底では喜ぶ姦コック=実は日本人になりたい。
日韓同祖論を心の底では嫌う日本人=うげえ、姦コックと一緒なんて最悪!

49 :七不思議:2001/03/25(日) 00:06
この版で日韓同祖論をことあるごとに持ち出すのって
必ず半島人だよね。なんで?俺は日韓同祖論聞くと
吐き気がするんだけど?お前等カンコックは違うみたい
ね。

50 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 00:09
大体、遺伝子分析でほとんどのことがわかってしまう現代で
日韓同祖論なんてアナクロな話が何で出てくるの?


51 :気の毒なかんこっく:2001/03/25(日) 00:10
昔はこいつらは「倭は半島の植民地だった」なんて
妄想こいていたんだけど、史料や史跡から、実際
は逆だったことが判ってしまい、今度はもっと時代
をさかのぼれば日本は半島の植民地だなんて言い出し
ているわけ。

52 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 01:18
>>49日韓同祖論を持ち出す奴は本場の韓国人というより
  在日朝鮮人か帰化した韓国人だと思うんだけど
  日韓同祖論を唱える事で板ばさみになった自分の
  アイデンティティーを保とうとする。

53 :カタカタ笑う素直な酔い子:2001/03/25(日) 05:24
日中韓モ同祖ってことで委員じゃない会

54 :さげ:2001/03/25(日) 05:33
半島を通った人でも文化でも自分のものに
してしまう馬韓国人。

55 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 08:24
なんか勘違いしている人がいるけど、
遺伝子によるルーツ探しに使われるミトコンドリアDNAってヤツは、
完全に母系遺伝。
弥生人の男が、縄文人の女性をどれだけ多くレイプしようが、DNAに
影響を残すことはない。
だから組み合わせとしてはむしろ逆で、縄文人の男性と弥生人の女の
組み合わせの方が圧倒的に多かったろうね。

56 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 09:10
>だから組み合わせとしてはむしろ逆で、縄文人の男性と弥生人の女の
組み合わせの方が圧倒的に多かったろうね。

そう言っちゃっていいのかな?なんか違う気が・・・

57 :日本@名無史さん :2001/03/25(日) 10:15
今ではミトコンドリアDNAだけじゃなくY染色体の研究が
進んでるからね。
A1uという塩基配列を調べると父系情報が判ってしまう
時代ですよ。これは縄文人の男のY染色体のみに元々存在する
特殊な塩基配列です。縄文人の男が弥生人の女をレイプして
男子が産まれれば、当然A1u塩基配列を持っているという
ことになります。(その男子の何百代後の男子孫にもA1uは残る)
ミトコンドリアDNA判定とY染色体判定を併用+αすれば、
純粋な縄文人か弥生人か、はたまた混血か、またいつ頃、混血に
なったか、まで判るそうです。

58 :気の毒なかんこっく:2001/03/25(日) 11:06
弥生人=かんこっくと解釈して日本に対
して優越しようとするかんこっく人は
哀れでぶざま。

59 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 11:25
>弥生人の男が、縄文人の女性をレイプ

? 何逝ってんの? 脳みそ腐ってない?

60 :アホなかんこっく:2001/03/25(日) 11:33
>弥生人の男が、縄文人の女性をレイプ
この事実から日本人に優越感感じるのはアホな
強姦こっくならではだな。

61 :世界@名無史さん:2001/03/25(日) 11:36
実際は文化習慣が違うから住み分けがあったんだろうな。
で、近隣の村と交易し始めて人が行き交いして、
そのうち混血が始まり、というパターンかもしれない。

62 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 13:32
>>61
そうそう。
レイプだなんだより、そういう冷静な発想を聞きたいんですよ。
でも村が村を侵略するとかなかったのかね、獲物の縄張り争いとか。

63 :61:2001/03/25(日) 13:39
>>62
ヨーロッパ人が北米に入植し始めた頃の状態に近いのかもしれないですね。
当然、争いもあったでしょうけれども
新しい入植者がもたらす道具や技術にも魅力があったので
先住者は入植を認めた、とか。

64 :62:2001/03/25(日) 14:27
>>63さん
なんかそういう当時の状況を想像して書いた、研究書や小説なんか
ご存知ないですか?

65 :【^▽^】ジョーカー:2001/03/25(日) 15:08
縄文男と精子と弥生女の卵子、
弥生男の精子と縄文女の卵子、
これが混合を重ねて、「倭人(和人)」が
形成されたのか。

66 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 16:39
縄文時代から、陸稲はかなり栽培されていて、縄文人が実質的には畑作農耕民で
あったことは、ほとんど疑いの無い事実
だろうと思います。
最近では、あらゆる意味で、世界のあちらこちらの遺跡の再確認が行なわれてい
て、農耕の起源を古い方に見ています。
人類の爆発的な文化的発展が5万年くらい前を起点にしておこり、そして、場所
によっては、それからすぐ後で、原始的
農耕が始まったとする説が多い。

弥生時代に渡来人がいたことは、九州北部の遺跡人骨などから判明しています
が、一方、この広がりは、弥生中期におい
ても、基本的に九州北部から山口県あたりまでしか分布していません。
また、これ以前の縄文遺跡から縄文系ではない人たちが発見されることもほとん
どないわけです。

考えてみれば不思議です。大中国には、紀元前15世紀には、黄河文明が本格的
に起こっていて、また、華南、江南では
農業はなんと1万年以上前から行われた形跡があるわけです。だとしたら、誰も
が考えるのは、中国系の人々の日本への
大量移住でしょう。私の考えとしては、紀元前10世紀ごろから日本への移住が
始まっていても良い。

ところが、考古学的に確認されているのは、紀元前2世紀末ごろからの北部九州
への渡来人だけなのです。このことは
なにを意味するかといえば、結局、日本海全体が、縄文文化圏で、そのあたり
は、航海民族としての縄文形海人の勢力の
もとにあり、中国の諸王朝も、そして沿岸部に封じられた諸侯も、海には手が出
せなかったということを意味していると
思います。そして、その影響力は、たぶん、朝鮮半島においてもそうで、ここに
も明確に中国人が進出してくるのは、後の
ことです。

以上から、前2世紀の渡来系とされるのは、朝鮮半島からとか江南からとか華南
からとかいうのではなく、結局、秦始皇帝
の時代から漢代への社会の統一の中での難民がやってきたと思われ、また、その
やってきた難民は、おそらく、かなりの
数が、縄文人に導かれてやってきたのではないかと思われるのです。彼らが、突
然自前の航海技術で海を渡ったとは思え
ない。

そして、その規模もそれほど多くはない。そして、彼らがやってきたときに、す
でに、九州北部では、水稲農業も始まって
数百年経過していたのですから、渡来人が水稲農業をもってきたということもあ
りえない。日本の水稲農業のやりかたは
おそらく、朝鮮半島南部の文化でしょう。ただそれも、民族的には、縄文系とほ
ぼ同じ人々だろうと思います。

67 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 16:41
現在のmDNAの解析からわかることは、現代日本人が、中国系、朝鮮半島系の
人々の系統をかなり強く引いていいること
です。このことは、おそらく、古墳時代以降の朝鮮半島からの難民受け入れが大
きいと思います。外国からの難民というの
は、まず、国の中心部の都市に集まり、そして、地方においても、都市部にあつ
まります。アメリカにおいて、ニューヨークや
ロスアンジェルスをみると、白人なんて、アメリカの中のごく一部のように思っ
てしまうけれど、実際には、アメリカでは、白人
系が76%をしめていて、黒人系は12%しかいません。アメリカは都市以外の
人口が多く、そのほとんどは、白人系なので
あって、一部の都市だけに、非白人系が多く住んでいる状況です。

このことからすれば、現在、古墳時代以降の日本の中心であった近畿圏に渡来系
の形質を強く持つ人が多く、また、一部
古墳時代末から律令時代くらいまでに方々につくられた渡来人の集落(とくに、
馬を育てるとかのための長野とか群馬あたり
のやつとか)があったことは事実でしょうけれど、だいたい、形質から見て、縄
文形質は、非都市部にあって、都市部に渡来
系形質の強い人が多いということが言えます。

渡来人の多くも、おそらく、日本の海人の舟によって、日本に運ばれた可能性が
強い。けっして、彼らが自発的に渡海
して、日本に攻め込んだわけではないと思います。知られている限り、そういう
例は、元寇と刀いとかの場合の二度くらい
しかない。

日本側の自発的なものによって、前2世紀に江南系住民が連れてこられ(あるい
は難民受け入れ)、また、日本の自発的
なもので、古墳時代以降朝鮮半島の、とくに、百済系、高句麗系の人がつれてこ
られたとすると、歴史の見方はかなり違う。
もちろん、この場合は、日本というより、朝鮮半島南部も含めた、日本海圏全体
の話なんですけどね。

で、こういう話は、どうも、最近の、mDNAの問題やら、稲のDNAの話など
とかなり整合するように思います。

もし、渡来人が弥生時代を始めたならば、渡来系の影響は九州北部でもっとも強
く、近畿には縄文形質が強く残るはず。
ところが、話は逆転していて、九州北部はそれほど渡来系形質が強いわけではな
く、近畿がもっとも渡来系形質が強い。
つまり、このことは、北方モンゴロイド系という渡来系がやってきた時期は、弥
生時代の前期、中期において先進地帯だ
った九州北部ではなくて、古墳時代以降、日本の中心となった近畿において渡来
人がやってきたことになり、そのことは、
大量の渡来人のやってきた時代が、古墳時代以降であることを物語っていると思
います。

また、遺跡などから、渡来系と縄文系の混合集落はみつかっていますが、両者が
互いに争ったという事実がないことから
も、渡来人は、基本的に縄文人と友好的に混ざり合ったと考えるべきだと思いま
す。

68 :日本@名無史さん:2001/03/25(日) 23:47
>66、67
長いな。
でもだいたい納得できるよ。
俺も渡来人が日本列島に武力侵攻してきたとは思えない。
縄文人の方が狩猟技術に秀でて、戦闘能力が上だったと思える。
彼らの末裔たる蝦夷が一騎当千の兵と称された様にね。
北米に白人が入植したのとは、また別な状況があったのだろうな。


69 :アホなかんこっく:2001/03/25(日) 23:53
縄文人は半島にも進出していました。

70 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 00:22
>>66-68
いったいどういう状況があったんですかね?
北米に白人が入植したのと違う状況だとしたら、歴史的に、相似した
状況って今までありますでしょうか?

71 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 02:46
要するに古代、中世の日本の支配層は殆どが朝鮮人だったということね
こういう社会構図は今の南米諸国にもいえる事だね、朝鮮マンセー

72 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 02:55
でも古代の漢籍とか見ると中国系が殆どを占めてるんでしょ?
畿内の渡来人が半島からの難民だけだと説明がつかないんじゃない?

73 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 03:34
>>72
71なんか相手にするな。

71は67,68を曲解するバカ。
それとも曲解じゃなくてもともと読解力がないのか。

74 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 08:08
朝鮮人独自のDNA構造なんてのは無いんでしょ?


75 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 10:04
朝鮮民族なんてものは存在しません。
世界中から攻め込まれ、その度侵略者が半島の女をやって
やってやりまくって、出来あがったのが朝鮮民族です。
朝鮮はアジアのブラジルです。

蛇足ですが、北条時宗のオープニング見ていて感じたのですが、
ハングル文字ってモンゴル文字に雰囲気似ていません?


76 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 10:16
古モンゴロイド(縄文人)て新モンゴロイド(弥生人)に対して
遺伝的に劣性だったんじゃないの?
新モンゴロイドが古モンゴロイドから生まれた新しい種であるなら、
遺伝的に優性じゃないと種として成立しえない気がするんだけど。

あたらしい種というのは最初はたった一人だろうから、
遺伝的に劣勢では話にならず、劣性・優性のいずれでもないとしても、
最初は一対無限大みたいな比率だから、やはり問題にならない。
遺伝的に優性であって初めて種として確立されうるのでは?

なんてことを思いついたのですが、いかがなもんでっしゃろ?

77 :世界@名無史さん:2001/03/26(月) 11:01
古モンゴロイドも新モンゴロイドも同じ種です。
種という言葉をどう使っているか知らないが、
同じ形質が多い集団としては、違う肉体的特長
を持った集団だったのは間違いない。
 韓国人や中国人が、日本を支配したのは間違
いない。言語は韓国と日本は文法は、同じ。
日本人も韓国人も中国語や英語を覚えるより
違和感なく(単語さえおぼえれば)両国の
言語を覚えられる。
 伝わりやすい言語を両国が持っていたなら、
もっとも意志が通じ合ってたことになる。
もう一つ東シナ海周辺海岸の地図を眺めてみ
るのもおもしろい。この地域は、地中海世界
のような世界を形成している。

78 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 12:12
言葉の文法が一緒だと、いきなり一方が他方を支配した事実につながるの?
その理論、かなり無理があると思えるね。

それともあんた韓国人?

79 :>75:2001/03/26(月) 12:13
焼肉、ハングル、チマチョゴリは蒙古
が半島を支配してた時のオトシダネら
しいよ。檀君神話も突然この時代の書物
から登場するようになる。檀君神話って
のは蒙古支配が悔しかった当時の朝鮮厨房
の妄想らしい。

80 :>77:2001/03/26(月) 12:16
倭による百済、新羅支配は古文書にも遺跡にも
証拠が残っているがね。
>韓国人や中国人が、日本を支配したのは間違
>いない。
これを証明する史跡、史料はただの一つも無いね。(藁


81 :世界@名無史さん:2001/03/26(月) 13:55
>>76
逆。
外見上の特徴(顔の凹凸が少ないとか一重瞼とか)は新モンゴロイド側の
遺伝子が劣勢。まあ複雑に絡み合った遺伝子構造も多いから一概には言えないが。

>>78
>この地域は、地中海世界
>のような世界を形成している。

この決り文句から考えるに網野じいさんの信者でしょ。


82 :日本@名無史さん:2001/03/26(月) 14:46
77は>>67,>>68を曲解するバカ。
それとも曲解じゃなくてもともと読解力がないのか。

83 :日本@名無史さん:2001/03/27(火) 01:58
で、結局なんか参考文献はないんですか

84 :日本@名無史さん:2001/03/27(火) 09:22
>>77
>違う肉体的特長を持った集団だったのは間違いない。

その違う肉体的特長をもつグループが、DNAレベルで固定されたものであるなら、
それは人種が違うと言えるのでは? 細かいことはわからんけどね。

>この地域は、地中海世界のような世界を形成している。

だとしたら、日本はギリシャかエジプトか?神話だと色々とおもしろいよね。

85 :日本@名無史さん:2001/03/27(火) 10:05
>>81
>外見上の特徴(顔の凹凸が少ないとか一重瞼とか)は新モンゴロイド側の
>遺伝子が劣勢。まあ複雑に絡み合った遺伝子構造も多いから一概には言えないが。

だとしたら、新モンゴロイドってどうやって成立したんだろ〜?
新しい種が、その母胎となる古い種に対し遺伝的に劣性であるにもかかわらず、
呑み込まれてしまうこと無しに、逆に母胎となったグループを数の上で圧倒して
しまう条件ってなに??

86 :日本@名無史さん:2001/03/27(火) 21:46
せっかく>>67,>>68でいいこと逝ったのに
ずいぶんアホな展開になってるね。
縄文人を古モンゴロイドとみるかコーカソイドとみるかにかかわらず
縄文形質の多くは弥生人との混血においては劣性遺伝。
5:5で混血しても、子孫の多くは弥生人寄りの外貌になるはず。
ただし劣性遺伝で継承されるってことは縄文タイプも半永久的に消滅しないってことだけど。
それと地中海世界については網野じいさんの専売特許ってこたない。
「環日本海世界」と「環東シナ海」の両方あるが
それが文化圏(文化交流圏)としての一面と政治勢力圏としてのそれを
別に考えた方がいいかも。もちろん切り離せないものである場合と切り離すべき場合、
それぞれ時代によってあるだろうけど。

87 :日本@名無史さん:2001/03/28(水) 01:03
>「環日本海世界」と「環東シナ海」の両方あるが

う〜。詳しく教えてくれるとうれしいです


88 :日本@名無史さん:2001/03/28(水) 10:19
縄文晩期の名古屋大戦争以後は両文化は融合した?


89 :日本@名無史さん:2001/03/28(水) 10:21
>86
なんだ、やっぱり縄文人の方が劣性なのか!
そりゃそーだよなー、じゃなきゃどんどこアイヌみたいな人が増えてるはずだもの。

90 :日本@名無史さん:2001/03/29(木) 00:24
結局縄文人と弥生人が出会ったのと似たパターンの歴史は他にはないんですか?

91 :日本@名無史さん:2001/03/29(木) 00:32
セークスをしていました。

92 :日本@名無史さん:2001/03/31(土) 00:36


93 :日本@名無史さん:2001/03/31(土) 09:57
>>91愛が生まれたということか。


94 :日本@名無史さん:2001/04/01(日) 14:16
劣った縄文人が弥生人に征服されただけだろ?
だから琉球とか蝦夷のイナカモンは今でもロクなのいないっていうか犯罪者予備軍(ワラ


95 :日本@名無史さん:2001/04/01(日) 18:37
>>94
巣食われないやつだな。いまだにそんなこと逝ってんのか。
無知ほど哀しいものはないナ。もう勝手にしなさい。

96 :日本@名無史さん:2001/04/01(日) 18:49
おい、おい、、、94
ちょっと手首きってみろ
いい事あるぞ。

97 :日本@名無史さん:2001/04/01(日) 20:28
弥生人は惨めな難民。縄文人に救われたってことでしょ?
征服どころか、その前に戦うってだけで荒唐無稽。

98 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 00:09
ふーむ。
難民なんですかね。
朝鮮地方の戦いに敗れた王族が逃げてきたとかいうのはナシですか?

99 :西郷隆盛:2001/04/02(月) 00:45
弥生人は千原兄弟、トミーズ雅みたいな醜いことこの上ない
風貌だったので驚いた縄文人は北と南に逃げた
だから 北と南の人は非朝鮮系の顔が結構いるのです


100 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 07:03
>>98
>朝鮮地方の戦いに敗れた王族が逃げてきたとかいうのはナシですか?

弥生時代のはじまりは前3世紀。その頃、朝鮮にはまだ国はない。

101 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 12:33
>>100
国がない? 部族みたいなのが、乱立してたってことですか?


102 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 16:09
弥生人が持ってきた、縄文人にとって未体験の伝染病(結核とか)で、
縄文人は大打撃をうけて人口を大幅に減らしたという話をどこかで
読んだ気がする。

103 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 16:34
恐らく弥生人が大規模侵略したって言うよりも、
縄文人がすすんでその文化を受け入れたんじゃないかな。
奈良朝から平安朝にかけて大規模な征服戦争はあったけど、
民族虐殺的なものは少なかった。
そうでないと日本人の6、7割が縄文系ということの説明がつかない。
寒冷地域である東日本の出生率が、近畿の数倍とは考えにくいし。
戦闘は最低限だったと思っています。

104 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 16:40
>そうでないと日本人の6、7割が縄文系ということの説明がつかない。
6、7割は弥生系では?


105 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 16:40
人類遺伝学会(96年)で公表された結果を共同通信がこう伝えている。
          ------------------------
 アイヌ民族や韓国人など東アジアに住む人たちを遺伝子レベルで分析した結果、現
在の本土日本人の遺伝子群の約六五%が弥生時代以降に大陸からもたらされた遺伝子
に由来していることが国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の宝来聡助教授らの共同研
究で分かり、二十三日の札幌市での日本人類遺伝学会で発表された。
 また、骨や歯の研究から弥生時代以降の渡来集団との混血の度合いによって在来系
(縄文系)と渡来系と二つに分けられるという「二重構造モデル」が遺伝子レベルの
研究で一層強められたことも、同助教授は明らかにした。
 宝来助教授は、国際日本文化研究センター(京都市)の尾本恵一教授らとともに、
東アジアに住む人たちを本土日本人、沖縄住民、台湾系中国人などの五つの人類集団
に分け、計二百九十三人から血液などを採取、母親の系統がたどれるという細胞中の
ミトコンドリア遺伝子を比較した。
 二百七の異なる塩基配列のタイプを調べた結果、十八タイプが二つまたは三つの集
団に共通して見られた。うち、本土日本人と韓国人は八タイプが共通しており、両者
が遺伝的に近いことが分かった。
 また、ミトコンドリア遺伝子の変異のパターンから二百九十三人は十八の集まり(
群)に分けられた。うち韓国人と中国人が多数を占める七つの群に五○%もの本土日
本人が入ったのに対し、アイヌ民族と沖縄住民はそれぞれ二○%以下しか入らなかっ
た。
 同助教授は、この大陸系の特色を持つ七群に入る五集団の割合から、ミトコンドリ
ア遺伝子がどれだけ渡来によってもたらされたかを試算。その結果、本土日本人のミ
トコンドリア遺伝子の約六五%は大陸由来、残る約三五%は縄文由来となった。弥生
時代以後約九百年続いた渡来が現代の日本人の遺伝子構成に大きく影響していること
が示された。

106 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 20:06
>>101
>>弥生時代のはじまりは前3世紀。その頃、朝鮮にはまだ国はない。
>国がない? 部族みたいなのが、乱立してたってことですか?

さあ。
よくわかりませんが、
前3世紀に限っていえば、どうも燕(河北省にあった中国人の国)が早くから
あちこちに砦を築いていたらしいですね。
で、燕が秦の始皇帝に滅ぼされると、秦が燕の後を引き継ぎ、
あちこちの砦を統合して「上ショウ」(今の平壌付近)と
「下ショウ」(「雲ショウ」ともいい今の忠州の西方)のふたつの砦だけ残しましたが、
秦が滅ぶと中国は混乱して放棄されてしまいました。
それで漢の時代になって独立したのが衛氏朝鮮です。
昔は遼東郡は平安北道までふくんでいたので、「上ショウ」(今の平壌付近)は
国境・関門にあたり、交易場だったわけで、そこを仕切っていたヤクザのボスで
衛満という人がBC194年に手下をまとめて国を建てた。
部下の中に「泥溪相」という役職があり、
泥溪というのは「下ショウ」(「雲ショウ」ともいい今の忠州の西方)の地名で
その南側(後の真番郡)の異民族を管理する役職と考えられています。


107 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 20:07
>>102
>弥生人が持ってきた、縄文人にとって未体験の伝染病(結核とか)で、
>縄文人は大打撃をうけて人口を大幅に減らしたという話をどこかで

結核ほ他にも、B型肝炎だとか、疱瘡・天然痘のたぐいだとか、
様々な説があります。
伝聞ですが学界の扱いは、あまり証拠のあがっている説でもなく、
そうも考えられるという程度みたいです。もちろん明確に否定もされてなく
捨てがたいというか魅力的な説であり、個人的には支持しているという人は
結構いそうですね。


108 :日本@名無史さん:2001/04/02(月) 20:29
>>67,>>68
弥生時代の開始は前3世紀頃ですが、この時期の渡来系弥生人骨は
中国の河北省・山東省(戦国時代の燕と斉)に由来するもので
福岡や山口などに局所的にみられるだけで一時的な渡来だったと思われ。
この段階ではまだ在来の縄文人によって弥生文化は担われた。
疫病による縄文人の人口激減は前2世紀後半です。それでも
縄文的な身体特徴の遺伝子の割合は今よりずっと多く半々くらい(?)と思われ(?)
現在の弥生的な遺伝子の割合の高さは、弥生後期から古墳時代末期にかけて
朝鮮や中国の江南地方からきた渡来人によってもたらされたものと考えられます。
この時期はすでに倭人世界を代表する政権が存在した時期であり、
列島の住人が主体的積極的に渡来人を招いたものと思います。

109 :>108:2001/04/03(火) 12:07
>列島の住人が主体的積極的に渡来人を招いたものと思います。

もっと解りやすく言うと誘拐して来たんだよね。
時代がちょっと違うけど、新羅本紀そう言った記述があるし。

110 :日本@名無史さん:2001/04/03(火) 16:14
しかし典型的弥生顔にツルベの写真使い、
縄文顔に郷ヒロミってのはやめてくんないかな。
もっと弥生的ハンサムっていないの? しくしく


111 :日本@名無史さん:2001/04/03(火) 17:06
弥生時代の初期に北九州の弥生人の骨格に著しい変化が現れたが、
その後、時代が下がるにつれて骨格は元どおりになった。
これは北九州に来た半島からの渡来人は一時的なもので、次第に優勢な
縄文人に吸収されていったのだろう。

大陸において古モンゴロイドが新モンゴロイドに対して遺伝的に劣っていて
減っていったと考えるのは一概に言えない。
動物の世界では遺伝子を残せるオスは性的魅力がなければならない。
一万年前において性的魅力が単に体の大きさなら、新モンゴロイドは古モン
ゴロイドを駆逐してしまったであろう。
ほかの数々の遺伝的欠陥があってもだ。



112 :日本@名無史さん:2001/04/03(火) 23:52
>>110
戦後すぐの俳優さんとかは、大体弥生顔っぽいよ。
ローマの中田や巨人の松井も弥生顔。
縄文は、郷ひろみよりも長嶋監督に近いんじゃないか?
あと、ディアマンテスのアルベルト城間とか。

113 :日本@名無史さん:2001/04/04(水) 00:02
40 名前:日本@名無史さん投稿日:2001/03/23(金) 23:38
参考にどうぞ。

縄文人(古モンゴロイド)と弥生人(新モンゴロイド)の特徴比較表
http://ao_zatsu2.tripod.co.jp/write/sinka_16.htm

縄文人が体と比較して「頭がでかい」という特徴が抜けてるけどね。


114 :日本@名無史さん:2001/04/04(水) 01:05

生物板の日本人の人種スレで、
モンゴロイドの中にもコーカソイドに匹敵する彫りの深い顔が居たと聞いたが


115 :ロン:2001/04/04(水) 01:53
新モンゴロイドは、朝鮮半島経由のみでない。青森等東北人は、新モンゴロイドの特徴を
もっている。これは、北から日本列島に入ってきた新モンゴロイドが、かなりいたことを
証明する。

116 :ロン:2001/04/04(水) 01:58
新モンゴロイドは、朝鮮半島経由のみでない。青森等東北人は、
新モンゴロイドの特徴をもっている。これは、北から日本列島に
入ってきた新モンゴロイドが、かなりいたことを証明する。                       証明する。

117 :>111:2001/04/04(水) 08:43
>動物の世界では遺伝子を残せるオスは性的魅力がなければならない。
>一万年前において性的魅力が単に体の大きさなら、新モンゴロイドは古モン
>ゴロイドを駆逐してしまったであろう。
>ほかの数々の遺伝的欠陥があってもだ。

言ってることメチャクチャだな〜。
もしオマエの仮定が正しいとしても、古モンゴロイドの遺伝子は母系として残るから
駆逐されようが無いだろ。

118 :日本@名無史さん:2001/04/04(水) 09:52
モンゴロイドとハロルドロイド、アンドロイド、クリストファーロイドの違いがわかりまへん。
にしても「典型的新モンゴロイド」とかキャプションついてるイラスト、
なんか弥生系としては悲しい。

縄文美人が吉永サユリで、弥生美人が岩下シマってえのは、納得出来る。


119 :日本@名無史さん:2001/04/04(水) 12:13
>>117
>古モンゴロイドの遺伝子は母系として残るから
>駆逐されようが無いだろ。

たしかにゼロになることはないが、数代たてばかなり薄くなる。

120 :日本@名無史さん:2001/04/04(水) 13:34
>>119
アホかこいつ。
たとえば互いに 50% ずつ受け継いでいれば、その子供も
結果的に 50% 受け継ぐんだぞ。

121 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 00:39
ふと疑問に思ったんですが、縄文とか弥生の頃も髭って剃っていたんでしょうか?
金属器じゃなきゃ剃るのは無理かな?

122 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 01:05
「縄文形質の多くは弥生人との混血においては劣性遺伝」
なんてヨタ話、どこから出てきたんだ?

123 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 07:45
驚きがあって抗争があって愛もあったろうが
多くは縄文が弥生を取り入れた。融合を拒否
した縄文は追われていった。

124 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 09:21
たいした根拠はないけど、
縄文人って、そんなに甘ちょろい連中じゃないような気がするな。
倭寇のような海賊まがいの行為をして、大陸側から少しずつ色んな物を
奪い取って来ることによって、弥生時代ってのが始まったんじゃないの?

125 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 09:31
>111
>一万年前において性的魅力が単に体の大きさなら、新モンゴロイドは古モン
>ゴロイドを駆逐してしまったであろう。

一万年前に新モンゴロイドがいるわけないだろ。

126 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 10:51
>>121
金属の道具じゃないと髭剃りが無理だとすると(良く知らない)
初期の頃は身分の高い人だけ髭を剃って、下っ端は髭を伸ばすのか。
なんか変・・・

127 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 12:20
アフリカのある部族は葉っぱを使って髭剃りをするなんていう
ことをきいたことがあるような。

ってことで、そういう葉っぱがあれば、金属器がなくても大丈夫
でしょうね。さすがに、石器だとひげそりは辛そう。


128 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 12:49
>>123
そういう想像の具体例を聞きたいんですよね。
縄文時代のことなんて、よく判らないんだろうけど、
たとえば他の国の似たような状況と比較して、たぶんこうだったろう
みたいな類推はできないんですかね?

129 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 13:21
え?ん〜っと、まずどっちかがどっちかを発見して
騒いで牽制しあうわな、
                  次の人につづく?


130 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 13:27
磨製石器で髭が剃れるなんていう話もあるようですけど、
どの程度剃れるものなのかはちょっとわからないなぁ。

剃刀のようにそれたって事はなさそうですから、ある程度は
髭が伸びていたんじゃないかな?

131 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 20:27
たとえ髭を剃れなくても、石器で切ることは可能なはず。
無精ひげレベルまでいけるとして、縄文・弥生の奴等はヒップホップ系か・・・

132 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 22:10
>>129
なんかコントみたい。名スレの予感?

133 :日本@名無史さん:2001/04/05(木) 22:39
弥生「狩りばっかり?」
縄文「稲作、いーなー」

134 :日本@名無しさん:2001/04/06(金) 01:30
このスレのタイトルはファンタジックで良いな。

135 :monta:2001/04/06(金) 05:35
竹内豊は縄文人or弥生人?
金城武は縄文人or弥生人?


136 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 20:12
なんか、ほのぼのして夢のあるスレに育ってくれないかなあ。

137 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 23:00
縄文人 「 ̄※*#∠−寔寃ヒ♀ヲ†」
弥生人 「l@〜⇔∃k“┷∇[〆」

に決まってるだろ

138 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 23:47
想像じゃなくて、似たような例で文献が残っているような
世界的な類似例がないかって聞いてるんですけど。。。


139 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 00:45
>>138
いや。面白そうだから方向性かえよう。

140 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 01:37
縄文人の縄に関する技術は、弥生人の藁によって更なる高みへ。
縄文をつける対象は土器のみにとどまらず・・・

141 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 02:31
>>140
ある人が、人に縄文をつけることを思い付いた。
んで、まずは嫁さんに縄文を。

142 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 10:48
ここに新モンゴロイドは2〜3万年前に生まれたと書いてある。

http://www.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html

これが弥生人ではない。弥生人は南方からきた。
中国南部からは常に難民が流れてくる。現代でも続いている。

弥生の初期に北九州に見られた骨格の変化が弥生時代の始まりで
これが新モンゴロイド(北方系)の侵食みたいに誤解を受けた。
稲作の始まりとBC三世紀の一時的な北方系の到来が偶然重なっただけ。

古墳時代こそが新モンゴロイド(北方系)の本格的日本侵食の始まりである。


143 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 10:49
>>138
合衆国の、白人とアジア系移民みたいな関係かな。

144 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 11:09
>142
>ここに新モンゴロイドは2〜3万年前に生まれたと書いてある。

そんなこと書いてないじゃん!
うそつき〜。

145 :日本@名無史さん:2001/04/07(土) 20:10


―― 最近、このALDH2遺伝子の型の割合を、都道府県別に調べられたそうですが。

原田 はい、北海道から沖縄まで五千名以上の日本人を対象に調べたところ、図表1にあるように北海道、東北、九州、沖縄地方に酒豪遺伝子であるN型遺伝子の割合が多いことが分りました。特に秋田県が一番多く、次に鹿児島県と岩手県、逆に最も少ないのが三重県、次いで愛知県という結果になったのです。


―― N型遺伝子のみを持つ人は日本の北と南に多いんですね。地域差がはっきりしているように思うんですが…。

原田 そうですね。でも、どうしてそうなったのかは、はっきりと分っていないんです。ただ、以前世界的に同様の調査をしたところ、図表2を見てもらうと分るように、コーカソイド人種(白人)やネグロイド人種(黒人)にはNN型の人しかおらず、D型の遺伝子を持っているのは日本人や中国人などのモンゴロイド人種だけということが分りました。このことが関係しているのではないかと考えています。


―― と言うと、具体的には…。

原田 前にも言ったように、D型はN型遺伝子の突然変異でアセトアルデヒドを
分解する能力が低下したものなんです。ですから、そもそも当初人類にはN型
しかなかった。そこに突然変異が起こり、D型ができた。おそらく2〜3万年前
にモンゴロイド人種の中で起こったことだと思います。そして、その人達が
時代を経て増えていったのです。



146 :日本@名無史さん:2001/04/08(日) 00:25
あげ

147 :日本@名無史さん:2001/04/08(日) 13:22
>>141
ナワメノミコトがイマシヒメを縛ったのが最初だよ

148 :日本@名無史さん:2001/04/08(日) 21:21
縄文人も弥生人も古モンゴロイドに属する。

中国海南島から台湾、沖縄、日本列島に分布していた女性が唇に入れ墨をする
風習が縄文人の特徴らしい。これに対してBC三世紀ごろ南方から男だけが
入墨をする民族が来たらしい。これが稲作をもたらした弥生人。
新モンゴロイドが半島からやってきたのは古墳時代の始まったころで、近畿を
中心に拡がったという事を>>142は示している。


149 :日本@名無史さん:2001/04/09(月) 03:21
>>148
いい加減なことかいちゃだめ。

150 :日本@名無史さん:2001/04/09(月) 03:33
>>148
縄文人は古モンゴロイド、弥生人は新モンゴロイドでしょ。

151 :日本@名無史さん:2001/04/09(月) 19:23
まず縄文人と弥生人という二元論がどうかと思うね。
「渡来系」にも「北方系」と「南方系」があるでしょう。
で、「北方系」には朝鮮満州系、河北系、蒙古ツングース系あるし
「南方系」には江南系とポリネシア系があるし。

こういうのをごっちゃにして渡来系はぜんぶ朝鮮系といいはったら電波だが。

152 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 01:59
別に電波じゃないだろ日本人の殆どは朝鮮系で成り立ってるよ


153 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 02:19
>>152
いい加減な事書いちゃだめ。

154 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 02:23
関西人は頬骨の高さといい目のつり上がり具合といい
かなりヤバイ。

155 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 04:31
日本人が世界的に見て身長が低いのは縄文系との混血だから
とか先生が言ってたんだけどほんとにそうなのかな。

156 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 04:45
アイヌ民族は世界一背の低い民族らしいです。

157 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 04:54
縄文系が弥生系より低いって言っても5、6cm位でしょ
そんな微々たる差で日本人の身体に大きな影響を及ぼさない
こう言うのは食文化や気候の違いで大きく変わるもの
まあ人種の差はあるけどね、モンゴロイドとコーカソイドとか。


158 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 06:05
世界一背の低いのはピグミーだよ。でたらめばっかり書き垂れてる奴がいるな。


159 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 06:06
突然、1は光に飲み込まれた。
気が付くと、1の周りには厳めしい顔の鎧武者が取り囲んでいた。
そう、1は戦場の真っ只中に放り込まれていたのだ。
「お、俺は本当に戦国時代に来たんだ!」
1は将来の輝かしい出世を確信し、胸躍らせた。
鎧武者は1の喉元に刀を突き付け、
「その奇怪なる身なり敵方の細作だな、曲者め!!」
「待ってくれ!俺は未来から来たんだ!俺を軍師にしてくれれば、
必ず天下が取れるんだ!頼むから助けてくれ〜!」
1は大勢の足軽達の嘲笑を全身に浴びながら、その青白い首を刎ね飛ばされた。



後世の歴史学者達は、「信長公記」に記された、一行の記述に頭を
悩ませた。

「羽柴筑前守殿 高松ニ於テ 度奇祖駐坊 壱匹仕留メタリ」

学者は首を傾げて嘆息する。
「うーん、このドキソチュウボウとは何なのだろう?
さっぱり判らん、もう逝くか…」
信長公記をゴミ箱に投げ捨てた。

研究室のゴミ箱に放り込まれた古文書が、悲しそうに揺れた。



160 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 06:12
>>155
日本人てそんなに低いか?
欧米人だけで比べてない?

161 :ファースト・コンタクト:2001/04/10(火) 13:53
ある時、弥生人の女の子が急いでいました。
ところが角のところで縄文人の男のことぶつかってしまったのです。
縄文人はあわてて女の子を助けようとしました。
その時、はじめて気がついたのです。よくみると可愛いことを………。

162 :日本@名無史さん:2001/04/10(火) 13:57
>160
欧米もラテン系は高くない。

163 :日本@名無史さん:2001/04/11(水) 09:10
そうそう。
イタリアのおっちゃんなんか大抵俺より小さかったなあ。
若いやつはさすがに高いのも多い。

164 :日本@名無史さん:2001/04/11(水) 09:16
秋田なんかコーカソイドの血はいってんじゃない?
酒強いし、平均身長高いし、色も白い。

165 :日本@名無史さん:2001/04/11(水) 09:31
これ立てたやつ何歳だ?

166 :日本@名無史さん:2001/04/12(木) 01:36
韓国平均172cm
日本平均170.9cm
中国人は大きいイメージがあるが日本人より低いそうだ。

167 :日本@名無史さん:2001/04/12(木) 02:00
自分に対抗してくる人間を新井呼ばわりしている、という構造がある。

168 :日本@名無史さん:2001/04/13(金) 06:26
>164東北人てそんなにでかいの?
  事実だったら戦に強かったのにもうなずける。

169 :日本@名無史さん:2001/04/13(金) 15:14
在来系日本人=顔が小さいが頭は大きい。即ち長頭。

北方系渡来人=頭は小さいが顔がでかい。即ち短頭。

頭は小さいが顔がでかい。即ち馬鹿。即ち森喜朗。を連想するね。
やっぱり図体がでかくて腕力だけで日本を牛耳ってしまったんだろうか。

170 :日本@名無史さん:2001/04/13(金) 15:50
「神武東遷神話」で、イヒカとかそんなのがどんどん帰順するシーンあるよね。
ある程度、当時の出来事を反映しているんじゃない?
狩猟採集と原始的農耕で生活を支えられた地方は最後まで抵抗したし、
早くから弥生文化を取り入れた地方もあるし。
結構平和的に混在したのかも知れない。

171 :世界@名無史さん:2001/04/13(金) 15:58
現代日本人の直接の始祖は古墳時代〜奈良時代に
朝鮮から避難してきた難民です
最終的に昔からいた縄文系も弥生系もみんなこの人達に乗っ取られました。

172 :日本@名無史さん:2001/04/13(金) 16:39
朝鮮マンセー

173 :すごい違いだが。:2001/04/13(金) 18:39
>>157
5.6cmはすごい違いです。
日本人は170ぐらい
米人は175ぐらい。

174 :1:2001/04/13(金) 20:01
>>170
そうそう、そういう文献等を教えていただけるとうれしいんですよ。

175 :日本@名無史さん:2001/04/14(土) 04:02
髭だけど、どこかの国(アフリカの)では、糸2本つかって
ピッピッと抜いてた。
手間掛かるが

176 :新井:2001/04/14(土) 04:05
そりゃ、言うまでもないでしょう。
交接(ペログリ)に決まってるじゃないですか!

177 :日本@名無史さん:2001/04/14(土) 04:11
>173米国はヒスパニック系やアジア系が多いからその分平均が低くなる
   アメリカでも白系は180cmは平均的にある。

178 :日本@名無史さん:2001/04/14(土) 07:29
米国は先住民や黒人やアジア人との混血で、
ヨーロッパ人とは明らかに特徴の異なる「アメリカ白人」という新人種が生まれつつあるという説もあり、
個人的にはこの説を支持したい。
実際アジア人からみても、背が高いだの低いだの以前に、アメリカ人はとにかくデブか、少なくとも図体でかすぎ。
体格でいったらむしろ日本人とヨーロッパ人の方が近いだろう。
ヨーロッパを旅行して日本人の客だけだと差別を受ける場合があるのかも知れないが、
アメリカ人の客と日本人の客が両方いると、まず贔屓されるのは日本人。
人種差別ではないという気安さもあるのかも知れないが、米国人の対して露骨にイヤな態度をとる。

(ちなみに、観光地への経済的貢献は似たようなものでしょう、世界的にみれば
どっちも金持ちだしおのぼりさんだし。成り金の田舎っぺということでは日米対等)

179 :日本@名無史さん:2001/04/14(土) 15:54
age

180 :日本@名無史さん:2001/04/15(日) 01:34
縄文と弥生の関係を知りたいなら、佐々木高明の『日本文化の基層を探る(NHKブックス』がお薦め。

目から鱗が落ちること間違いなし。

181 :日本@名無史さん:2001/04/17(火) 11:32
弥生人の脳みそ発見。
縄文人の脳みそが見つからないと日本人のルーツの全容は解らない。

182 :日本@名無史さん:2001/04/17(火) 11:41
弥生人の脳みそは、発見者のハンニバル・レクター博士が料理してしまいました。

183 :日本@名無史さん:2001/04/18(水) 21:06
>>182

あれ"雪国マイタケ"そっくり(w

184 :日本@名無史さん:2001/04/27(金) 18:11
弥生文化成立期については、最近有力な反論が生まれた。
金関恕氏らは、各地の弥生文化の成立状況を子細に検討し、少数の大陸からの流入は認めるものも、
弥生人の主力は旧縄紋人であると主張している。
一つには縄紋時代の終わりごろに水田稲作がかなり広がっており、
水田稲作とともに弥生時代が始まったという通説が崩れていること、また西日本に少なかった縄紋遺跡が、
弥生遺跡の下から発掘されたり、
縄紋人が積極的に稲作を取り入れた形跡が強く見られることが指摘されるからである。
実際縄紋時代と弥生時代の区別は、明確ではなくなってきている。
こうなると土井ヶ浜人のような渡来の事実は一部にあっても、
また水田稲作をもたらしたのが渡来人であるとしても、全体としては縄紋人が弥生人になったのであり、
水田稲作を受け入れた人々と、水田稲作を受け入れなかった人々がいたということになる。

185 :日本@名無史さん:2001/04/27(金) 18:20
>1
マターリしました。

186 :日本@名無史さん:2001/04/27(金) 20:47
>>184
最近のウイルスの調査では西日本・東日本ではっきり
分かれていることは確か。
(秋田になぜかコーカソイド系のウイルスがあるけど…)

それに、人種的特徴の違いも無視してはいけない。

187 :酔鯨ジョーカー:2001/04/27(金) 20:53
>178
ドイツ人もデブが多いよ。また、アメリカは
白人のみならず黒人にもメキシカンにもネイティブにも肥満体が多い。
肉食中心と酒の飲みすぎが原因だろう。

188 :酔鯨ジョーカー:2001/04/27(金) 20:58
あと、ドイツ人・オーストリア人はフランス人と比べて
とにかくデカい!
私は、欧州ではこの三国にしか行って事が無いから、
それ以外の欧州人を直接見た事は無いが、
オランダ人や北欧人―フィン人を除く―も長身で大柄らしい。

189 :178:2001/04/28(土) 00:14
いやいや、ちがうよ。って、ちがってないけど。
確かにドイツ人・オーストリア人にもでかいの多いだろうけど、
デブり具合のひとりひとりの程度のひどさ、そして人口比率でのデブ含有率、
どっちをとってもドイツなんてアメリカの比じゃないよ。
ドイツにはちゃんと日本人からみても納得できる「やせ型」っているもん。
アメリカでは、みんなからやせてるっていわれて自分でもそう信じてたのに
日本にきたらみんなから「スゲーデブ!」っていわれて始めて気づいたってのばっかりだぜ。

190 :日本@名無史さん:2001/05/18(金) 03:29
けっきょく、縄文人と弥生人はどっちがデブ?

191 :名無しさん:2001/05/18(金) 22:38
>1
「おや、こんなところに新しい部落があるぞ。おーい、あんたらどっから来たんだー」
「ああ、どうもどうも。数年前からここに住んでいます。ところであんたは?」
「私らはここから少し離れたところに先祖代々住んでいます」
「そうですかそうですか。まあどうぞよろしく。おや珍しい、縄模様の土器ですね。譲っていただけませんか。代わりに何か差し上げましょう。半島から持ってきた色々なものがありますよ」


192 :日本@名無史さん:2001/05/27(日) 01:22
もしかして、人種の違いはなかったってこと?

193 : :2001/05/27(日) 01:31
>1 簡単さ
「今日はちょっと殺し合いをしたいと思います」
だったんだよ。
いやマジで、昔の人間って絶対野蛮だってば。

194 :日本@名無史さん:2001/05/27(日) 13:06
二千年前列島にやってきた先進的文化を携えた大陸人たちにより、のちの日本列島は征服された・・・
男達は奴隷にされ、女はみな強姦されたのだ・・・
現在の日本人は征服者の子孫かまたは混血が殆どだが、原住民の生き残りも地方には散見する。
だが悲しむべきことに、それらの多くは犯罪者かよくて下層労働者が殆どであり、日本の進退を
左右するほどの要職に就けるものはほとんどいない・・・
二千年前から何ら変わらぬ無能な民族性はずっと変わることはなかったのであろう・・・

195 :日本@名無史さん:2001/06/02(土) 04:08
白人にくらべればすべて能無し、とかいいだすやつだなこいつ

196 :日本@名無史さん:2001/06/02(土) 05:31
いや、能無しのひがみ朝鮮人だろ?いやマジで。自分勝手な
推測に過ぎないことを歴史的事実にしてしまってるし(苦笑

197 :日本@名無史さん:2001/06/02(土) 17:30
縄文人は日本原住民であり、
弥生人は朝鮮人です。
蛮族であった縄文人に文明を教えて
古墳時代、飛鳥時代へと続いて
百済植民地文化を築き上げました。
仏教を伝来したのは朝鮮のおかげです。
朝鮮人に感謝すべきなのに恩を忘れて
併合した蛮挙を我々は忘れてはいけません


198 :日本@名無史さん:2001/06/02(土) 23:07
弥生人は朝鮮人じゃなくて中国人だよ。

199 :日本@名無史さん:2001/06/06(水) 20:34
朝鮮人っていうのができたのは7世紀以降

200 :日本@名無史さん:2001/06/06(水) 20:40
左翼教科書に汚染されてるんじゃね〜〜!!!

渡来人は確かに大陸経由が多かっただろうが、それは朝鮮や
中国に限定されるもんでもなかろう!!

もっと広角で考えろ。左ばかり向きすぎて首がこるよ。

201 :日本@名無史さん:2001/06/06(水) 20:46
197へ。たしかに「ちゃんころ!」とかいって、朝鮮人をばかにして
差別した時代は悪かったと思うよ。でも、日本人のオリジナルは野蛮で、
それを文明化したのは朝鮮っていうのはいいすぎじゃないの?

じゃあ、技術供与や円借款してあげてる今の日本は、韓国の指導者なの?

202 :日本@名無史さん:2001/06/06(水) 20:52
>縄文人と弥生人が会った時、何があったんですか?

>やっぱりセックスとかしたんでしょうね。。。

1自身で自己完結しているスレなのに、地道にレス200を
突破してるな。

203 :日本@名無史さん:2001/06/11(月) 12:50
ue

204 :日本@名無史さん:2001/06/11(月) 13:06
>>202
あっはっは、笑わせていただきました。
あなた、好きだからage

205 :日本@名無史さん:2001/06/11(月) 20:03
>>201 「ちゃんころ」は支那人に対する侮蔑表現です。半島系は
何でしょう…、「チョーセンジン」でしょうか…。


206 :日本@名無史さん:2001/06/12(火) 23:15
やっぱまだ未開人だった俺らの祖先じゃ何の抵抗も出来ずに奴隷化されたんだろうな
彼らのほうが文化的に進んでたのは確かだし何より俺ら倭族の祖先はかなり知能も運動能力も低かったようだからな
まあ結局そのおかげで現在の繁栄があるともいえるんだろうがなその頃彼らに支配されてたおかげで
きっと女もいっぱい犯られたんだろうがおかげで狭い離れ島の中で近親相姦を繰り返して血が濃くなりすぎてたからちょうどよかったべ
むしろおかげで大陸の厳しい環境に揉まれて進化した遺伝子が俺らに組み込まれただろうからなんとか今まで日本はやってけたんだろうよ
欲を言えば日本征伐で元の支配下に入ってればなぁ日本文化の進歩がもっと早くなってただろうに


207 :日本@名無史さん:2001/06/18(月) 03:54
この本はどうですか
http://book.asahi.com/rev/rev01061203.html

208 :日本@名無史さん:2001/06/18(月) 09:24
弥生人は中国南部の住人で中国内部の戦乱を逃れて逃げてきた人々だ。
米作技術とだけを携えてやってきた。
日本は当時人口密度も小さく生活基盤も違うから争いはあまり起こらなかった
と思う。
そのうち縄文人にも稲作が伝わり同化してしまう。
稲作に適しない東北や鹿児島は縄文のなごりが強くのこる。

209 :世界@名無史さん:2001/06/18(月) 10:49
>>206
>大陸の厳しい環境に揉まれて進化した遺伝子が俺らに組み込まれただろうからなんとか今まで日本はやってけたんだろうよ

その進化した遺伝子を持つ大陸側の連中は、いつまでたってもうだつが上がらないままだが、いったいどうしたワケなんだ?
ひとつ教えてくれや。


210 :日本@名無史さん:2001/06/18(月) 22:32
弥生人が大陸から渡ったのではないですよ。
大陸・半島から渡来人が、やってきまして、先住民の縄文人との間で混血が進み
その上で弥生人が発生してきたと申し上げているのです。

ちなみに三王朝交代説の継体天皇から現在まで脈々と続く天皇家は、渡来人系の
可能性はあると思いますよ。
今でこそ日本は太平洋側が発展し、日本海側は未発達のイメージがありますが、
歴史的経緯から見れば、渡来人は朝鮮半島・大陸経由で渡ってくるのですから
長崎の有明海・福岡・島根県(出雲大社あり)そして福井県若狭の名田庄・小
浜という土地は仏教に由来のある場所ですし、大陸から渡来する人々の重要ル
ートでしょう。一説に仏教は百済から小浜・名田庄を経て近江−奈良に入って
きたとも言われています。
半島から海を渡れば日本海側の何れかの土地に漂着するのは自然でしょうね。
また、継体天皇は現在の福井県の三国町の出身と言われていますし、渡来人が
現在の三国港にたどり着き住み着くというケースは考えられると思いますよ。

騎馬民族襲来説は個人的には受容できません。
もっと長い年月をかけて縄文人との混血が進み弥生人が生まれてきたと考えております。
ただ、天皇陛下が朝鮮系だとか、そういうことはどうでも良いですよ。
なにしろ千年以上も前の話でしょう。
たとえば有田焼=伊万里焼など北九州の焼き物のルーツは、秀吉の朝
鮮出兵のおりに半島から連れてこられた陶工陶工の李参平(りさんぺい)
にルーツがあるのですから、現代の窯元の先祖は云々という話にもなり
かねませんしね。
唐津焼きのように、ルーツは室町時代の日本人にあっても、文禄・慶長の役以降に
同じく朝鮮から連れてこられた陶工によって発展したものもありますし。

以下参考までにエンサイクロペディアから転載しました。名田庄村について
若狭国でもっとも京都に近い村であり、奈良時代から1600年(慶長5)まで、
土御門家(つちみかどけ:安倍家)が管領する泰山府君(たいざんふくん)の
神領地であり(→ 陰陽師)、朝廷と幕府の庇護のもとにあったという。村内
の暦会館には、古暦や陰陽道、土御門家に関する資料が展示されており、
安倍晴明(あべのせいめい)画像などがある。

211 :日本@名無史さん:2001/06/19(火) 01:52
縄文人=劣等民族、弥生人=進化した民族
というのは酷い人種差別じゃ。


ところで昨日の「しってるつもり」は左翼くさかったぞ。


212 :日本@名無史さん:2001/06/22(金) 17:29
極右的にやらないと左翼だって騒ぐバカがいるからねえ。

213 :日本@名無史さん:2001/06/25(月) 03:54
極右的にやらないと左翼だって騒ぐバカがいるからねえ。

214 :日本@名無史さん:2001/06/26(火) 18:52
弥生人によるレイプがあったの?

215 :日本@名無史さん:2001/06/30(土) 06:43
弥生人が日本に渡来してきたのは西暦でいうと何年ごろなんでしょうか?

216 :日本@名無史さん:2001/06/30(土) 07:48
弥生人と縄文人に人種上の差はほとんどない。
単に稲作をしていたか、いなかったかだ。
稲作は前二世紀に伝わったらしい。
朝鮮とはまったく関係ない。
天孫族は三世紀にやって来た朝鮮人かも知れないがね。

217 :日本@名無史さん:2001/06/30(土) 09:49
稲作は縄文時代からやってるってNHKでやってたぞ。

218 :日本@名無史さん:2001/06/30(土) 10:26
大野晋さんの本によると、稲作は海の道をとおり、インド南部、
中国南部などから、日本に導入されたのではないか、と書いている。

>弥生系のいい男
中井貴一。

>縄文系のいい男
トキオの長瀬。

219 :日本@名無史さん:2001/07/04(水) 01:43
>>215
弥生人とはなにか?
1)縄文人とはちがう骨格や顔つきの遺伝子をもちこんだ渡来人をいうのか、
2)水田耕作をはじめとする弥生文化のもとをもちこんだ渡来人をいうのか、
3)弥生時代の日本列島の住民をいうのか、
で、ぜんぜん話がちがってくる。

220 :日本@名無史さん:2001/07/12(木) 07:55
で、どれなんだよ?

221 :日本@名無史さん:2001/07/26(木) 18:35


222 :219:2001/07/27(金) 00:37
219だが。
で、どれなんだよ?

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)