5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本語「なまえ」と英語「name」の共通性

1 :名無しさん:2000/04/04(火) 04:34
日本語で「なまえ」といい、英語では「ネーム」といい、
ドイツ語では「ナーメ」と発音する。英語とドイツ語がにてるのは
まだしもなんで日本語まで似てるんでしょうかね?


2 :過激派:2000/04/04(火) 04:53
偶然でいとすると、向こうがこっちをマネしたんだろ。

3 :名無しさん:2000/04/04(火) 05:17
大体「名」はともかく「前」って・・・
何の前なんかいな

4 :名無しさん:2000/04/04(火) 07:29
前ってのはもしかしたら苗字のことじゃないかな?


5 :名無しさん:2000/04/06(木) 22:14
>1

もち、語源が共通だからじゃないか。んなの、常識。練習問題だ。
日本語と英語で共通語源と思われるのを、どかどか、かきこむべし!

6 :名無しさん:2000/04/07(金) 03:31
boy…坊や
saint…聖徒
laugh…笑ふ
walk…歩く

あたりが似てるよね。この問題については寺田寅彦が詳しく書いてたような気が…



7 :6の続き:2000/04/07(金) 03:35
ドイツ語でも結構あるよ。

Zitze(乳首)…乳
hold(好意がある)…惚れた
eitel(空っぽの)…空いてる
all(すべての)…あらゆる
dumm(馬鹿)…とんま
nanu?(なんだって?)…なぬ?
Watte(綿)…綿


8 :名無しさん:2000/04/08(土) 21:02
へー、世界はつながってるんだね。
安心したよ。

9 :名無しさん:2000/04/08(土) 23:33
数と代名詞の奇妙な対応

ひい : he
ふう : who
みい : me
よう : your
いつ : its

むう・・・(後が続かねえじゃねぇか)

10 :名無しさん:2000/04/09(日) 18:31
中学の先生が、Aquaと閼伽の類似性を言っていた。
が、その後語源が同じであることを知った。
そんだけ。


11 :名無しさん:2000/04/11(火) 03:37
見れ
http://www.jbbs.net/2ch/test/read.cgi?bbs=gengo&key=954790467

12 :名無しさん:2000/04/11(火) 03:42
インドネシア語ではnama(ナマ)


13 :衝動派:2000/04/11(火) 23:12
Hi, dear! :おい、どや?


14 :SVOC:2000/04/12(水) 20:08
確か筒井康孝の小説にこんなのがあったような。

15 :PD Leij→非魔神:2000/04/13(木) 04:29
>14
清水義範の「序文」では?

16 :名無しさん:2000/04/13(木) 12:56
荒唐無稽かもしれんが、ここはおもしろい。
http://www4.justnet.ne.jp/~kenji99/japanese.htm

17 ::2000/04/13(木) 21:50
昔読んだ紀田順一郎の日本語博物館にアルファベットとカタカナの
繋がりを研究したひとの話があった。

18 :SVOC:2000/04/13(木) 21:54
>15さん
あぁ、そうかもしれません。どうもです。
言われてみれば確かに、清水義範っぽいですね。

19 :清水義範の:2000/04/14(金) 19:32
残念なところは、ある言語の「起源」のことを「語源」と読んでいる点。
んなことまじめに書くのも気が引けるが、「日本語の語源は英語だ」って、
言ってるの読むととねえ・・・。

20 :19:2000/04/14(金) 19:55
訂正:と読んでいる→と呼んでいる

21 :呪いのビデオ4:2000/04/25(火) 02:56
話を元に戻すけど、有限個数の音素の組み合わせだから
そりゃ偶然似ることもあるでしょうよ>1
一言語には何十万という語彙があるんだから、本気になったら
数千数百の“類似”(といっても、その判定にはバイアスが
かかりすぎてることが多い)が出ても確率的には不思議はない。
上にある「あか」と「aqua」も、そういった“偶然の一致”の好例。
「おはよう」と「Ohio」が同語源だって言うくらいバカげてる。

22 :餌彦:2000/04/25(火) 03:30
>21
「閼伽」は同語源だろ。

23 :名無しさん:2000/04/25(火) 12:21
英語の「can」と「缶」も気になった

24 :名無しさん:2000/04/25(火) 14:29
>23
「缶」は外来語。

25 :呪いのビデオ4>22:2000/04/25(火) 14:33
「閼伽」というのは、梵語「argha」「arghya」の音訳です。
本来の意味は「価値」、転じて「敬意を表す贈り物」。

26 :名無しさん:2000/04/25(火) 18:33
Texas:敵刺す


27 :衝動派:2000/04/26(水) 18:13
Exodus:(お下品なので自粛)

28 :餌彦:2000/04/26(水) 23:57
>25
おいおい、マジかよ、と思って調べて見たら「argha」には「水」
の意味もあったよ。


29 :んん:2000/05/07(日) 17:09
トンデモ本の世界156ページに詳しく載ってるよ。徳間書店から出ている
“古代アメリカは日本だった”っていう本。
あとは、ヒッポファミリー(!)の人が書いてる“人麻呂の暗号”もまるっきり
こういう言葉をいじくり回して共通項を見つけて、何とか結論付けようっていう
本。(とほほ)くれぐれも、ファンタジーとしてよんでね。

30 :名無しさん:2000/05/12(金) 10:53
名前とnameは同語源だと思いますよ。aquaと閼伽の場合と同じで、
サンスクリットで名前のことを確かnamaとかなんとかいうはず
(やったの大昔なので忘れた)
>3
名前の「前」はサンスクリットの発音に漢字をあてたんだと思います
家帰ったら調べてみます

31 :インド帰り:2000/05/13(土) 21:58
>30
ヒンドゥー語だと「名前」は「ナーム」です。スペル知らんけど。


32 :んー:2000/05/15(月) 19:55
>30
「前」の音読みってゼンですよね。マエは訓読みですね。
日本人自ら梵語に漢字を当てたんでなければ、
「ma」と「前」の繋がりはぶち切れませんか?
申し訳ないんですが、トンデモ系の方に思えてしまうんです。
これだけ強引だと。

33 :名無しさん:2000/05/27(土) 03:05
似たような使い方の言語が似たような音になるのはある種必然であるとは
考えられないか?
同じ人間の発音する言葉だ。

34 :必然?:2000/05/27(土) 13:21
あなたは第一回2ちゃんねる言語学板ドキュン大賞候補にノミネートされました。>33

35 :名無しさん:2000/06/16(金) 06:44
あぶない!
Have an eye!


36 :名無しさん:2000/06/16(金) 15:41
掘った芋いじるな!
What time is it now?

37 :名無しさん:2000/06/16(金) 16:25
「so」と「そう」

38 :名無しさん:2000/06/18(日) 02:06
人が言葉を話し始めてから3万年なんて説もあるから(自分説)、
語源が一緒なんて、いくらでもあるとおもう。
いちいち、検証するのは大変だけどね。

39 :>34:2000/06/18(日) 04:28
例えば動物の鳴き声とかは似てるよ。

40 :34>39:2000/06/20(火) 05:08
  ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < ソウカモナー
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪


41 :>1:2000/06/20(火) 11:27
研究してた人がいたよ。
目的は、全く語源が違う言語で似た単語がどれくらいの数あるか。
つまり、語源が違うという前提。

42 :道草坊主:2000/06/20(火) 17:24
似たような言葉は色々あるがほとんど偶然の一致じゃろう。
最近の出版物では
安本美典『新説!日本人と日本語の起源』宝島新書
が、短くまとめてあって読みやすいぞえ。結論には恣意的なもの
を感じるが、手っ取り早い知識の習得には役立つで。
6のひとが言うとった寺田寅彦さんにも言及しておられる。
計量言語学っつうのもあるぞえ。

43 :名無しさん:2000/06/21(水) 12:18
金田一春彦が
「そんなことをいったら日本語と英語は兄弟といっていいだろう、
だがそんな共通項は言語学とは無関係なものであり
あまりに無意味な問題設定に過ぎない」
というておった

44 :名無しさん@1周年 :2000/09/19(火) 13:18
ロードと道路が似ている。

45 :スーパー! :2000/10/11(水) 09:28

WATERと和田(十和田湖)も似てる



46 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 21:31
幕末の英語会話辞典には「水=ワダ」と出ているらしいね。

47 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 23:19
>>30
aqua と閼伽は俗説とラテン語の本に書いてあった。
バスク語のロンカル方言の Kori bakarrik da. と「こればかりだ」

48 :名無しさん :2000/10/12(木) 06:22
>46
ロシア語だったらまさに「水=ワダ」だけど…


49 :>46 :2000/10/13(金) 19:34
十和田湖を和田っていうんか?
わしゃ青森県民だが聞いたことねえぞ?

50 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 20:42
>>28

日本の漁師のことばに「あか」というのがあり、これは、水を意味するそうです。
また、この「あか」は、「あかちゃん」のあかにも通じているそうです。
(「あかちゃん」は羊水の中に浮いているから。)
「あか」はサンスクリット語に由来しており、これは現在のイタリア語の
aquaとなっているそうです。

51 :名無しさん@1周年 :2000/10/17(火) 03:08
カンペー と 乾杯 同じ意味だよね。 たしか、、

 (間 かんぺー)じゃないよ。

52 :>30さん :2000/10/19(木) 00:42
そうそう、確かサンスクリットだと聞きました。
他に、サンスクリットから来たものといえば、、、
卒塔婆(そとば)←ストゥーパ(塔)
旦那(ダンナ)←ダーナ(???ごめんうろおぼえ、、、)
瓦(かわら)←カパーラ(平たい土器) とか。

53 :>52 :2000/10/19(木) 05:09
仏教用語以外の梵語語源説には牽強附会も多いので、疑った方がいい。
莫迦=moha,mahallaka説(新村出)への柳田国男の批判なんかいい例。

54 :53 :2000/10/19(木) 05:27
>50
>「あか」はサンスクリット語に由来しており、
ええい、それは47さんが俗説だって言ってるでしょ。
「aqua と閼伽」。“閼伽”は〔アカ〕って読むんですよ?(念の為)

55 :>6 :2000/10/19(木) 12:17
ドイツ語でdummの馬鹿って語。
英語でdamn。しかも使ってはいけない語。
って辞書には書いてあったけどかなりみんな使ってる。
どうなってんだ?

56 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 12:23
dullは如何?

57 ::名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 12:30
「いかり」を英語で言うと何だか知ってるか?
「怒り」と「碇」。


58 :名無シーク :2000/10/19(木) 13:24
>44
にてるけど、道路なんて言葉できたの最近じゃない

59 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 13:41
メルマガみて来ました
わたしがずっと気になっていたのは
スケルトンskeletonです

60 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 13:43
スワヒリ語で唐辛子のことをピリピリと言うらしいです。
じい様が言ってました。

61 :佐藤純 :2000/10/19(木) 14:02
>60
うそこけ

62 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 14:17
メルマガ掲載age


63 :しゃもじ :2000/10/19(木) 14:29
 俺の父さんそのうちhage

64 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 14:41
denyって「〜でない」なんだよね。

65 :チューソムサック :2000/10/19(木) 14:49
日本語での肯定を意味する「はい」と、誰かに呼ばれたときの返事の「はい」
英語の場合も両方とも「yes」だよね?
呼びかけに対する受け答えで肯定する意味の言葉を吐く言語って、別にもある?

66 :チューソムサック :2000/10/19(木) 14:54
あと、「クソッ」と「Shit!」って「うんこ」という意味と「何かしくじった時に咄嗟にでる単語」
という点で共通してるね。
Son of a bitch と hijo de puta(スペイン語) と お前のかあちゃんデベソ は、
対象の母を貶めるという点で一致してるし。不思議だ。

67 :若糞名無しさん@1等星 :2000/10/19(木) 14:55
ひろゆきまんさい

68 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 15:36
>>29,43
をみようね。(ってか、知ってて無視してる?)
36なんてたんなるダジャレで、まったく意味ないし。
単語が似てるんじゃなくて、無理やり当てはめようとしてない?
それでも仏語と英語ぐらい似てなきゃお話にならんと思うよ、実際。

69 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 15:39
「ありがとう」は Obligado から来ているとポルトガル人が言っていた。
とすると輸入される前は何て言ってたんだ?

70 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 16:13
>>69
オブリガード説もありますが、薬説もあります。
こちらは江戸時代(ひょっとしたら戦国から)
ありがとうという薬があったようで、受け取りをしているうちに
現在のありがとうの意味になったそうな。

71 :名無しにゃーん :2000/10/19(木) 16:23
age


72 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 16:35
slowly:そろりそろり
shiver:しばれる

73 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 16:39
>70

これ違うよ。ドナルド・キーンも旅先で、同じこと言われた
んだって。でも確か、平安時代にはすでに元になる言葉が
あったとかいうことだった。


74 :名無しの野望さん :2000/10/19(木) 17:19
ことわざも似てるよね?無理やり日本のことわざで訳してるだけかな。

75 :まーさん@STAY GOLD :2000/10/19(木) 18:34
おじゃまします。メルマガ読みました。

>>70
有り難うは、漢字の通り、有り難い(あり難い=めづらしい)から来ていて、
古語では立派な、等の意味を成していました。
少なくとも平安時代には確立されていたでしょう。
この説が最も有力だと思います。

あと、Typhoonと台風ですがこれは、日本(多分)が真似したそうです。

76 ::2000/10/19(木) 18:45
小学校の教科書に、カード(英語)カルテ(独語)カルタ(日本語)
同じ一枚の紙で発音も似てるとかなんとかいうのがあるよ



77 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 18:55
メルマガみてきましたです。
このスレッド面白いです。

78 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 19:29
歴史と関係ありそうだな。
オランダ、ポルトガルからかなり輸入されてる。
黒船でアメリカも輸入か?

79 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 19:29
メルマガになんて書いてあったの?

80 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 19:31
「トンデモ本‥‥」シリーズを読んだ後見ると
なんか痛いスレッドですね。

81 :名無しさん :2000/10/19(木) 19:41
マジックと魔術は単なる当て字?

82 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 19:44
こっちもよろしく。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gengo&key=968196992&ls=50

83 :まーさん@STAY GOLD :2000/10/19(木) 20:48
>>76
カルタはポルトガルだか、オランダだったか忘れましたが、輸入ですね。

>>81
前者はゾロアスター教のマギ(magi) から来ていたような気がします。
曖昧なので分りませんが。
魔術は普通の日本語?

84 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 20:53
そういや、大野晋も日本語・タミル語同祖説を唱えてたねえ。
あれって結局どうなったんだろう。


85 :にしはじめ :2000/10/19(木) 20:59
そういや、「簿記」は「book keeping」から来てるんだそうな。


86 :名無しにゃーん :2000/10/19(木) 21:09
犬小屋=kennel=犬寝る

87 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 22:39
なんか駄洒落コーナーになってきたな・・・。

88 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 22:53
「まんま」

赤ちゃんが初めて発生する、もしくは最も発音しやすい言葉。
英語やイタリア語では、マァムと言えば、お母さんの意味。
生まれて初めて言葉を発したときに「まんま=お母さん〜!」と呼んでる
ということ。これは中国語でも一緒。
やっぱり最初に言葉を発するときは万国共通の「お母さん」の意味。
感動するお話です。
しかし!日本語だけはこの「まんま」という言葉を違う意味で使ってます。
「おなか空いたよ〜!」と訴えてるという意味の「まんま=ご飯」となって
いるのです!日本人って母より食べ物!?

89 :猫仙人 :2000/10/19(木) 23:24
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧ ∧  |. これまでに挙げられた発音が似た単語の
〜′ ̄ ̄( "Д゛)< 組み合わせもせいぜい数十といったところ。
 UU ̄ ̄ UWU  | 幾百万とある単語の中に偶然発音が似た
   グウゼンナリ   .| 組み合わせができるものまた自然の理なり。
            \___________________

90 :猫仙人 :2000/10/19(木) 23:29
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧ ∧  |.  ただ、言語がその伝播過程で少しずつ
〜′ ̄ ̄( "Д゛)<  その形態を変化させながら様々な
 UU ̄ ̄ UWU  |  地域に広まって行った事もまた真なり。
   ジョウシキダネ  \_________________

91 :猫仙人 :2000/10/19(木) 23:33
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧ ∧  |.  要するに、言語を異にしながら互いに類似した
〜′ ̄ ̄( "Д゛)<  発音をする単語の組み合わせの成り立ちは
 UU ̄ ̄ UWU  |  様々であり、一つに特定できないという事なり。
   イロイロナノ    \_____________________


92 :猫仙人 :2000/10/19(木) 23:38
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧ ∧  |.  類似する 言葉を見つけて ふと気づく
〜′ ̄ ̄( "Д゛)<     
 UU ̄ ̄ UWU  |      遠い隣国  心は一つ
   ヘイワバンザイ  \__________________

93 ::2000/10/20(金) 01:32
そんな誰でも知ってること言われても全然面白くないよ

94 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 02:47
メルマガ見てきてみたよ。

これは結構有名かもしれないけど、「tea」と「茶」は語源がいっしょだって聞いたことがある。
あとインドの「チャイ」もそうだったかな?

もともとチャと発音した飲み物が、東インド貿易とかの時代に英国に渡ってティーになったらしい。


95 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 08:21
「チャ」と「ティー」は、どうしても似た発音とは思えないのだが。

96 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 08:29
「tea」という表記が「チャ」を連想させるけど。

「カフェ」と「コーヒー」では発音は似ても似つかないが
「coffee」という表記から、「コーヒー」という発音を導き出した
事は、頷ける。

97 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 12:55
75>
Typhoonは中国語の大風からきてるよ。

98 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 13:42
>>97

ギリシャ神話のテュポーン(typhon)が由来じゃなかったっけ?>Typhoon

それとも、大風→テュポーン→タイフーン→台風 とか??
んなわけないか。


99 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 15:29
LIDDELL & SCOTT "Τυφων"の項より
「II as storms were ascribed to the agency of giants,
the name came to mean a furious storm, hurricane, typhoon.」
>>98
本当だ。大風や台風とtyphoonの関係は俗説っぽいね。

100 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 17:42
チャイって広東語でわ?

101 :広辞苑 第五版 :2000/10/20(金) 18:02
たい‐ふう【台風・颱風】
(古くは暴風の意。中国語起源説・アラビア語起源説・ギリシア語起源説
があるが未詳) 北太平洋西部および南シナ海に発生してアジア大陸・
フィリピン・日本列島などに襲来する、中心付近の最大風速が毎秒17.2
メートル以上の熱帯低気圧。17.2メートル未満のものは弱い熱帯低気圧と呼ぶ。
日本には年平均11個が接近し、海難や風水害を起す。


# つーわけで、「大風」起源説もあながち間違いじゃないんだね。

102 :99 :2000/10/20(金) 18:57
typhoonの綴りから見て、typhoon(発音が英語化したタイフーンね)
→颱風、台風(日本語のたいふう)の可能性は十分ありますが、
大風(d&agrave; f&#275;ng)、颱風(t&aacute;i f&#275;ng)→typhoon は難しいと思います。



103 :まーさん@STAY GOLD :2000/10/20(金) 19:41
>>102
確かにそうですね。その綴りからすると、テュポーンが有力でしょう。
ギリシャ神話等が言葉の語源であるケースは多いですし。
眠りの神ヒュプノス(Hypnos)は催眠系の単語を語源ですね。
Hyp...ってやつは大抵そうです。
中国はサンスクリット語も、うまい事当て字にしてるし、
台風は
テュポーン(typhon)→ タイフーン(Typhoon)→台風
             ↓
             大風
かも知れませんね。
漢字が違うところを見ると、中国から日本には来ていないような気がします。

104 :田原性器 :2000/10/20(金) 20:40
セックス(性交)

サクセス(成功)

せいこう

なんかいいでしょ

105 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 03:21
ボンカレーの「ボン」とフルーツポンチの「ポンチ」は同語源。

106 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 07:08
>105
ってことは、「5」ですか?


107 :まーさん@STAY GOLD :2000/10/21(土) 13:47
あと、『茶』ですが、
そもそもイギリスの紅茶文化のもとは
1630年代に日本からイギリスにもたらされたそうです。
オランダの探検家、リンスホーテンの著作「東方案内記」にも
ヤパン島(日本)の人々は礼儀作法が優美で、
客をもてなすのに『チャ』を振る舞った、との記載もあります。


108 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 16:54
英語は鹿児島弁から作られた!

ばってん=but

109 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 20:37
イタリア語は日本語から作られた!

たんと=tanto

110 :名無しにゃーん :2000/10/21(土) 22:18
道路をひっくり返すとroad

111 :52 :2000/10/22(日) 00:31
おおいつの間にこんなに、、遅レスですが。、、>53さんへ
瓦=カパーラ(平たい土器)については、伊藤武の「図説インド事典」P83に載ってる
のを見た上で書きました。同じページで、煉瓦=イシュタカーは、パーリ語でイッラカー
 → これが甍(イラカ)の語源とされてます。大体、日本語のあかさたな、、の50音
も、サンスクリットと同じですゆえ、結構梵と日は、カラミが多いと思います。

112 :もぐもぐ名無しさん :2000/10/22(日) 01:16
素朴な疑問なんですけど。
梵語とかサンスクリット語とかと日本語の関連が結構書き込まれて
いますけど、それは日本にとっては「外来語」なんじゃないんですか?
素人にはチョット区別がわかりにくいっす。

113 :素人@力のかぎりさん :2000/10/22(日) 01:39
梵語とサンスクリットは同じです。サンスクリット語が日本語で梵語です。
インドの古語で僧侶などの上流しか使いません。文字はデバナガリを使用して、
現代のインドのヒンディー語とほとんど同じです。インド・ヨーロッパ語族
に共に属してるので、英語もサンスクリットも同じ言語体系の種族のようです。
あとは専門家さん、ヨロシクです。

114 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 03:26
ouch = アチ!(熱い)

115 :かぷりこ :2000/10/22(日) 06:40
カルタはポルトガル語ですよ。
ついでに札を切るピンキリも種子島伝来のとき一緒に来たそうです。



116 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 11:18
チャイとティって中国の地方によって2系統に別れて、
日本とイギリスだとそれぞれ別の所から入ったから語が違うっていう
物が同じでも、語源が違う一例として良く聞くけど?
# 更に中国でチャイとティが同源というのはあるだろうけど。
時代的な差異もあるだろうしさ。

117 :53 :2000/10/22(日) 16:25
>>111
 瓦=カパーラがサンスクリット起源で甍=イッラカーがパーリ語起源てのは不審です。
 この手の新技術の単語は一語だけ独立して移入されるわけでなく、一定のターミノロジーに従って導入される筈だから、どちらもサンスクリットが語源だってならともかく、片方だけパーリ語に帰属させるのは恣意的に過ぎ、いささか語源学にありがちなこじつけの感があります。
 50音図にしても、悉曇学と関係があるのは事実ですが、悉曇学が源流か、漢字音韻学が悉曇学を参考にしたものか、まだ定説はないはずです。これは日本文化をどこまで仏教文化に帰してよいかの問題でもあります。仏教系・インド学系の人は時としてそれをやりすぎます。

118 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 20:34
Walk(歩く)
のWをぬいたら
alk(あるく)

119 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 20:54
>>109
それは大阪の方でスペイン語を真似してるだけらしいよ。

120 :モニエル :2000/10/23(月) 03:43
モニエルウィリアムスの辞書、サンスクリット-イングィッシュ
売ります。美品。日本では3万円以上しますが、インド製ですので、
超安くなります。デラックスエディション全1330ページです。

121 :名無しさん@1周年 :2000/10/23(月) 04:56
>>102
英語のTyphoonには中国語の影響も多少あるようですが...

Main Entry: ty&middot;phoon
Etymology: alteration (influenced by Chinese -- Guangdong -- daaih-f&ugrave;ng,
from daaih big + f&ugrave;ng wind) of earlier touffon, from Arabic tufAn hurricane,
from Greek typhOn violent storm
(Merriam-Webster COLLEGIATE DICTIONARY
http://www.m-w.com/dictionary.htm )

122 :>117さん :2000/10/23(月) 06:33
もう一度読み直してみました。少しカキコします。
イシュという、 サンスクリットでiとsの下にコンマで表される語が、
(;強く)という意味を持ち、そこにタカン(takan)という、
(;堪えしのぶもの)とあわさって、これがサンスクリット語での
煉瓦。このイシュタカーはパーリでitthaka(2つのtの下にはコンマ在り)
このイッタッカーは→実際にはイッラカーと発音され、日本語の甍の語源である。
---以上です。ところで、これを読み直してtakanは、takeに関連があるかも?!
なんて思いましたです。「堪え忍ぶ」が→‘保ち持つ’という意味の語感で。

123 ::2000/10/23(月) 08:57
それ、こじつけ臭く聞えますね。
「甍」は瓦の中でも特に屋根の棟瓦を指す語であって「煉瓦」一般ではないのだから、
「いらか(日)」の語源を「イシュタカー(梵:煉瓦)→イッラカー(パーリ語)」とする説は怪しい。
音の類似に頼ると語呂合せに堕しやすいから、語の指示する事物に即した、レアリエンへの考察が必要。

124 :102 :2000/10/23(月) 11:15
>>121
表現が簡潔すぎてよく分からないのですが、
>alteration (influenced by Chinese -- Guangdong -- daaih-f&ugrave;ng,
>from daaih big + f&ugrave;ng wind) of earlier touffon
というのは、typhoon の古形がtouffonだったということでしょうか?
そういうことなら納得できます。ひっかかっていたのは、何故tyfoon,tyfong,
tyfungではなくtyphoonなのかということですから。

125 :天之御名無主:2000/10/24(火) 02:21
rice,Reis, risso は日本語古語では同じだと聞きました。
現在もかろうじて「うるち」にその形をとどめているとか。
ラテン…orizum,oryza←ギリシャ…oruza
古代ペルシアのアヴェスタ語起源だと…大修館書店英語語源辞典より

あと、牛のCOWについて誰か知りませんか?
ドイツ=Kuh ゲルマン祖語=KO(u)z
印欧祖語=Gwous  サンスクリット=Gauh
漢字の牛の音読みの「ぎゅう」との関連は?

126 :懐疑派:2000/10/24(火) 08:06
>rice,Reis, risso は日本語古語では同じだと聞きました。
その説は眉唾。
R音が語頭に来ないのがアルタイ諸語の特徴。日本語も然り。
外来語(漢語を含む)以外でラ行音が語頭に来る単語はないでしょ。
語源学は地口や語呂合せになりやすいので、気をつけよう。

127 :>123さん:2000/10/25(水) 02:32
「レアリエン」について、以下をゲットしました。
簡単には、どういう意味?

・チェコ語の「レアーリエ」(re lie)の定義を援用し,「ある時期の生活や文芸作品などに特徴的な細かい事実や具体的なデータ」としている.
・『英和大辞典第5版』(研究社1980)には教育用語としてrealia「実物教材,『レアリエン』《日常生活を説明するために用いる貨幣・道具・武器など》」とドイツ語の外来語を使っている

128 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 10:22
>R音が語頭に来ないのがアルタイ諸語の特徴。日本語も然り。
>外来語(漢語を含む)以外でラ行音が語頭に来る単語はないでしょ。
>語源学は地口や語呂合せになりやすいので、気をつけよう。

だから「u」が挿入されて「うるち」になったんだよ。
日本語の場合は

129 :懐疑派:2000/10/25(水) 13:37
>>128
>だから「u」が挿入されて「うるち」になったんだよ。
なるほど。
では>>125で「rice,Reis, risso は日本語古語では同じ」と書いたのは不精確ですね。
つまり――日本語がアルタイ諸語に属すとすれば、ですが、
‘rice, Reis, risso’や「うるち」の原語は別系統の語に属すわけで、
「日本語」の古語ではなく外来語になりますから。
それと稲の伝来経路を考慮して、うるち米を中国古語で何と呼んでたのかとも対照してみないと。
「コメ」「イネ」が日本語古語か他系統の外来語であるが「ウルチ」だけは印欧語族ってのは、
うるち米の原種だけ他の稲と別経路で印欧語族が持ってきたと仮定しなければならなくなって
不自然だし。

130 :名無しさん@1周年:2000/10/31(火) 01:34
夜見る「夢」と、将来の「夢」が、どちらも英語のドリームに対応していることについてはどう思います?

131 :名無しさん@1周年:2000/10/31(火) 06:54
他スレでもあったけど、いづれも「非現実」の意味でしょ。
  <夜見る「夢」、将来の「夢」、英語のドリーム


132 :名無しさん@1周年:2000/10/31(火) 23:05
Damn! Damn! : ダメ、ダメ!

133 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 02:17
設定≠SET

134 :馬鹿が見る:2000/11/04(土) 02:43
かつてジョークは外来語jokeではなく
冗句の音読みだと思ってる馬鹿ありき。
……それは宛字だってば。

135 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 03:22
125読めばラテン語やギリシア語の形も母音が付加されているでないの。
126以下はそこんところをどう思うの?日本語に入るときに母音が付加された
ときめつけるのはなぜ?129が古代においても「うるち」がコメ一般ではなく
種類を指すものだったと断定する根拠は?「中国古語」を必ず経なければな
らない理由は?

136 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 03:28
人名の「穣治」と「George」

137 :>135:2000/11/04(土) 03:41
>125読めばラテン語やギリシア語の形も母音が付加されているでないの。
だから? まさかラテン語やギリシア語から日本語に移入されたとでも?
>129が古代においても「うるち」がコメ一般ではなく種類を指すものだったと断定する根拠は?
ウルチがうるち米のみうならず米一般を指す語だったと仮定しても、では何故コメやイネに取って替られたかの説明が必要になる。
>「中国古語」を必ず経なければならない理由は?
>>129は必ずなんて言ってないでしょ。「稲の伝来経路を考慮」すれば中国も対照しておかないと手抜かりだってことでないの?

138 : 125です:2000/11/05(日) 02:21
ええと、結構盛り上がってますね。
正確には忘れたのですが、おそらくこの話のソースは金田一春彦「日本語」だったと思います。
どなたか詳しいかたにぜひおしえていただきたいです。
>rice,Reis, risso は日本語古語では同じだと聞きました。

すみません。書き方悪かったね。
もちろん私は素人なので、ちゃんと勉強されてるかたにとてもかなわないのですが、
もしインド先住民、又は、稲作の文化を持っていた部族が、印欧系の民族の言葉に影響を与えた、
とは考えられないのでしょうか?そして、それが、インドを拠点に東西へ広がっていったとか。

>懐疑派さん
もし金田一春彦(と思う)のはなしが本当なら、「うるち」のほかにも、米の栽培に関する言葉も一緒に伝わってないとおかしいですよね。
現代日本語では、とくにもち米と区別をしたいときだけ「うるち」という言葉が使われるそうですが。
元々の意味は、「粘っこくない」程度の意味だそうです。

専門家の登場求む!


139 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 03:01
135>137
上ではインドの語形をすっとばしてヨーロッパの語形だけ挙げてるでしょ。
おれの記憶ではインドでの古形はv-で始まって途中に-r-が入っていたはず。
流音で始まる語を借用するときに母音が付加される例はあるけれど、このケースが
そうだとは限らないでしょ。
129は古代において「うるち」がコメ一般であった可能性を頭から排除してるでしょ。
そのことを指摘したまで。同様に「中国古語」なるもの以外の可能性も理由なく
排除しているでしょ?ということは「必ず中国古語だ」と言っているに等しい。
やはりそのことを指摘したまで。稲の伝搬経路を同じく考慮すれば、東南アジアの
非漢語形諸言語も考慮すべきではないか?
あと、「印欧語起源だから荒唐無稽」と頭から決めつけるのはいかがなものか。
>「コメ」「イネ」が日本語古語か他系統の外来語であるが「ウルチ」だけは印欧語族ってのは、
>うるち米の原種だけ他の稲と別経路で印欧語族が持ってきたと仮定しなければならなくなって
>不自然だし。
というのも、1)コトバとモノを同一視している 2)借用による伝播が二重三重に
おこった可能性を排除している という二点において、突っ込まずにはいられない。

140 :322:2000/11/05(日) 14:45
>139
>おれの記憶ではインドでの古形はv-で始まって途中に-r-が入っていたはず

たしかvrihi

141 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 18:41
たぶん、夢を希望という意味で使い出したのは
英語が入ってきてからじゃないでしょうか

142 :KARL:2000/11/12(日) 04:05
「ぐっすり」はgood sleepが語源だという説あり。 

143 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 22:02
ウインドウズ「田☆彡」のマークと、日本の古代遺跡から発掘される
「田」のマーク(字)との関連は?


144 :143:2000/11/12(日) 22:10
☆は余計でした。

145 :kitty:2000/11/13(月) 06:17
計量言語学による、ある研究によると、英語と日本語の単語が似ている
確率は、7.4783%。ドイツ語と日本語では20.8430%。
どちらも統計学的には5%有意水準に満たないので、「偶然」という
ことになります。

146 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 10:05
なんで日本語も英語もswearingで「くそ」(=shit)なの?
誰か知ってる人?

147 :もぐもぐ名無しさん:2000/11/13(月) 11:06
>>145
よくわからんが、両方とも5%を超してるじゃないスか?

148 :真夜中の暇人:2000/11/24(金) 01:05
>>145
単位間違えていませんか?

安本氏の著作で読んだことがあります。彼は結論として、
日本語はアイヌ語、韓国・朝鮮語と共に「極東アジア諸語」を為し、
日本語は「系統論」ではなく「流入論」で考えるべきである
の2点を挙げていますが、なんか矛盾しているような気がします。

別に日本語をアイヌ語、韓国・朝鮮語と同系統の言語と「系統論」
として述べてしまっていいのではないですか?

あと、Korean-Japanese-Ainu仮説というのは安本氏のオリジナルなのか
海外の説の流用なのかが怪しいです。


149 :真夜中の暇人:2000/11/24(金) 01:08
>>145
単位間違えていませんか?

安本氏の著作で読んだことがあります。彼は結論として、
日本語はアイヌ語、韓国・朝鮮語と共に「極東アジア諸語」を為し、
日本語は「系統論」ではなく「流入論」で考えるべきである
の2点を挙げていますが、なんか矛盾しているような気がします。

別に日本語をアイヌ語、韓国・朝鮮語と同系統の言語と「系統論」
として述べてしまっていいのではないですか?

あと、Korean-Japanese-Ainu仮説というのは安本氏のオリジナルなのか
海外の説の流用なのかが怪しいです。


150 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 00:16
ドイツ語 kaufen
日本語 買う

151 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 01:01
そんなんいうんやったら
買 - buy(藁

152 :世界@名無史さん:2000/11/28(火) 08:35
清水義範「蕎麦ときしめん」講談社文庫、にそんなネタのギャグ小説があります。斬る<->kill, 坊や<->boy, 述べる<->novel 等。面白い。
あと、と学会・編「トンデモ本の世界」「トンデモ本の逆襲」洋泉社、は有名ですか?
MicrosoftのIMEは「のべる」を「述べる」と「ノベル」の両方に変換することに気付きました。


153 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 12:02
坊やはboyから来てるんでしょ

154 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 01:49
>>153
昔のバンドの記述とか読むと(ドリフとか)バンド坊やって
でてくるね。やっぱ坊や=boyなのかな?

155 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 05:44
>>152-154
男の子を「坊主」と呼ぶこともあるから、
坊やは坊主から来てるのでは?

156 :125:2000/11/29(水) 09:14
すみません。「うるち」の話ですが…
金田一春彦ではなくて、大野晋「日本語の年輪」(新潮文庫)からでした。
第七の項目「文化の流れ」から「ライス」より。

ライスとはいうまでもなく英語である。英語は日本語とはまったく性質の違う言語なのだが(中略)同じ語源の単語が何
千年かの昔から日本語の中に入っている。モチゴメに対するうるちがそれである。
(再び中略)ラテン語オリザの源は、ギリシア語のオルザにあり、もっとさかのぼると、インドの最古の経典であるベーダ
のなかに、ヴリーヒという形で現れてくるという。
所がヴりーヒと並んで、インドにはヴルーヒという形もある。これらがマラヤに入るとブラスとなり、台湾ではバルチとなり、
日本にはいると、ヴルチからウルチへと変わったものと考えられる。

とのことです。


157 ::2000/11/29(水) 20:14
大野晋ってナゼ、一見尤もらしいが、よく考へると嘘臭いことばかりぬかすのだらう。

158 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 02:11
いや、よく考えなくてもうそ臭いぞ。

159 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 23:13
T(ティー)と丁(てい)

160 :名無しのオプ:2000/12/31(日) 03:54
Eとヨ
Europeとヨーロッパ
笑ってやってくださいな。

161 :>155:2000/12/31(日) 20:58
ボケにマジメにツッコんでどうすんねん。>>155
それとも>>153-154はボケでなくマジで言ってたとか? だとしたら寒すぎる〜。

162 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/01/08(月) 05:04
1の人、自分が159と同じこと言ってるのわかってる?

マジで考え込んでる人と
マジでネタ考えてる人の温度差が面白い。

163 :名無しさん@1周年:2001/01/09(火) 13:16
おっはー!!

アロハー!!

164 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/01/10(水) 10:59
バブル経済って英語でなに?

165 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/01/10(水) 11:59
つまり「しゃ乱Q」が、なんとなくなじみやすいのは「バタンキュー」
と語感が似てるからってことでしょ。

166 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/01/10(水) 13:14
いや、オバQと似てるからに一票。

167 :満場一致:2001/01/11(木) 06:36
162は無知大賞

168 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/01/11(木) 09:56
オバQはどちらかと言えば「もろキュー」や「うめキュー」でしょう。

169 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/03/26(月) 04:26

森を歩いてた赤頭巾ちゃんが狼に犯された。
コトが終わって赤頭巾ちゃんがベソをかきながらつぶやいた。
「ああ、狼に3回も犯されてしまったわ、、、
アタシもうお嫁にいけない、、、」
狼「え、オレ一回しかしてないけど、、、」
赤頭巾ちゃん「あら、どこかに急いでるの?」


170 :匿名希望さん:2001/04/11(水) 02:33
「ばってん」の語源て
「but then」だと
聞いたことがあるが、
英語で
「but then」て
聞いたことあるか?

171 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/04/11(水) 03:37
but thenて聞いたことあるよ。あっしは北米滞在歴8年。

172 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/04/12(木) 07:11
海神(わだつみ)/和田/ワタ>パダ(韓)/WATER(英)・・・水関係

アンデェ〜!(韓)/あかんでぇ〜!(関西弁)

・・・って、ダメっすかぁ〜?


173 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/04/23(月) 21:41
>>170 「ばってん」は「ばとても」が通説でしょう。あっしには
正しいかどうか分からないけど

174 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/04/24(火) 01:47
スケトルン

175 :さげでかこ:2001/04/24(火) 02:18
日本語の数詞
He Who Me
Your Its
したがって
5までしか数えられなかった
古代の日本人が話していた
日本語は元来、英語だったのだが
そののち、アジア的な文化の中に
のみこまれた。ということが
わかるのです。
これは
まぎれもなく真理です!

176 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/04/24(火) 04:20
さらしage

177 :175:2001/04/24(火) 04:54
>176
もう、sageで書いてるのに
はずかしいじゃない。
あ、6以上のことは聞かないで。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2001/04/24(火) 07:33
既出だったらすみません。
日本語の“〜に注意を払う”と“〜の注意を引く”という言葉は
英語の訳から来た言葉なのでしょうか?
pay attention to〜
draw attention to〜


179 :179:2001/04/25(水) 10:24
そうではなく「注意を払う」という人間の行動・所作・態度を、その国では「pay」と
呼ぶのです。そういう動作・心理は、洋の東西を問わず誰の心にも起きます。
その概念は「お金を払う」場合にきわめて似ていますから、どちらの国も同じ言葉を
使ったのですね。ただし、「あちらの動作pay=こちらの動作払う」を翻訳とよぶのですが。

180 :いるみおむぬんのむ:2001/04/25(水) 15:45
>>116
茶 アモイ話 te5 広州話 tsha5 などなど。
基本的に福建の言葉(ビン語)は t- で始まる。
ヒンドゥーやロシアのチャイのイはわからない。葉、や児、かな。
台風は台湾語では hong1-thai1 (風のふるい)。
ギリシア語起源ってのは面白いっす。

ところで、名前については梵語起源ってことでいいの?日本語の古形は?

181 :2918:2001/04/26(木) 06:04
話ちょっと戻っちゃいますけど、、『缶』と、"can"って、同じですよね?
どうして?音から名前が出来たのかなあ。

182 :182:2001/04/26(木) 07:24
私の記憶では明治の頃「can」を聞いた人が漢字「缶(実際はもっと
画数の多い)」を当てたと聞いていますが。
でなければ「織田信長がカンヅメをあけた時」に決まったのか???。

183 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/08(火) 22:09
nipppon→ippon→yipon→yapon→japon→japan

184 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/09(水) 00:10
>183

Japanは「じっぽん(jippon/昔の中国の発音)」からって聞いたことあるけど、違ったっけ?

185 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/09(水) 07:57
「本日は晴天なり」の本日は「ホンジツ」だ。
これを逆さにすれば、日本「ジツホン」。
本には「ポン」という音もあるから、ジッポンと発音したかも。

チャイナは支那のことなんだってね。

186 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/09(水) 11:19
>>185
chinaはフランス語読み

187 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/10(木) 00:49
過去形:英語 -ed、日本語 -ta
否定形:英語 not、日本語 nai
文法まで一致するなんて、同系統に違いありません。

188 :名無的発言者:2001/05/10(木) 05:53
 梵語の「那摩」が語源だでよ。


189 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/10(木) 23:10
>>188
「那摩」って、音訳でしょ。
ナマ? ナーマ?

190 :ジャイムールティ:2001/05/10(木) 23:50
>>184
上海語の 日本 (Zhakben) はちょっと聴くと ジャパンと言ってるように聞こえるよ。
これは呉音だっけか?

191 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/10(木) 23:58
アラビア語
anta = あんた(相手が男の場合)

192 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/11(金) 00:08
古代アラビア語
ア、アマ=海、水
ミカド=海洋族
ギオン=海洋族の住む地域

193 :名無的発言者:2001/05/11(金) 00:42
 祇園→歓楽街→水商売………海洋族?


194 :おう:2001/05/18(金) 20:01
中国史の元が日本のことを「ジッペンオク」と呼んでいて、それをマルコポーロがヨーロッパに伝えて、長い年月が経って「JAPAN」になったと聞いたが。ホントかどうかわかんないけど。

あと台風は日本が気象用語として、台湾方面から来る風邪=台風、を使っていたのを欧米人が強引に当て字にした、という話を聞いたことがあります。ソースは無しよ。聞いた話だから。ホントかどうかわかんないけど。

195 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/18(金) 22:00
広東語では"日本(ヤップン)"。ドイツ語では"Japan(ヤーパン)"。


196 :名無しさん@_@:2001/05/18(金) 22:31
ベトナム語ではニャッ(ト)バン。タイ語ではイープンだが、イーの
子音を表わす文字(ヨー)の発音は、配列的に(チョーの次)本来ニョー
だった可能性がある。つまり、イープンはニープンだったかもしれない。

197 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/19(土) 02:14
擬態語の音とその意味にはある程度必然的なつながりがあるんだし、、、、

198 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/19(土) 03:13
大野晋はやばいでしょ(笑)

ここはネタとマジボケレスの区別が難しいね

199 :マジレス:2001/05/19(土) 03:51
aqua(英語で『水』)と閼伽(「あか」と読む、仏前に供える水)の語源は同じ。

200 :マジレス:2001/05/19(土) 03:55
おおっ、思いっきり既出であった。すまん。

201 :あから様:2001/05/19(土) 09:02
>199
喧嘩・火事は昔「けんくゎ」「くゎじ」と書いた。何でか?
それは「くゎ=QA」であって「か=KA」は別だったからだ。
「AQUA」は「あくゎ」であり、元の意味は「洪水」である。
「喧嘩・火事・洪水」すべて「急(Q)なこと」だ。
もちろん「急」も「急な事」である。いくゎがかな。哄笑。
ついでだがクイズも「急な問答」だぞ。

202 :鍵谷:2001/05/19(土) 14:25
>201
その発言は『言語学漢・鈴木健次』氏の受け売りですね?
全世界は一つの言語だったんだってね。
http://www4.justnet.ne.jp/~kenji99/japanese.htm

別にいいんだけど。
それとも、あから様は鈴木さんその人?

203 :あから様:2001/05/19(土) 15:17
>202
あから様は鱸本人である。
2チャンネルへは意見を小出しにして反応を見るつもりだったが、つい
書き込みが過ぎてしまったようだ。オイラはウソが下手なのさワッハッハ。
だが「けんくゎ・くゎじ」の別な解釈はあるのかぜひ知りたいものだ。


204 :日本アメリカ化計画:2001/05/19(土) 18:02
A型は徒党を組んで国民を操ろうとする。注意せよ!
特に全国民の5%しかいないAA型は偏固で神経質。


205 :初夏:2001/05/20(日) 10:33
某雪印「ナチュレ」とか「ナチュラル」は「ネイチャー」と同じ言葉ですね。
確かサンスクリットでは「ナツーラ」と発音するらしい。
ところで「自然」があふれている季節はといえば「なつ」です。
幼児なら「ナチュ」。

206 :鍵谷:2001/05/21(月) 19:45
>203
やっぱり。
染み付いた文体は隠せませんね。
愛読してますよ。いつも次回が待ち遠しい。
言語学界のガリレオさんよ、既存学者の遠吠えに物ともせず
ご健闘を祈る。


207 :言語学漢:2001/05/21(月) 23:04
206鍵谷様
ありがとう。私は99歳まで生きて自分の行く末を見届けるつもりだ。

208 :天之御名無主:2001/05/22(火) 17:30
>>172

ハンガリー語では水(ミズ)のことを「ヴィズ」というらしい。

それを知ってからというもの、「ヴィッテル」というミネラルウォーターが
気になって仕方ありません。

209 :ふっ:2001/05/23(水) 02:06
何百何千とある単語のこと。
いくつか同じのもあるさ。
ないほうが不思議。
たまたまさ。

210 :天之御名無主:2001/05/23(水) 02:16
英語には「チャーウーマン」なる言葉があるとイギリス人(大学卒)が
言ってたぞ!
もっとも、普段よく使われる言葉ではないらしいが・・・・・。
意味は「お茶汲みの女性」だそうな。

211 :名無三:2001/05/23(水) 08:16
>210
それはそのまま「茶」でしょう。元々「チャイナ」は「茶の産地」という
意味です。これあやしいあるね。

212 :名無し象は鼻がウナギだ! :2001/05/24(木) 01:47
インドだとお茶の事を「チャイ」って言うよね。

まあ、「チャイナ」は秦から来ているのでしょうけど。

213 :無茶:2001/05/24(木) 13:17
秦という国が出来る前から植物としての「茶」があったならば、
その名前はもちろん「チャ」ですよ。

214 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/25(金) 01:04
液体、流体 = fluid = 古井戸
く、苦しい!!


215 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/25(金) 03:54
擂り身=slimy

216 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/05/31(木) 14:56
背骨=sebone
     ↓
    bone(骨)

217 :名無し象は鼻がウナギだ!:2001/06/30(土) 09:46
?

218 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

219 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

220 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

221 :名無し象は鼻がウナギだ!:01/09/29 03:27
miseryと「みじめ」

222 : ◆85moeXRQ :01/12/02 01:08
メルマガ整理してたら・・・まだあったんだ。すげー

223 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/02/12 19:05
BOYと「坊や」

224 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/03/13 02:08
    ■■■■■■■■
   ■■■■■■■■■
  ■■■■√ === │
 ■■■■√ 彡    ミ │
 ■■■√   ○    ○ \
 ■■■  ∵   (●  ●)∴│
 ■■■    丿■■■(  │  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■■■     ■ 3 ■  │ < 刑務所で囚人プレイ中だ!
 ■■■■   ■■ ■■ ■  │ じゃますんな!
 ■■■■■■■■■■■■   \__________
 ■■■■■■■■■■■■
  ■■■■■■■■■■■
   ■■■■■■■■■■
   /|        |
\/ ̄ ̄ ̄|____/⌒\
\.| うまい |       __.\            / ̄ ̄ヽ
  \メロン |      /∵∴∵∴\        /      \
   \     |・  | /∵∴∵∴∵∴\    /        ヽ
     \__| /  / /   \\∴∵|   /           |
      \.    | (・)  (・)  ヽ∵|/     |       |
        \   |   ⊂         6)       |      |
    (YYYヽ  \ | ___     /         |       |
    ヽl l l (、∩ \.\ \_/    / ⌒`ヽ     |     |
     (   ノ    \\____/ ヽ    )     |     |
     |   \   _ | _/⌒`ヽ バター犬 ヽ    /|    |
\    \   ⌒         信. i 者. l  /  |
  \    \,,,_   __  ハ    l    ヽ、
            ̄    ヽ      / ⌒Y ⌒`ヽ

225 :口三才:02/03/15 04:42
ここかな

226 :ジョン卍:02/03/17 06:07
有名な話かと思ってたんですけど、
まだ出てないようなので。

土佐弁ですが、
「ちょびっと」のことを「びっと」と言います。
これを「bit」が語源じゃないかと言い張る方もおります。

もひとつ。
高知では、五月、
こいのぼり以外に大きな旗状のものも揚げます。
大漁旗みたいなやつ。これを「ふらふ」と呼んでます。
「flag」が語源ではないかという説があります。


227 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/03/17 06:34


228 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/03/17 11:05
>>226
「ふらふ」は、英語のflagじゃなくてオランダ語のvlagだと思う

229 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/03/18 01:40
CLEAR: 綺麗や〜(w、 又は古語「清ら」
RELEASE:許〜す(L<Y。例:スペイン語BLANCO-イタリア語BIANCO)
FLEEZE: 冷や〜す(L>Y)
LILY:  百合ー(L>Y)
DULL:  トロい
WHEEL: 車(あるいはcar,cycle,circleか?)
FLAT:  平たい
SLEIGH: そり
TEN:   手?(ちなみに印欧祖語は*du+kan「二つ」+「手」=two+hand)
CAP:  かぶる
SCOLD: しかる
DROOL: よだれ
CRAZY: 狂うぜ〜
SEDIMENT:しづむ<沈殿物
SCOOP: すくふ
TOP: てっぺん
FAT:  太い、ふとる
BEAT: ぶつ
UP:   うへ
YEAH:  ええ
FIELD: 原
DOOR:  戸
DIP: ドップリ?
SLY:  ずるい
余談でアイヌ語sik「見る」とsee「見る」、pok「女性器」とfuck「性交」、
       tek「手」とtake「手にする=取る」なんかどうスか?
はい、もうヤメッと。



230 :名無し象は鼻がウナギだ!:02/04/13 19:19
定期保守アゲ =AUGERE(ラテン語「アゲる」)

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)