5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

そろそろSJ発売なのでリンかけ2

1 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 15:34
http://www.jbbs.net/2ch/test/read.cgi?bbs=comic&key=947780458

2 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 15:42
コミックスはいつでるの?

3 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 18:17
タコの方にリンクしてよ。
http://tako.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=947780458&ls=50

4 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 22:38
ほ〜ら、綱引きだ

5 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 15:33
age


6 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 20:09
ついに登場!旦那、相変わらずリーゼントだったんッスね。

7 :名無しさん@1周年 :2000/05/23(火) 21:08
あいかわらず車田の絵は下手だなぁ。

8 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 21:20
絵のうまさを車田には望まん

9 :>7:2000/05/23(火) 21:55
昔から下手だったが
今はさらに下手になっているような
顔曲がってる
アシに頼りすぎていたか・・・

10 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 21:55
 30過ぎてリーゼント...お前は三浦洋一か?

11 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 03:58
今更だけどさ、麟童のギャラクティカマグナムって、
親父(順)に比べて人を殴ってる感じがしない。
セイントじゃないんだしさぁ…。

12 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 16:10
昔、菊姉ちゃんのTシャツ姿で乳首がたってるカットで
抜いたことがあります。順・・ではなくて純な僕でした。

13 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 22:35
 旦那ァ〜、旦那ァ〜、備前アゲ船

14 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 23:13
>12
朝丘先生も使える。

15 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 23:36
>14
わしゃあ、やっぱ河井姉、チャンピオンカーニバル決勝前の裂けたセーラー服、ごっつぉ〜さん。

16 :>12.14.15:2000/05/24(水) 23:44
OKOK、同士だおれ達ァ。

17 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 06:50
ギャラティカマグナムって、剣崎が発電所にこもって開発したパンチでしょ?
麟童はなぜ使えるんでしょう?血、とかそういう問題じゃない気が・・

18 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 06:52
>16
影道に連れ去られる菊姉ちゃんのパンチラ
(確か表紙だったかな?)

19 :16:2000/05/25(木) 08:27
オレは「愛の嵐」風スコルピオン似の女・・・?
上半身裸でサスペンダーって奴。
なんだったんだありゃ?
(おかげで最初スコルピオン女だと思ってた)

20 :>19:2000/05/25(木) 09:25
俺も思った。

21 :>19:2000/05/25(木) 19:14
私も私も!
あれって一体、誰・・・?

22 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 20:54
>王ごと殺すのは躊躇うナルミって感じに思う.....
いや、しろがねがドンドンと普通の人間の感情を取り戻して行くのに、
反して鳴海は、ドンドンとそのあたりの感情が無くなって行くと読むので、
王アニキに崩拳を躊躇する事無く打ち込むのでは?

23 :>17:2000/05/25(木) 21:16
やっぱ剣崎はあのころから帯電してたんじゃないですかね

24 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 07:52
ジョセフは生まれつき波紋が使えたからな。
やはり獲得形質は遺伝するんじゃないのか?

25 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 23:03
ジャンピン・ジャック・フラッシュあげ

26 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 08:01
改訂版って買った人いる?どんなだった?

27 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 10:35
>26
ダイジェスト版でした

28 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 17:36
つーか売ってねえな。なんでだ?

>27
加筆部分もあるの?

29 :>27:2000/05/28(日) 17:40
削られてる部分がたくさん。
でも面白いよ。懐かしい気分になれる。(w

30 :29:2000/05/28(日) 17:44
スマソ。「>28」の間違いだった。

31 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 18:39
でも何でドラゴンリスト??

32 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 22:52
登録商標なのかな<パワーリスト

しかし、あの改訂版って・・・
表3まで原稿載せるのはやめろって




33 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 23:28
テリブル東京はある?

34 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 23:34
>33
「テリブル東京」カットされてます(ワラ


35 :nanasi:2000/05/29(月) 11:57
がぁ〜本屋で見当たらないよ〜
どうしよう

36 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 11:59
コンビニに置いてあったぞ。

37 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 23:34
ちょっぴり期待はずれ。

38 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 23:48
ロクさんは無かったことにされるのか?>改訂版

39 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 00:07
ジャンピンジャックあげッシュ

40 :age:2000/06/08(木) 13:18
ちゃ

41 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 19:24
ま、そろそろあげとくか、よいしょッと。

42 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 20:23
どこにあったんだこのスレ。探してたのに。
前号は立ち読みですませちゃった…。ちょっとね。
もっとわくわくさせてほしいなぁ。

43 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 10:45
今週の展開はイカしてた。

44 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 15:51
 総帥、河井は生きてるようで安心。で、結局のところ竜、菊、剣崎は氏んだのか?

45 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 16:04
>37
同じ事が書いてあった
http://www.asiascores.com/commentary/commentary.asp?cat=4

46 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 01:35
  Λ=Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (-O>O)<>37って、何なんでしょう?
 (     )  \________
 | | |
 (__)_)

       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       放っておけ。部落等だ。

       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        Λ〜Λ
       ( - ≧- )
       (     ))y-~~~
       | | |
       (__)_)    

47 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 23:42
お前が死ね!

48 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 02:07
>46

モナー板のコピペか?

49 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 04:32
しまった。こっちが本家か。

50 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 10:31
菊は剣崎家追い出されたのかな。
順が死んだとして、その時点で殉に剣崎家後継ぎの話はなかったんだろか。

51 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 10:50
剣崎家としては、殉は存在しない人間だからね、

52 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 13:26
影道総帥って、今でも影道一族の総帥なのかな?
やっぱり子供がいなかった??
黄金の日本Jrはみんな代替わりしてるのに、
裏ボクシング界は世代交代遅いんだね(^-^;

53 :>51:2000/06/15(木) 16:54
つーか殉ってリンかけ中唯一殺人を犯した男だから陽の当たる場所には戻ってこれないだろ

54 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 15:21
次週2!
越後長岡へ進むリンドウ
ドドドド・・・ブルン!
ピロンピロン 屋敷から流れるピアノの音。
リンドウ「河合のおじさんのピアノの音だ。」
リ「ごめんください!」
ピロンピロン!
リ「はぁ・・俺の声、聞こえてねえなぁ。」
リ「ごめんくださぁ〜い!」
河合真子「あら、あなたは・・」
リ「あ・・ごぶさたです。」
マ「りんどう君。大きくなったわねえ。」
リ「ふふふTV見てたわよ・・。ちょっと待っててね。」
玄関で待つリンドウ
マ「武。」
ふりむきざま 見開きで河合登場。
河合武「フ・来たんだろ、姉さん。リンドウが。」
マ「知ってたならなぜ出ていってあげないの?」
武「会う必要なんてないからさ。」
マ「・・・」
武「リンドウはもう生きてはいけない・・その理由は知ってるだろう?」
マ「武・・・」
バァーン ドアを蹴破るりんどう
り「おじさん、俺が生きていけないってどういう意味だよ。」
武「りんどう・・・」
り「こないだシナトラのあほが俺を本気で切りに来たぜ。なんか関係あんのか?」
武「答えるだけ無駄だ。」
り「ち・・どいつもこいつもじらしやがって・・」
り「俺がここに来た理由はひとつ!後見人であるおじさんに俺がボクシングをやる
お墨付きをもらいにきただけでえ!」
武「お前、本気で言ってるのか?」
り「嘘も本気もあるけえ!お墨をもらえたらさっさと出ていってやるぜ!」
武「石松がそうしろと言ったのか?」
り「・・・」
武 「僕にも菊さんとの約束がある。だが、お前に本当にボクシングセンスのかけら
があるのなら・・・」ザシャァ !「許そう!」
真「武、あんたまさか・・」
武「姉さん、グローブ出してくれ。」
り「う・・」
奥の間に進む3人。
武「来たまえ!」
り「おじさん、ピアノずけで殴り合いなんていきなりできんのか?」シュッ
武「僕も仮にも黄金の日本JRと言われた人間の一人だ。油断すると」
武「痛い目に会うぞ」クワッ!
JET!バーン
ほっぺたが切れたりんどう!すんぜんでかわした。
り「おじさん、じゃあこっちも行くぜ・・・
ものごころついた時から俺は親父そっくりのアレが打てるんでな。」
ザッ!ボッ!
「ギャラクティカ・マグナム!」
BAKOOOOOOOOOOOOM!
お約束の壁がへこむ。
河合、その瞬間!JET!
「ジェットアッパァァ〜〜〜!」
グワシャァァァァァン!
り「う、ううう・・」
武「立ちたまえ。手はぬいてある。
ぬけた基本をフィニッシュブローで補うのは危険だ。」
武「だが・・信じよう。君の本気を。」
り「か・・河合のおじさん・・」
ドルンドルン!ぶろろっろろ〜

武「りんどう、お前の行く手はさえぎられるだろう。
お前がこの世に存在することは、あのお方がもはや許さん。」
ま「武。」
武「だが、万が一奴が完全なる拳術を身にまとった時、その時は・・!」

次週いよいよシナトラの登場だ!

55 :>54:2000/06/17(土) 15:53
アンタすげぇよ。無条件降伏したくなったぜ。(´Д`)

56 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 15:57
オレはアンタの為なら毎週アゲられるぜ! <54

57 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 23:43
乞う!続編。

58 :>54:2000/06/18(日) 00:51
いかす!!

59 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 01:00
>54
 次回がますます楽しみになりました、続きを強く希望します。

60 :>54:2000/06/18(日) 03:16
面白いよ!!
もっと続きをやって欲しいです。
河合さんって石松と同じようにあんまり老けていないといいな。

61 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 10:25
それにしも石松の変わりようはちょっとさびしい。
ピンクレディーの歌とか歌ってよ。(今ならモー娘とか)

62 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 16:38
回想シーン(河合屋敷にて)
河合「もうひとつ、言っておこう。
リンドウ君、君が生まれもって打てるというそのブロー。
天才の名を欲しいがままにした剣崎が命名したギャラクティカマグナム
を名乗るには、まだほど遠い完成度だ。」
リンドウ「・・・・・」
河合「キミが生きる限り、剣崎順の名はいつまでもつきまとうだろう。
その宿命を断ち切るには―――」

バイクに乗るリンドウ、バックに河合の顔「リングにかけろ2」のタイトル
河合の言葉「いいかい。生まれを決して呪ってはいけない。呪わねばならぬ時
大切なのは心を許せる人をひとりでも多く持つことだ。」
ドッドドドドドドド
リンドウ「フッ俺に心を許せる友達がいるかよ。でも河合のおじさんのあの言葉・・
おじさんも生まれを呪った経験があるのだろうか・・?」
「石松おじが誇りに思う日本JR・・・・・か。」
所変わって石松宅
剣崎家の執事「香取様・・恐れていた現実がとうとう・・・」
石松「なにぃ・・恐れていた現実だと?まさか、あのお方が・・」
「チッ!」ドカッ!畳を殴る石松
立ち上がる石松の後ろに執事
石「早すぎる!せっかく奴が目標を持って立ち上がったというのに・・!」
「おいっ、リンドウの奴はもうだんな達の所へ向かったのか!?」
執事「さ、さぁ・・」
「ぼっちゃまはいちいち私達にどう動くかなど説明などいたしませんので・・」
石「くっ、ならばリンドウをさがせ!恐れていた現実だと?」
「あいつ・・今度という今度は死・・・・」
ところ変わってシナトラ宅
後ろ向きのだんな。帰宅する伊織。
伊織「父上、ただいま戻りました。」
だんな「・・・・事はうまく運んだか?」
伊織「殺さず、戦意を萎えさせ小市民として生きていくことを悟らせる・・
フッ軽く灸をすえたということになりましょうか。」
だんな「リンドウはどうしていた。」
伊織「父上・・かつての仲間の血縁とはいえ、
なにゆえあのような下衆の世話を焼くのですか?
私には理解しかねます。今後私はあのような輩と関わるつもりはありません。」
シナトラ家の門弟
「カズキ様。カズキ様をお訪ねに来たという、少年が玄関におりますが」
三分割二コマ分 だんなと伊織の顔 ピキィィィィィン!

ザシャアッ!
対峙するリンドウ、シナトラ、伊織
伊織「あの時しゃしゃり出た女と静かに暮らすものかと思ったが
貴様・・・何の用だ。」
リンドウ「この時代に刀なんぞ振り回しやがって。
今日はお前に用事があって来たんじゃねえ。」
伊織を無視してシナトラを見据えるリンドウ
リンドウ目を閉じて哀願。
リンドウ「おじさん!俺にボクシングを学ぶ許可をくれ!
俺は俺で勝手に生きてきたが、本気で学ぶものが出来たんだ!」
シナトラ「ボクシング・・・だと?お前が・・か。」
リ「許可の有無じゃねえ。これは俺の宣言だ!」
シナトラ「リンドウ。お前がどう生きようと私は何も言わん。
お前はこのまま小市民としてなら生きながらえることが出来る。
だが拳術の道に進もうとしたその瞬間、お前は死ぬことになる。」
リ「分けわかんねえ理屈だぜ。俺が死ぬだと?
フッ、人間がそう簡単に死んでたまるか!」
り「じゃあ、俺は俺でボクシング、やらしてもらうぜ。あばよ!」
二人に背を向けるリンドウ
シナトラ「伊織。これが最後だ。」
伊織「はっ。」
宙からリンドウに立ちはだかる伊織 ザシャアっ!
伊織「日本人の面汚しめ。
武士道を極めんとするシナトラ家に足を踏み入れただけでも万死に値する。」
シャキィーン!
リンドウ「こ、このキ○ガイめ!あん時はちとケガしてたが今度は同じにはいかねえぞ!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

次週 再び リンドウVS伊織戦 勃発だぁ〜!(という文字)


63 :>62さん:2000/06/18(日) 20:13
原作よりも盛りあがるとは、あなたは何者??

64 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 20:30
読み入っちゃったよ〜!

65 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 20:33
影道総帥のエピソードきぼ〜ん


66 :>62:2000/06/18(日) 22:11
お、お前は、ま、まさかあの伝説の・・・!

67 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 22:16
62とは、まさかあの・・・。

68 :>62:2000/06/18(日) 22:42
まさかりかついだ・・・

69 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 00:08
age


70 :>62:2000/06/19(月) 01:48
天才だよ!
もう原作無視して半年分くらい先に進んで欲しいよ。
でも他の人から変な煽りが入りそうだな。

71 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 06:48
age

72 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 09:14
原作 62
作画 車田正美と神輪会
で キマリだね!!

73 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 19:52
ゴゴゴゴゴゴ・・・
リ「武士道だと?笑わせるな。
刀振り回してスタイルから入るのがシナトラ家の武士道か?」
シナトラの顔「・・・」
伊織「父上、伊織、刀を持たず戦うことをお許し願えますか?」
シナトラ「・・・許す!」
リ(心の中で)「なにぃ?こ、こいつの自信・・
まるで刀を持たない方が強いと言わんばかりの態度だ・・。」

シナトラ回想
幼少の伊織がシナトラの手を引いて物置に連れて行く
「父上、父上、これは何ですか?」「なんだ?何を見つけた?」
伊織「このおかしな扇風機は何ですか?扇風機の向こうに何か置く場所がある。」
シナトラ「!」
「伊織、この扇風機はな・・・」
淡々と語るシナトラ。隠し事をしない潔い態度がこの父子にはあるようだ。
伊織、目つきが変わる。
「父上。三度ですか。
三度この機械の向こうの球を取って戻したのですか。
つまり父の拳闘時代の神技と言われるSRSは五度この遊戯を行なった
ことになるわけですね。」
コップに水を汲む伊織。
シナトラ「伊織、何をやる気だ・・」
伊織「私ならこの問題、こうクリアーいたします。」
ヒュンヒュンヒュン!クワッ!
シュバシュバシュバシュバッ!
シナトラ「こ、こいつ・・」
「・・・コップの水をこぼすことなく・・六度・・か。」

「武士道とは 死ぬことを見つけたり・・、
俺の身につけた武士道は父の口癖に対する反骨心が生みだした副産物――
だが伊織のそれは全く別物!奴の血はすり込まれた武士ではない。」

リ「どうした!俺を小市民にするんじゃねえのか?
つったったままじゃ話にならないぜ!」
伊織「フッ・・私はもう戦っている。」
リ「なにぃ?」
「へ理屈こきやがって!いくぜ!」ザッ!

シナトラ「奴は生まれながらの・・」
シャキィーン!
「戦闘者だ!」
リ「なにぃ?こいつ!俺のパンチがすりぬける!」
伊織「遅い・・、一体それは何をやっているつもりなのだ・・!?」
リ「くそっ!」シュバッ!
伊織「貴様の動き・・それは本気で動いた挙動なのか?」

シナトラ心の中「伊織の動体視力は俺の神技的ディフェンスを軽く凌駕している。
奴の動きはディフェンスなどという言葉の範疇には
もはやおさまる しろものではない。」
シュバ!
「戦わずして戦う。奴の挙動は最低限でしかない。
伊織は人間の動きを完全に見切った天才よ―」
シュバ!
伊織「貴様は本当に父の盟友である剣崎順の息子なのか?
誇るべき父は日本JRに誰にも恥ずることのない
真の友情を持っていたという・・・」
「貴様に会えるという話を初めて聞いた時、私は正直期待したのだ。」
「戦闘者として拳で語れる相手がもしやいるのでは、とな」
「だが貴様には・・・」
シュビッ!
「失望したぞ!」
バコォォム!
ドシャア!
リ「ううう・・」
伊織「立てぇ!貴様の性根でいっぱしの戦闘者などになれるかぁ!」

シナトラ「 伊織。余計な言葉がすぎるぞ。アレで早く終らせろ。」
伊織「はっ!」
「終わりだクズめ!」
リ「う!」
伊織「スペシャル―――・・・・!」
(この場面、風魔の小次郎で多用された表現
例えば武蔵VS小次郎「悪く思うなー!」ページの雰囲気で)


74 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 19:53
リンドウ回想
暗闇にいるリンドウ
闇の声 「お前はなんのために生きるのだ?」
現われる菊の姿
菊「リンドウ!男らしく生きろ!」
「お前のおじさん達はみんな男らしかったぞぉ!」
「これが竜のブーメラン!」シュバッ!
「これが・・・・」シュバッ!
「リンドウのお父さんはみんな天才と一目置いてたんだ!」
「右が・・・・ギャラクティカ・マグナム!」
「左が・・・・ギャラクティカ・ファントム!」

「左が・・・・ギャラクティカ・ファントム!」
「左が・・・・・」
「左が・・」

ピキィィィィィン!
シナトラ「む!伊織!」
伊織「!」

戦いを裂く一つの声!
「待てぇぇぇぇぇぇい!!!」
だんな「ち、父上。」
伊織「おじいさま・・・」
精神集中の限界で倒れるリンドウ
どどぉぉん!

シナトラの親父「シナトラ家で私闘とは言語道断じゃ!
どこの誰ともわからぬ者とよりによって拳を交えるとは何事!
反省せいっ!」
伊織「おじいさま、申し訳ありません。
わけの分からぬ暴漢ゆえ
この伊織、だまって見過ごすわけには行きませんでした。」
むくっ!起き上がるリンドウ
リンドウ体を引きずりながら独り言
リ「ぶ、武士道だの、戦闘者だの・・生き方をく・・区分けすんなよ。」
「俺の人生は俺のもんだ。」
「俺が死ぬ?死んでたまるかよ・・バカヤロ」
ブルンブルン・・・
「バカヤロ」
ドルルルルルル〜ン→立ち去るリンドウ

ぶゎさっ!ほどける伊織の髪。
伊織(ハァ、ハァ)「父上・・わたくし生まれて始めて戦いに戦慄を覚えました。」
シナトラ「あのまま打ち合った時・・・
奴はひょっとするとJR界の奇跡と呼ばれた
あのパンチを出していたかもしれん・・・」
伊織「あ、あの男の戦意をなえさせねばならない理由はなんなのですか?」
シナトラ「それは・・・・・」

ドドドド・・バイク上のリンドウ
再び菊の声
「リンドウ、私は正直お前にはボクシングをやって欲しくないんだ。」
「大切なものがなくなるって寂しいだろ?」
「私はリンドウ、お前が大好きだ!」
リンドウ「母さん・・・俺それでもやるよ。
クズでも日本人の恥の恥と呼ばれようとも・・・・・・
やりたいことをやる!」
ドドドドドド・・・・

ところ変わって、阿修羅法輪門ばりの大滝に傷だらけの一人の男がいる。

ザザザザザザァ〜 ドシュッ!
謎の男(前髪で隠れて人相わからず)「ハァッ、ハァッ」
「まだだ・・まだ奥義はつかめん!」
同じく傷だらけの男「三代目!総帥がお呼びです!」
ザシャァ!
振り向いた傷だらけの男
(全盛期の車田正美ならここで17巻の表紙ばりのかっこいい影道を見開きで描く)
でっかい絵文字で「!」のおまけ。

影道一族登場!この男の正体は!?次号驚愕の新展開!の文字が入って終り

車田正美の巻末のコメント
「最近マンガがノッってきた。もっとひっぱるから応援たのむぜ!」


75 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 22:23
これ・・・ネタバレじゃないんだよな(^^;)?
あなたの車田漫画の研究ぶりと大いなる愛に敬意を評します・・・。
っつーか、全盛期? すげーぜっ!

76 :>74:2000/06/19(月) 23:50
巻末コメントが最高です。
あなたは、やっぱり車田先生!

77 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 23:57
絵が浮かんでくる..スゴイ!もはやこちらが本編なのかッ!!?

78 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 00:04
>74
す、素晴らし過ぎる。
影道編も大期待!
でも、お願いだから「日本JR」はやめてください。
「ひかり」とか「のぞみ」を連想しちまう…
せめてJr.にしませんか。

79 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 00:08
敬意を込めて「裏リンかけ2」と呼ばせて頂きます。>74

80 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 04:48
「時代を変えるのは、いつもジーニアス」
74さんの正体は、20世紀最後の天才キボウです

81 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 10:02
a

82 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 11:22
再びバイク上のリンドウ
「フッ、行儀よくしっかりお伺い立てに行くとは
俺もやけに素直になったもんだぜ。」
心の中で石松
「ほう、よくも三人ちゃんと許可くれたもんだ。
けっこう大変だったろ。まあ上がんなよ。」
リンドウ「フフフ・・・・」
そこへ暴走族の集団。
族 「ようよう、てめえノーヘルでなに いきがってんだよぉ!」
「降りろ、このヤロウ!」
キキキィ・・・・停車するリンドウ。
リンドウ「お前らにやるよ。」
族 「はぁ?」
リンドウ「金だ。これもお前らにやる。」
歩きだすリンドウ
族 「なんだ?あいつ・・・?」
リンドウ「歩くさ。ふっふっふ・・
日本人の恥さらし・剣崎クン歩いて根性鍛えますってか。ふっふっふ。」

珍しいくらい さばけた態度のリンドウ。
目的を持って動く自分から余計なつっぱりが消えたのか。

そして、舞台は前号続き、大滝へ!
ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・

五代目(三代目は間違い)
(ハァ、ハァ)
「幽鬼!影道五代目は開眼目前、いましばし待て。そう伝えよ!」
幽鬼 「五代目・・・・・」
五代目 「最近父上も難解な書籍の通読、外来者との会合等で多忙と聞くが・・・・」
「たまには父上もここ地獄谷へ拳術の稽古に来い!そうも伝えよ。」
「野火!たのむ!」
滝上には昔そのままの精悍な顔付きをした野火の姿が!
野火 「五代目!まいります!」
滝上から落ちる巨大な丸太
(特訓の最もベタな展開。だが全盛期の車田ならこの展開、勢いで描き切る!)
ドドドドドドッドドォォン
野火
「影道開闢の素である初代の拳は向かう相手の身体を
そのまま突き抜いたと聞く。」
「影道奥義中の秘拳、第三の技――、
一撃必殺の影道拳術、その拳から発せられる熱、
天地を貫くイカズチの如く――!」
「初代はその技をこう呼んだ。」
五代目「うおおおおおおおおおおおおおおおっ!」
見開きで五代目の必殺のポーズと野火のセリフ
野火 「影道 雷神拳と!」

ドーーーーーーン!


83 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 11:25
野火、幽鬼「おおおっ!」
ズズズーン!
五代目(ハァ、ハァ)「ど、どうだ野火!」
野火「・・・・・・・・・・
そ、総帥でさえ雷神拳体得までは相当の時間を要された・・
だが・・・」
「五代目の体得の速さ・・・・・・
この天分は私の見てきた影道でも・・・・。」
感動で震える野火は空を見上げる
「総帥!影道はあなたの息子の代で
本当の隆盛を極めるかもれません。」
野火のほうに涙が伝う。
「間違いない。こ、このお方は・・・・・・!」
「五代目ぇー!」
滝から降りてくる野火
「五代目!」
五代目「どうした。何を泣いている。」
野火「この野火、今後の人生五代目に仕えて生きてゆけること、
心の底より嬉しゅうございます!」
言葉のでない幽鬼「・・・・・・・」
「総帥もお喜びになるでしょう!」
五代目「何を言う・・・・。安易な誉め言葉は人を慢心させるものだ。
それより野火!影道の秘拳、
お前から享受できる技はあとどれだけあるのだ?」
野火「まだまだございます!」

影からのぞいていた影道がゾロゾロ出てくる。
「五代目!」「五代目!」「五代目!」わあぁぁぁぁぁ!
五代目「困った奴らだ。
ここ地獄谷は拳術を磨きあうべく互いに集って精進しているにすぎぬ。
ここでは五代目も何もないのだ。」
「幽鬼、父上は私に一体何の用事があるのだ?」
五代目に耳打ちする幽鬼
五代目の目→「クワッ!」
「すぐ戻ろう!野火、ごくろうだった!」

そして石松のお宅

石松「お前ら屋敷にリンドウをちゃんと迎えたなら、
いちいち俺に相談に来んじゃねえ!」
「くそったれ・・・くそったれが・・」支度する石松。
執事「か、香取様・・出向いていただけるのですか?」
石松「ったりめえだ!」
「今度という今度はあいつ一人じゃ無理だ。」
「俺はリンドウがかわいい。」
「おっさん、人が人をいとしく思う気持ちってのはなぁ、
男だの女だの、血筋、家柄なんも関係ねえんだ!」
「この世でリンドウを一番かわいく思っているのは・・・・」
この俺だ!」(横顔で・・)
家を出る石松
執事「か・・香取様・・・・もうしわけありません・・ありがとうございますぅ・・・・」
星空をバックに石松
「リンドウ、世話焼きなおっさんを悪く思うな。
お前は決して独りぼっちなんかじゃねえ。
全世界がお前を敵に回しても、必ず俺がいる。
そいつを忘れるな!」

影道健在!次号、いよいよリンドウ、影道に突入だあ!

車田正美の巻末コメント
「俺の最大の挫折は「聖闘士星矢」だった。
大人になるってぇのはいつのまにか
経済中心に心が回っちまうことだと思う。
だが俺は今本当に楽しくマンガを描いてるぜ!」



84 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 13:30
待ってたぜ・・・アゲ <82&83

85 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 13:58
82のリンドウ、肩の力が抜けてて良いですう。

86 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 20:10
age

87 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 20:53
83の石松の台詞に感動だぜ!!
思いっきり上げだ〜〜〜〜!!!
うぉりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

88 :名無しさん@1周年:2000/06/23(金) 20:55
そういえば、本家の連載はどうなってる?

89 :名無しさん:2000/06/23(金) 23:07
凄いストーリー展開。
作者は車田正美の息子とみた。親父を超えたな。

90 :>83:2000/06/24(土) 07:31
いつもながらに巻末コメントが最高。
車田ファンの夢が詰まっておりますな。

91 :>83のコメント:2000/06/24(土) 08:04
俺の最大の挫折は「男坂」だった....
ではないでしょうか? 失礼しました。


92 :名無しさん@1周年:2000/06/24(土) 16:54
「男坂」か…。堂々の未完ですよね。
喧嘩鬼の先生とかいたよね。
作者はあの作品で、車田版「男一匹ガキ大将」をやりたかったのかな。
ところで「ザジ」も未完だったっけ?


93 :>91:2000/06/24(土) 17:43
車田先生は「経済中心」に飲み込まれてしまった点を省みて
星矢を挙げているのではないでしょうか。

94 :名無しさん@1周年:2000/06/24(土) 20:55
なあ……俺まだ一度もりんかけ2読んでないんだけど、
ひょっとして、一生見ないでずっとこのスレだけ読んでる方がいい?

95 :名無しさん@1周年:2000/06/24(土) 23:20
>94
その通り。裏リンかけで十分。
全盛期の車田の絵を思い浮かべて読むべし。

96 :名無しさん@1周年:2000/06/24(土) 23:40
そんなに「全盛期」とかわっちゃったの?絵

97 :名無しさん@1周年:2000/06/24(土) 23:53
全盛期って、、
厳しいねー。
でも、リンかけ(集英社文庫版)のあとがきを読むと、
車田本人は、自分の作品が「こぎれいな絵」&「ちまちましたストーリー」
になってると思ってるみたい。


98 :???:2000/06/24(土) 23:58
なんか大変な話だと思って読んだが、後半ラリってルナ。
あと、信憑性がちょっと・・・
なんかソースおくれよ。

99 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 00:04
どういう意味さ、ソースって?

100 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 00:27
スレ違いと見る。>98

101 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 01:18
竜児編きぼ〜ん

102 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 01:21
ふと気付いたが、本編の内容についての感想が、序盤以外まるでない(笑)。

103 :>101:2000/06/25(日) 01:26
それはもう少し先にとって置こうや。

個人的には、ストーリーの背骨として剣崎父がいるんだが、それとは大きく絡まず
クライマックス近くでさらっと風のように竜児が現われて
主人公とストーリーに大きな影響を与えて去っていく……とかいうのがいいな。
(それともやっぱ息子か娘がいるんだろうか……)

104 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 01:27
ああ、俺も竜児を出してほしい<裏リン2
今も生きてるなら、どうなってるのかな
ひょっとして、世捨て人になってたりして

105 :>92:2000/06/25(日) 01:46
雷鳴のザジは未完というより1話完結の短編集だからねえ。あれって昔ジャンプでやってた
ジャンプ作家陣による読み切り短編漫画のコンテストみたいなやつで描いたのが始まりでしょ?


106 :ああ、さっきから広告がウザい…:2000/06/25(日) 01:56
>105
それって、愛読者賞のこと?そうだったっけ…
いや、週刊本体じゃなくて、なんか別冊っぽいのに
掲載されたもんだと思ってたんだよ。
「ホームからの刺客」とかいうセリフは憶えてんだけどね。


107 :>106:2000/06/25(日) 02:15
ああ、愛読者賞、そんな名前だったかも。
ホーム=白い墓のことね。

108 :まじ提案:2000/06/25(日) 02:46
この裏りんかけのストーリーを
SJ編集部に郵送してみてはいかがでしょう?
ひょっとして、ゴーストライターとして車田の代わりに原作を書いてくれ
とか言われるかもよ

109 :>108:2000/06/25(日) 03:50
ンなわけねーよ!

110 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 15:04
雷鳴のザジは「フレッシュジャンプ」という別冊の
目玉の読み切りでしたな。
車田マンガのシールがオマケでついていた。
ちょうどその頃、シグマとジャッカルが週刊で戦ってたような・・・・
(それは愛読者賞の時だったっけか?)

111 :>109:2000/06/25(日) 15:27
なんで、そう言い切れるんだよ!!

112 :>111:2000/06/25(日) 15:28
厨房は逝ってよし。

113 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 18:14
パキャッ!
「うおおお!」「また骸骨ふんじまった〜!」
バルカン様御一行のパロディーで笑わせてくれるリンドウ。
(車田先生サービス満点!)
「親父と瓜二つと言われ同じく天才と呼ばれた影道総帥・・。
いってえぜんてえ、ホントにこんな所に一族がいるってぇのか?」

総帥の呼び出しの帰路につく、五代目、野火、幽鬼の三人。
幽鬼「五代目。いよいよですね。」
五代目「フッ、いよいよか。」
「 われらが影道がため一体自分に何ができるのか。
私の思考ではまだ捉え切れん部分があるのだが・・な。」
「野火!父上は何をお考えだと思うか。」
野火「・・・・私は何が起ころうと総帥、五代目についていくのみです。」
五代目「ふっ・・答えになっておらん。」

ガサササッ!ドスーン!
「あいてて・・・」
ザッ!
五代目の前に出る野火、幽鬼。
リンドウと五代目が対面する。
「ふう、見つけたぜ。あんたらその風貌・・影道一族って奴らだろ?」
野火、幽鬼「貴様、何者だ?」
パッパッ(泥をはらいながら・・)
リンドウ「俺の名は剣崎リンドウ!俺の後見人である影道総帥に会いに来た!」
野火、幽鬼顔を見合わせる「・・・!それではあなたは順様の・・・」
五代目「ちょうどいい。
私達もあなたの会おうという総帥に会いにいくところです。」
いっしょにまいりましょう。」
ザッザッ
リンドウ「・・あんた達すごい格好だねぇ。普段何してんですか?」
野火、幽鬼「・・・・」
リンドウ「だまっちゃって・・でもおじさん凄く強そうですね。」
五代目「ふふふ・・剣崎君、
我々は巷にある武道、拳術とは異なる文化を持ち続けてきた人間、
ゆえに−今のところ−違った時間で生きているのです。
我々を不思議に思うのも無理ありませんね・・」
「君の格好もあまりこぎれいとは言えませんが、どうしましたか?」
リンドウ「アッ!」
「たははは・・・これはちょっと・・」
「すんませんね、初対面の人におしゃべりで!」
五代目「かまいません。
ところで剣崎君 失礼ですが
君の中にも大きな「強さ」の資質を感じますよ。
だが「強さ」を操縦しきれないまま今まで来ているようです。」
リンドウ「!」

114 :名無しさん@1周年:2000/06/25(日) 18:15
五代目「それは恐らく 自分の存在理由を確かめられぬまま
過ごさねばならぬ状況を過ごしているからだと思います。」
「さらに言及するなら愛情の確認の部分の不足です。」
「だがここに辿り着く旅路で
何かつかみかけているように感じるのですが気のせいですか?」
「君をおしゃべりにさせるのはきっとそのせいです。」
リンドウ「・・・・・・!」
五代目「私もおしゃべりになってしまいました。」
「そろそろです。父のいる場所は。」
(17巻でJrがくつろいでたとこのそばよ)
影道門弟が出てきた「五代目!おかえりなさい!」
リンドウ「五代目・・するとこの男、総帥の・・・
だが、一目見て俺の境遇を見抜くとは
一体五代目と呼ばれるこの男・・・」

さてさてシナトラ家に戻ろう
伊織「・・・・なるほど。
確かにそれでは奴が生きていくには
小市民に成り下がる以外ありませんね。」
「私にその役割を命ずるとは、父上も人がいい。」
だんな「すまぬ。
だが菊さんに託されたこと。死ぬと考えるのならその方法以外ないと
判断したのだ。」
「だがリンドウはもう向かってしまった。これも運命か。」
伊織「・・・・・・」
「父上、奴は樹海に向かったのですか?」
だんな「多分・・・・な。」
伊織「伊織、樹海で影道なる集団から真の戦闘者を探してまいります!」
だんな「・・・・」
ザウッ!
だんな「ふっ・・行ってこい伊織!
だがあいつめ素直にリンドウに会いにいくとは言えんのか。」
「奴は感じている。リンドウの隠れた資質を!」
「お前の出現が吉と出るか凶と出るかは・・・
それは神のみぞ知る・・・か。」

影道にて!

奥の間に後ろ向きで総帥。
五代目「父上。」
振り向く総帥!

いよいよ総帥の出現!そしてリンドウの元へと向かう石松、伊織!
五代目の使命とは!?リングにかけろ2最高潮だ〜!

巻末の車田正美のコメント
「>101竜児の登場、描いてる俺自身楽しみだぜ!
>103考えるだけでワクワクする内容だ。
啓示を与える人物の登場で終ったマンガはいままでの俺にはねえからな!」

裏リン作者のコメント
「あまり先まで引っ張ると内容が破綻してくる気がするので
全盛期御代ならこう描く!そろそろ裏リン名場面集原稿をリンクしようと思うぜ。
本編、しょっぱなは誰が出てくんのかな?」




115 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 00:14
あげ♪

116 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 02:36
あげ☆

117 :94:2000/06/26(月) 07:44
テレホ終了直前あげ。

118 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 09:16
>裏リン作者様
うう、リンかけへの愛を感じます、、
このままつっぱしってください。
ストーリー展開なんて多少ムシしても構いません!勢いが命ですよ!

感想をひとつ。
74 でシナトラのおっさんの↓台詞ツボでした。あんた自分で許可したくせに〜。
パロディとしては質高いっす。

> シナトラの親父「シナトラ家で私闘とは言語道断じゃ!
> どこの誰ともわからぬ者とよりによって拳を交えるとは何事!
> 反省せいっ!」


119 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 19:57
外で寝転ぶリンドウ

野火「リンドウ様、我々は五代目と共に総帥を訪れる約束になっております。」
「しばしここでお待ちを。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
リンドウ「五代目と呼ばれるあの男の目・・・。
今まで見たことのない目だ。」
「何か人間を優しく包みこむような、そんな目か。」
「今まで会ったことのないタイプの人間だ。」

影道総帥と座りながら向かい会う野火と五代目
(影道総帥も風魔総帥と並ぶほど貫禄かついた・・・)

総帥「野火、ご苦労でした。どうですか、○○(五代目の名)の修行は。」
野火「はっ、五代目、影道雷神拳、○○拳、○○拳をすでに体得。
申し分ないご成長ぶりです。」
顔を見合わせる総帥と五代目
総帥「野火を申し分ないと言わしめる、お前の修行に対する姿勢
この私も嬉しく思います。」
「聞きましょう、修行とは何だと思いますか?」
五代目「 修行とは知業合一の学問に到る道であると定義いたします。」
総帥「ふむ。学問ですか。では学問の欠点とは?」
五代目「はい。学問は必ず一度その範疇に人間を閉じ込めます。
その範疇を打開することも修行の第一歩と言えましょう。」
「頭に入れた学問を自分の血肉としたところで再びそれを叩き出す。」
「窮屈たる壷中から飛ぶ出した時
空闊たる新しい世界が人を待っているのだと思います。」
総帥 「一宗一派をまとめるにはどういった能力が必用ですか?」
五代目 「確固たる理想を持つこと。」
「明確な夢を描ける能力です。」
「夢を押し進め実現させるには
それに付随した強い信念を持つことが必用です。」
「人に対する気の配りも大切でしょう。気配りのない組織は壊れていきます。」
「さらに・・・・・面白きことをとことん究明していく好奇心が必用でしょうか。」
「ものごとを究明してゆくには情報収集も重要になってまいります。」

総帥「よいでしょう。
お前の言葉には理解した事柄をさらに腑に落とした重みがあります。」
向かい合う三人。
野火 「うう・・五代目の求心力、そしてそれを達観する総帥!
私は・・私は・・・」
総帥 「野火、私はそろそろ隠居し影道総帥の座を○○に譲ろうと思いますが
いかがでしょう?」
野火、五代目「!」
野火 「総帥の座を襲名するには・・・・」
総帥 「そうです。五重の塔を登らねばなりません!」
「どうする、○○!五重の塔、登るか登らぬか!?」
五代目「○○、登らせていただきます!」
バァーーーーン!
総帥 「野火!期間はひと月!ひと月で影道五代目を最強の男とせよ!」
野火「はっ!」
五代目「父上、表に客人が控えておりますが。」
総帥「通ってもらいなさい」


120 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 19:58
表に出る野火、五代目
リンドウ「おっ、用事は済んだのかい?」
野火「・・・・・」
五代目「遅くなりました。 父上が上がってくださって結構とのことです。」
リンドウ「ほんじゃ、俺上がらせてもらうぜ!」
「おじゃましま〜す!」
ドスンドスン・・・・・・

ドーーーン!
総帥と向かい合うリンドウ
総帥「君は確か兄の・・・・・」
リンドウ「剣崎リンドウです!きょうは・・・・・」
総帥「剣崎コンツェルンに通達いたしましたが、
ちょうどあなたにも会わねばならぬと思っていたところです。」
リンドウ「俺に会わねばならない・・・・・?」
総帥「そうです。 」
リンドウ「用事は何ですか・・・?」
総帥「君の動き方次第で、君はこのさき生きていくことはできません!」
リンドウ「!」

野火、五代目を後ろで見据えながら思う。

野火「五代目は分かっておいでなのか!?五重の塔を登ることの意味を。
登り切らぬ者は死あるのみ。そして今回最上階を務めるのは恐らく・・・・・」
五代目「野火!私は総帥の座を引き継いだ暁には
父が成し得なかった夢を必ず実現させてみせる!」
野火「・・・・・・・・!」
五代目「影道の再生だ!」
バーーーーーーン!

決死の覚悟で影道隆盛を誓う五代目!総帥と対峙するリンドウに明日はあるのか!?

車田正美巻末のコメント

「ジャンプにおける信長が本宮先生なら秀吉は中島先生。俺は家康ってとこか。
文化は延々と流れる。もっとも、信長も秀吉も健在だが・・・な!」

裏リング作者のコメント

「遊びで始めた裏リング、もっと悪口が飛び交うと思っていましたが意外です。
今回は理屈っぽく、いかれた展開と思われる方もいるかもしれません。
車田先生は無駄を一切はぶいたエンターティナーの極致。
本来こういった問答は本宮ひろ志の領域です。
しかし、文章のみで車田マンガを引っ張るのは大変難しく、
セリフ回しに気を入れていくしかないでしょう。
かつての車田マンガを愛していた者として「リング2」は最後の塞です。
ため息をつきながらも見守っていくしかありません。
明後日出るSJ。楽しみに待っています。」



121 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 20:17
申し分なくおもしろい。日々の生活のうるおいです。
本家同様にたのしみにしてます。


122 :名無しさん@ボクサー:2000/06/26(月) 20:31
>裏りん作者
力作をありがとう。毎日の練習にも気合いが入ります。
(俺も必殺ブローが欲しいよ。)

123 :名無しさん@1周年:2000/06/26(月) 21:21
あげ。
裏リン最高!

124 :名無しさん@:2000/06/26(月) 21:23
>裏リン作者さん
今回の巻末コメント、
「ジャンプにおける信長が本宮先生なら秀吉は中島先生。俺は家康ってとこか。
文化は延々と流れる。もっとも、信長も秀吉も健在だが・・・な!」
ってやつ。
ジャンプのオールドファンとしては、すごく嬉しかったです。

ところで、五重の塔・最上階の番人って、まさか、あの人!?


125 :名無しさん@1周年:2000/06/27(火) 09:05
敬意を表して、あげ。

126 :名無しさん@1周年:2000/06/27(火) 12:58
うーむ、なんかコミケ会場で、
聖闘士星矢オリジナルゼウス編を、
見た時の衝撃を思い出した。
頑張って下さい>裏リン作者さん

127 :名無しさん@1周年:2000/06/27(火) 20:12
>パキャッ!
>「うおおお!」「また骸骨ふんじまった〜!」
>バルカン様御一行のパロディーで笑わせてくれるリンドウ。
>(車田先生サービス満点!)

 す、スゲェよ、アンタ!今週号のSJとぴったり重なってるじゃないか!

>裏リン作者サマ

 今後、貴殿を車田Jrもしくは裏車田と呼びたい!

128 :名無しさん@1周年:2000/06/27(火) 23:43
SJ発売!サゲてはならぬ!

129 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 00:54
age

130 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 00:58
>127
ほ、ほんと??(まだ見てない)
すごいよ裏リン作者さん。このスレ保存しよっと。
ずいぶんさかのぼるけど、83の石松はすごくよかったですよー!

131 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 01:04
>裏リン作者さま
毎度楽しみに読ませていただいております。
ある意味、リンかけ2のパラレルワールドっぽいと思っております。
楽しみにしておりますので、がんばってください。

細かいこと言わせてもらうなら、総帥は影道の部下たちに敬語は使いませんね。
今回はやっぱり本宮ひろ志っぽくって車田カラーからはずれてたように思います。
でも、面白いからこれでよし(笑)!!
>中島先生って誰でしたっけ?

132 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 01:05
>聖闘士星矢オリジナルゼウス編
読みてーーっ!!
どんな話なんですか?

133 :>131:2000/06/28(水) 01:20
中島のおやっさん?って人?

134 :>265:2000/06/28(水) 06:35
裏りんあげ

135 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 12:21
本宮先生が発明した「謎の人間の存在」を引っ張る技法を
中島先生がそれに加えて、効果的なバック、色原稿で
さらにエンターティメント性を高めることに成功しました。
「お、お前は・・!」の表現は中島先生の引きの実験の結果です。

後にやってくる車田先生がまだ実験的だったアストロ球団の表現を
様式美と呼べるほど完璧になるまでに
完成させたのでが「リングにかけろ」なのではないか、
それが「信長、秀吉、家康」の例えです。

中島先生に対する車田先生のリスペクトは豪華版アストロ球団2巻の
車田先生の寄稿で明らかになっています。

136 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 18:27
age

137 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 21:26
突然あたまいい系キャラ達が一見難しい文で
問答始めたりするパターンって
車田にもあったと思うよ。

138 :やっぱ:2000/06/28(水) 22:03
もともとふけ顔の人って変らないもんなんですね。@ダンナ


139 :名無しさん@1周年:2000/06/28(水) 22:44
オレはスコパパやヘルガパパがどーなってるのか見たいね〜

140 :名無しさん:2000/06/28(水) 23:43
アシスタントが樹海の取材中に行方不明になったてのはマジ話なのか?(笑)


141 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 02:22
志那虎パパがマツゲばさばさだったのは怖いよう。
睫毛は美形キャラだけにしてくれい。

142 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 02:57
>聖闘士星矢オリジナルゼウス編
ってかなり気合入ったの描いてる人いますよね。原作に似た絵で。
複数名いるだろうから126さんがいっているのと同じかは知らんが。
私はもちろん購入。

143 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 10:03
age

144 :126>142:2000/06/29(木) 10:24
ゼウス編のあとにさらにカオス編を書いた作者様です。
多分同じ方だと思います。

145 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 16:17
アメリカにいるので、SJ連載中のリンかけ2は全く読んでいません。
しかし、いくつかのHPで2のストーリーを紹介しているので、そちらを
いつも読んでいました。しかし、これらのHPのストーリー紹介と当スレッドの
裏リングを比べると、私のツボをつくのは裏リングです。裏リング作者さんの表現力
には感心するばかりです。

135さん=裏リング作者さん、ですよね?
「謎の人間の存在」で、展開をもりあげるのは、少年まんがでは「男一匹ガキ大将」の
少年院の鬼頭、または「夕焼け番長」の影の番長あたりが原型だと考えています。
この「謎の人間の存在」をキーワードにして、少年まんが史を洗い直すと面白いのでは
ないかと思いました。

次のアップを楽しみにしております。

146 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 22:16
裏りんあげ

147 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 02:03
菊は不幸にされたのだね・・・(涙)

148 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 10:06
「謎の大ボス」の存在は読み手の心をずっと引っ張っていきます。
作家がそろっていかに引きを強めるか実験していた時代があったように思えます。
「愛と誠」の影の大番長、男組の「影の総理」
「影」と名のつくものが沢山ありますね。
おっとここはリングスレッド。
私達は同じように、
ゼウスの存在、華悪宗皇帝の存在で
毎週引っ張り続けられる幸せな時間を過ごしたことと思います。

149 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 18:12
総帥「なるほど・・・ボクシングを真剣に始めたいが、
それには三人の後見人の許可が必用と。香取君がそう言ったというわけですか。
リンドウ「は、はい。」
「俺は生まれてからずっと空虚で自暴自棄だった・・・と思う。」
「で、でも今 真剣に生きてみたい!初めてそう思った!
それは死ぬ気でもってボクシングに打ち込むことなんだ!」
総帥「ふむ・・リンドウ、普段の君の荒れた所業、
この影道の耳にも届いていないこともない。
何かに目標を持って修行に励むこと、素晴らしいと思います。」
リンドウ「そ、それじゃあ!」
総帥「許すと言いたいのですが、
これから話す私の話の内容を分かってもらえますか?」
リンドウ「え?」
総帥「はっきり言いましょう。剣崎コンツェルンは君を見放しにかかっています。」
リンドウ「・・・・!」
総帥「私事で恐縮ですが、私もかつて剣崎家に生を受けた身。
しかし後継者は二人もいらぬとの理由から影道へと出されました。」
「今、かつて剣崎家と影道家に起きた逆の出来事が起きています。」
リンドウ「逆・・・・?」
総帥「剣崎家の後継者に我が影道五代目を迎えたいとの申し出が先程ありました。」
剣崎家は後継者に君は不適格者との判を押しかけているということです。」
リンドウ「・・・・・」
総帥「剣崎家に五代目を出す出さぬは現影道総帥である私が判断する身、
今のところ何とも言えません。」
「しかし影道が剣崎家の申し出を断った時その時剣崎家は―――」
リンドウ「お、俺の家は?」
総帥「影道を滅亡に追い込むべく狡猾な方法で動き出すでしょう。」
リンドウ「な・・・!」
総帥 「そのような方法でもってしても血筋のつながった後継者が欲しい、
剣崎家の状況はそこまで厳しい立場に立たされています。」
「まずは剣崎家の君に対する失望の重さ、分かっていただけましたか?」
リンドウ「ふ・・・だから俺に家督を継ぐべくちゃんとしてってか?
へっ、ちゃんとするかは分からねえよ。
だがとりあえず甘ちゃんボンボンの剣崎クンは目標もって頑張るよ――、
今そう言ってるじゃねえか!」
「血筋だなんだとちょこまかと・・・・!」
ザッ!「 母さんにした仕打ちからして納得のいく説明だ。
見放してくれんならかえって好都合だぜ!」
総帥「ここからの話が重要です。」
リンドウ「何?」
総帥「剣崎家が君の存在を疎んじているのは先程お話したとおり。
家柄の持っている冷たさも多分君の指摘するとおりでしょう。」
「剣崎家は駄馬を嫌います。」
「すでに君を捕らえる通達が全国の剣崎グループに出ているでしょう。
リンドウを捕らえて幽閉せよ との通達、この影道にもきております。」
リンドウ「なにぃ!?」
「俺を幽閉だと!?」
「くそう、顔も見たことのねえ剣崎家のくそじじいめ!
そんなこと考えていやがったのか!」


150 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 18:16
総帥「幽閉とはすなわち俗世間に一切ふれず生涯を送ること、
すなわち君の「死」を意味しましょう。」
「リンドウ、君は目立ってはいけない。」
「 兄は本来 経済界の帝王となるべくした大器を兼ね添えておりました。
だが兄の生き方を失敗と判断する向きが剣崎家にはあります。」
「君が例えボクシングに目覚めたとしてもそれは家柄の損傷を招く――、
生きてゆくには小市民たるべく人並みに生きていく。」
リンドウ「・・・」
総帥「人並みの生き方を選べないのであるならば、幽閉――
剣崎リンドウという個性はこの世から消え去る他ありません。」
リンドウ「ふっ・・・ふっふっふ・・・・どいつもこいつも・・・・・。」
「何が影道総帥だ!
言ってることは俺にひっついてるハゲ執事と変わんねえじゃなえか!」
「もう頼まねえ!長岡だ嵯峨だ、あげくのはてにこんな薄きみ悪いトコまで来て
待ってんのは 下らねえ理屈だけかよ!」
「影道御一族様のご繁栄、心よりお祈り申し上げます――だ!
あばよ!」
総帥「待ちなさい リンドウ。」
リンドウ「・・・・・・」
総帥「外に出たが最後、あなたは捕らえられ行き着く場所は幽閉先です。
ボクシングどころではありません。」
「ここは薄きみ悪いですが外よりははるかに安全です。」
リンドウ「俺にどうしろってんだ!」
総帥「もし君が本当に修行の道を望むなら――影道拳術を享受いたしましょう!」
リンドウ「・・・な!?」
総帥「だがこの影道、後見人の立場である以上、
半端な人間に奥義を授けるわけにはいきません。」
「拳術に生きられる資質を持ち合せているのか、
小市民の資質を持ち合わせているのか――」
「君にその気があるのなら、この場で試験いたしましょう!」
リンドウ「う、ううう・・・・・・」
総帥「リンドウ、受けるか受けぬか!?どちらか答えよ!」
ドォーーーーーン!

五代目「野火、あの客人をどう見た?」
野火「順様の放つ気とは比べられる比ではありません。」
五代目「そうか。彼の屈折した心の中には
姿なき偉大な父親を越えねばならぬという気負いが渦巻いている。
父に会うことで人間の持ち合わせる最も重要な何かに気付けばよいのだが・・・・」
野火「・・・・・」
五代目「ゆくぞ!野火!」
野火「はっ!」

運命に翻弄されるリンドウ!果たして影道入門はなるのか?
次号作家取材のため休載させていただきます。

裏リング作者のコメント
「ややこしい展開。ご理解いただけましたか。
菊は実は剣崎家に歓迎されず嫁いで来た。
残された息子であるリンドウは家督を継ぐ飾り雛にしかすぎぬ。
暴れ放題のリンドウにしびれをきかした当主は同じ血をひくなら
優秀な人間を取るべく巨人の長島ばり執着心でもって動き出す。

影道再興を願い、総帥の座を襲名すべく稽古に励む総帥の息子 五代目、
そして総帥自から奥義を享受され徐々に才能を発揮しだすリンドウ、
二人には奇妙な友情が芽生えていく。
合流する伊織と五代目との闘いにおける価値観の違い。
リンドウに戦闘者の資質ありと読む伊織。
迫りくる剣崎家の魔の手(ここでは剣崎家の雇った脅威の一族とかいたりして)

しかしいつも掲示板にこんなに長々と書き込んで
調子に乗ってます。(と言いつつやってるけど)
飽きたら飽きたと言って下さいよ。」


151 :1ッス:2000/06/30(金) 20:06
 >裏リン作者様

 じつは自分、このスレを建てたものですが、もはやこのスレはあなたの発表の場です。
 どんどんカキコしてください。

 誰か裏リンを絵にしてくれないかな

152 :名無しさん:2000/06/30(金) 22:45
確かに、、。はやく絵を描いてくれー。

153 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 23:14
全然!
楽しみにしてますよ。

154 :>150:2000/07/01(土) 06:21
風魔一族が、雇われてたりして。

155 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 16:57
同人野郎にこのスレの存在を教えてやれば
勝手に絵を描いてくれたりして

156 :名無しさん:2000/07/01(土) 17:20
島村春奈嬢に頼むというのはいかが?

157 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 22:36
「横槍が2チャンネルで出ないわけがない」
と思いながらも書いてる裏リング。
ストーリーのご希望ありましたらよろしくどうぞ。

車田正美の画力、構成力ともに一番好きなのは
リンかけなら17巻、風魔なら最初から華悪宗皇帝出現までです。
というわけで自分のかつての車田熱を再発掘。
ピークの車田正美をシュミレーションし
裏リング名場面原稿の執筆を敢行中!

158 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 00:18
裏リン先生の作品が読めるのは2chだけ!


159 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 00:22
祝!コミックス1巻発売!
車田正美の後書きが熱すぎる!


160 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 22:55
裏リンあげ。

161 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 02:32
あげっ

162 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 03:44
コミックスの表紙にやたらとパンチラが多かったけど、文庫版では削られてるの?

163 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 23:26
今日発売のリンかけ2の1巻のコミックスかっちゃったよ。
後書きがナイス。
「バカ野郎、関係ねえよ!漫画雑誌がいつからガイド書になったんだ。エロ本になったんだ。漫画にしか表現できない、もっと大切なものが絶対あるはずじゃねえか。」

164 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 23:54
剣崎順誕生日おめでとうあげ

165 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 01:24
ヘルガの子供、何であんなにひねくれてんだ?ヘルガは眼鏡っ娘だから萌えてたのに。

166 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 01:59
ヘルガって・・・男じゃなかったのか・・・!?
今初めて知ったよ・・・
ちょっとショック・・・

167 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:05
>166
一応突っ込み。
んなわけねーだろ

168 :166:2000/07/05(水) 02:30
ネタじゃないのよ、今本当にびっくりしたんだって。
男だよね!?
眼鏡っ「娘」って書いてあるからつい・・・
スコルピオンのイラストに胸が描いてあった事もあるしさー。

169 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:35
>168
スコルピオンの胸は俺もびっくりした。結局あのイラストは何だったのだろう?

170 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:38
<169
あれは愛の嵐というビデオのジャケットまんまの構図なんですが、
ヘルガじゃなくてヘルガのコスプレをしているシンパの娘だと
自分解釈してました。本当に女の子だったらちょっとうれしいぞ。
クラピカなぞ目ではない!

171 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:42
ヘルガはIQ300の割には考えが浅はかな気がする。

172 :ヘルガ:2000/07/05(水) 02:47
「教えてくれ、コンピューター!」

173 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:52
IQ300もあればコンピュータがなくても暗算で計算できると思うが。

174 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:53
>170
懐かしい〜〜〜!!!
シャーロット・ランプリングだなっ!
あの服装は最高に萌えだな

175 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 03:05
>171
頭はいいが人生経験が足りない
現実にもよくある話


176 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 03:30
いや、そもそもIQテストは、特殊学級送りにする必要のある馬鹿を
見つける為のテストで、利口を見つけるのには役に立たんのだが…。

177 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 06:15
リンかけがなければフォルコメンハイトなどというドイツ語を
覚えることもなかっただろう。
しかし未だに綴りは知らない。

178 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 21:15
リンドウ「・・・あんたは確かにセンセーとしては最高だ。」
「だがここにはいたくねえ!」
「あんたの顔は親父にクリソツだ。」
「悪いが拳術 習おうったって、憎しみばかりが湧いてくらあ!」
総帥「・・・・・・」
リンドウ「俺、行くぜ。」
「誰が俺をとっつかまえようが関係ねえ!まとめてぶちくらわしてやる!」

樹海を歩くリンドウ(ややトボトボ・・・・)
リンドウ「・・・・。ゴメン石松のおじさん・・・・、またぶちきれちまった。
俺の生まれは面倒が多すぎるよ・・。」
「俺にめだつな・・・か。なぜだ?
なぜ俺がボクシングに打ち込むことがいけないことなんだ!?」
ドオオオオオオオオオ
リンドウ「滝?滝の音か?」
そこでリンドウは五代目と野火の生死をかけた脅威の特訓を目撃する。
リンドウ「な・・なにぃ・・・・!?」
ごぉおおおおおおおおおおお!
五代目「くっ!」
グワシャァアアアアアン!
ドドドオオオン!
五代目「はぁ、はぁ。」
野火「次、まいります!」
五代目「た・・たのむ!」
ギャラァァァァアアン!
クワッ!
ガコオォオォオン!
リンドウの目に写る特訓の数々。(描写はご想像で3〜4ページ分)
リンドウ「う、ううう・・・」
「うおおおおおおっ!」
思わず駆け出すリンドウ
五代目「野火・・・誰かいたな。」
野火「恐らく・・・。」

走るリンドウ「う・・うう!五代目と呼ばれるあの男の謙虚さ・・・・!
あれは本当に強くなるべく
本気で修行に取り組んでいた人間だからなんだ!」
「五代目は・・・・本当は俺と、俺と同じ境遇に生まれているんだ!」
「トップになるべくしてこの世に生を受けた俺達・・・・!」
「環境を一切呪うことなくひたすらに修行を重ねる五代目!」
「俺は・・・・・俺は・・・・・大甘だ!」
ドォオオオン!
リンドウ「総帥、総帥はいらっしゃいますか!?」
門弟「・・・・あなたは先程の・・・
総帥は奥の間にいらっしゃいます」
リンドウ「すいません!失礼いたします!」
ガバッ!
リンドウ「総帥!先程は短気おこしてすいませんでした!
どうかこの剣崎リンドウに拳術入門試験の手ほどきを・・・!」
総帥「・・・・きっと戻ってくると思いましたよ。」
「君の父親とうりふたつの顔を持つこの私を呪うこといっこうにかまいません。」
「ただ、君は兄の息子、私には○○(五代目)と同じ人間に見えぬこともありません。」
「兄が君にそそげなかった気持ちをこの影道、代わりにそそいでみせましょう!」
リンドウ「・・・・あ、ありがとうございます!」
総帥「ただこれは確認しておきましょう。
影道の修行は厳しいですがついてこれますか?」
リンドウ「や・・やります!」
バァーーーーン(向かい合う総帥とリンドウ)
―――五代目、あなたにの真摯さに勝てるまでもないかもしれませんが
道を進む者としてついていきます!―――
影道の館のバックに白い空に「うおおおおおおおおっ!」の文字

巻末車田正美のコメント
「俺のマンガには師弟関係がけっこう出てくる。だが男坂で失敗した。それは修行を終えた
菊川仁義が妙に悟っちまって、人間がでかくなろうとする
モチベーションがなくなっちまったことだ。今度の修行は描き切るゼ!」

179 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 21:24
裏リング、ハイライトシーン描きおろしたぜ!
風小次夜叉 後半あたりの画風をシュミレート!
見る奴が見れば必ず分かる!
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/5671/




180 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 23:25
河合ってどうなったんですか?コミックスしか読んでないんで。過去ログ読んでもまじなのかネタなのか区別がつきません。

181 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 23:33
179さんの漫画、スゴイです!
車田先生より上手い!

182 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 23:54
画像まで作り始めたら
ほんとに原作を超えちゃってまずいのでは?(笑)

183 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 00:05
それにしてもいい感じでしたよ。
ギャラクティカマグナムの書き方とかは今の車田より絶対こっちのがいい…。

184 :デフレパード:2000/07/06(木) 00:36
179さんの漫画、ホントにすごいです。


185 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 00:48
179さんすごくねえ?
滅茶苦茶上手いんだけど・・・

186 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 00:54
リンかけスレには愛があふれている…。

187 :>183:2000/07/06(木) 04:22
やっぱギャラクティカマグナムは「ボッ」がいいよな。

188 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 07:17
河合姉 萌え〜


189 :>185:2000/07/06(木) 07:46
すごいね…。凡百のファンなら顔模写して終わるところだよ。
コマの割り方から効果線の使い方からフキダシの形まで完璧。
恐るべしひとり車田正美と神輪会。

190 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 13:36
>186
愛があるのか

191 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 16:40
179に感動age

192 :>189:2000/07/06(木) 17:17
俺は壁のへこみ具合で猛烈に感動したぜ。
2ちゃんねるの本の別冊付録にしてもらおうぜ(笑)

193 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 09:00
何故下がる?
このスレが一番面白いと思うのに…

194 :裏リング作者:2000/07/07(金) 10:02
2chにリンク貼っただけで2日で300人越えるとは思ってませんでした。
みなさん「リングにかけろ」が本当に好きなんですね!
リンかけ2始まって以来、心に渦巻くのは
「こんなはずじゃねぇ・・・。」
呪文のように心でつぶやくうち私は封印を解いてしまいました。
しかし実にバカバカしいことやってる。
そのうち気付いてやめますんで。
でも私のレベルで満たされる人がいるならあなた、チャンスですよ。
リクエストにお答えする機会もあればと思います。
「こんなシーンがあったら・・・」←とかいうやつで。

裏リング作者のコメント
「ただいま伊織Sリンドウを執筆中!
伊織の顔は風魔調に描くと違った顔になる。
アップ楽しみに待っててくれ!」

195 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 10:10
やめないで下さい!!


196 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 11:30
あげとくぜ。

197 :裏リング作者:2000/07/07(金) 11:58
頑張りま〜す。
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/5671/

198 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 14:50
あげ

199 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 19:23
>裏リング作者さん
 やめるなんて言わずに、ドンドン続けてください。
 あなたの作品を楽しみにしてる三十路(!)の
 リンかけ好きが、ここに一人いる。

 ところで、リクエストですが、、
 麟童VS竜児は、絶対に書(描)いて欲しいです。
 かつて、天才と言われた母・菊が、自らの青春を
 捧げてボクシングを教え込んだ竜児。
 父・順をも打ち破った、偉大なる叔父には、
 ギャラクティカマグナムが通用するはずもなし。
 麟童は、果たしてどう戦うのか!?
 ぜひとも、よろしく。


200 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 19:31
菊はトレーナーとしても最高だったけど、もし男に生まれていたら
マジ最強だったと思う。リンかけ2の主人公は彼女の男性版みたいな
キャラだったら悲願達成!って感じで嬉しかったなあ。
裏リンの麟童は本編よりもヒネてないので、菊姉ちゃんの血を
感じさせてくれて嬉しい。期待してます。

201 :裏リング作者:2000/07/07(金) 19:44
>198
竜児の登場ってちょっと前のレスで
最終回間際の章で風のように現われてリンドウに啓示を与える・・・
っていうのがあったけど書(描き)甲斐ありそう。
でも先の話ですな。
(それまでこのスレもつのか?)
裏リングは責任も何もないので気ままですよ。
〆切もないし、
絵も好きな部分だけを描けばよいのですから。
わはは。


202 :過去スレで既出かも知れんが、:2000/07/07(金) 19:47
古い話だけど、昨年CX系で放映してた反町主演のドラマ
「オーバータイム」で、「リンかけ」のコミックス(JC版)が
小道具で使われてたの、皆さん、知ってます?
宗一郎(反町の役)の部屋に、ズラッと並んでた。
あのドラマの演出の人も、「リンかけ」世代なんだなーと思った。


203 :名無しさん:2000/07/08(土) 00:10
30代が今熱い!!でしょうね。

204 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 02:48
2ch史上最高のスレッドだ。age

205 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 04:25
リンかけの同人ってあるんですか?

206 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:04
<205
前に藤本秀明が描いた菊姉ちゃんが表紙の車田女の
18禁同人誌を買った。結構面白い。ヤフオクでいちまんえんくらいかな?
そういえば新井理恵が描いた風魔の小次郎の同人誌もものすごく
笑えた(やおいじゃないよ)。リンかけ本も出して欲しい。

207 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:17
やおいとか多そうだよね。美少年キャラが多いし。スコルピオン×ヘルガとか。

208 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:18
>207
眼鏡にぶっ掛けるんだろうな、やっぱ。

209 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:27
なんか危ない話になってる

210 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:34
竜児って5人の中で1番人気なかった気がする。個性なかった紋ね。

211 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:36
<207
同人女だけど、リンかけやおい見たこと無い。昔はあったと思うけど。

212 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:39
>211
ないのか、残念。かなりやおい向けな漫画だと思うのだが。

213 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:42
>212
いや、探せばあると思うな。
セイヤから入って流れていくやつはいただろ

214 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:44
聖矢ってやっぱやおい多かったの?

215 :>214:2000/07/08(土) 06:54
一世を風靡しました。

216 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 06:56
>215
さすがですね

217 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 07:02
とてつもなく

218 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 07:09
河合の同人が読みたい〜

219 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 07:38
<218
河合って書いてる時点で読む資格なし。辻本の怖い妹で抜いたら許す。

220 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 07:41
河合が1番でしょ。ぎゅっと抱きしめたくなる。

221 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 07:45
リン2ってギリシャのみなさんもフォローあるのかな?

222 :人気投票:2000/07/08(土) 07:58
リンかけ人気がピークの1987だったと思うけど、ファンロードで
登場人物の人気投票があった。河合、総帥が、それぞれ
一位、二位だった。それ以下の順位は、覚えてないけど
資料をもってる人がいたら、アップお願いします。

223 :222:2000/07/08(土) 08:07
すみません。1981年でした。


224 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 23:51
>222
やはり河合が1位ですか。
まあ当然の結果ですね。

225 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 23:58
日本ジュニアでもない総帥が2位とは・・。
まあ好きだけどね。

226 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 00:00
だから河合って誰だよ?
ジェットアッパーのお兄さんなら過猥武士だろ

227 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 00:08
>226
なぜそんなに河井を嫌う?それよりも剣崎がうざかった。

228 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:21
ジャンプで無駄に美少年キャラをたくさん描いたのは車田が最初?

229 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:27
とりあえず、無駄に5VS5のトーナメント連発を流行らせたのは車田かも。

230 :不安労働の人気投票:2000/07/09(日) 02:31
1人3票の人気投票だったそうなので
河井が1位になるのは、ちょっと納得。

231 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:33
>228
>無駄に美少年キャラをたくさん描いたのは車田が最初?

「アストロ球団」のほうが先。


232 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:36
同じ顔でもOKなのを流行らせたのも車田?

233 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:37
伊織、支那虎よりも河井に似てる気がする。だんなの奥さん、浮気したのかな?

234 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:40
伊織、母親が河井真子だったりして。
…それはイヤだなあ…。

235 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:40
>232
リンかけの後半から竜児と剣崎の区別がつかなくなったんだけど、どうすれば見分けられるのでしょう?

236 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:42
伊織は河井兄弟の子供なのか。そういえば血がつながってないものね。

237 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:47
>235
>竜児と剣崎の区別
目の描き方かな?
剣崎のほうが、険しい目つきをしているような気が。

238 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 02:52
>237
目の形もまつげの生え方も一緒です。

239 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 03:57
中学生の頃までは、全然似てなかったのになぁ。
つーか、小学生剣崎、悪人面。

240 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 03:58
>235
髪型で見分けるんだ。

241 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 04:07
>240
ほんとだ、確かに竜児の後ろ髪がはねてることで見分けがつく。

242 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 04:35
良く見ると、竜児は前髪が顔の前方へ、剣崎は後方へ向かって生えてるぞ(笑)。
でも、消防の頃、俺もたまに見分けがつかなかった…。

243 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 15:37
なかなか面白かった。続編はまだか?

244 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 15:39
age

245 :名無しさん@そうだコミックス買おう:2000/07/09(日) 22:32
あげ

246 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 23:51
すごいな、ココ。

247 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 00:56
やおいといえばジャンプ巻末コメントで車田が
「同人誌許可出すからよろしく。」みたいなコメント出した後
ほとんどの同人誌がやおいだと知った車田は数週間後
「同人誌の許可は取り消す!」と巻末コメントで書いていたね。


248 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:03
>247
あれだけやおい向けな漫画かいといて、「許可を取り消す」はないだろ。
ところでそのコメントいつぐらいに書いてたの?

249 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:07
しかしあれだけやおい全盛になったのは、
車田よりもアニメ版星矢の罪が大きいと思うのだがどうか?

250 :名無しさん:2000/07/10(月) 01:11
やっぱアンドロメダ瞬が、、


251 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:13
>249
車田の罪だと思う。あれだけ美少年キャラがいればやおいになって当然。

252 :>249:2000/07/10(月) 01:15
だよね。
原作を忌み嫌う人が多いって「ぱふ」
の投稿にもあった。

253 :252:2000/07/10(月) 01:18
やおい女はアニメから入った人が多くて
原作にはアレルギーをおこしたらしい。

254 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:20
同人人気の盛衰がアニメの放映時期と大体リンクしてたと思う。(うろ覚え)

255 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:20
>253
いい気味だ。

256 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:21
具体的にアニメのどの当たりがやおいに火をつけたの?

257 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:22
なんで原作にアレルギーおこしたんすか?

258 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:27
瞬が氷河を暖めるシーンなんてやおい女は喜んだだろうね。

259 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:32
>257

アニメはキャラデザが荒木伸吾・姫野美智で
80年代にしては古臭いけど美形ぞろいだった。

原作は好き嫌いがはっきり分かれるでしょ?

260 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 01:34
アニメ映画版星矢で、
瞬を「まるっきり女の子みたいだったでしょ」と
監督がいばっていたという話を聞いた。

261 :裏リング作者:2000/07/10(月) 20:17
予告!
裏リング!
画象第二弾!
伊織VSリンドウ!
水曜 夜 UP予定!
トビラ絵あり!
伊織の風魔タイプ・ガクラン仕様!
木刀ケース付き!
「原稿落ちたら全員ボウズだ!」


262 :名無しさん:2000/07/10(月) 21:22
うきいい
たのしみですー


263 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 21:29
コミックス買いました。
リンかけ2始まっていること知らない友人に貸したら、むちゃくちゃ感動してました。
そんで一分でも早く読みたいと、仕事切り上げて帰ってしまった。
ジャンプ全盛期世代の思いを感じました。

264 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 21:31
単行本買ったよ。

265 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 07:57
サルページ! age

266 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 13:28
ちくわの磯辺揚げ

267 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/11(火) 18:47
SJ発売age

268 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 21:52
車田先生はやおい大好きなはずだよ!
星矢の同人誌はアシに買いに行かせてたそーだし。

269 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 21:54
なんかスーパージャンプの発売日より、裏リンアップの方が楽しみだ・・・

270 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 22:52
>269 確かに。
どうせSJ読んでも、裏リンほどの感動はないような気がします。
まだ表よんでないけど。

271 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 00:13
>269 270
まぁ確かにそうだけど、それはそれ、これはこれ。
どっちかを咎めるような事はちょっと悲しい。
リンかけがなければ裏リンはないわけなんですから。


272 :遅レスですが:2000/07/12(水) 01:05
>163
コミックスの後書きよんで、
『車田〜漢(おとこ)(笑) だぜ〜!』とか思ったよね!
今の時代、ここまで媚びずに言い切ってくれると頼もしいかぎりです。

273 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 03:20
>271
モチロン本誌も楽しみなんだけど、進み方遅いんだもん。
月に2回しか掲載ないんだから、もーちょっとサクサク読ませて欲しいのだ。

274 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 08:52
カオス皇帝登場までの、引っぱり方はすさまじいものがあった。
で、出てきたら、特徴の無いハンサム君。
作画にも手抜き感が、漂いつまらなかった。その後、風魔反乱編で最終回まで、
あっという間だった。

275 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 08:53
ライバルとしての飛鳥武蔵の立場ゼロ

276 :裏リング作者:2000/07/12(水) 20:40
風魔様式ガクラン・フェチのみなさーん!
あのフォルム、あの描き込みを
伊織の体を借りて完全シュミレート!

裏リング画像編第二弾!
UP完了!
ボーナス扉ページ付き!
「新世紀にかける(やばい)橋!」

277 :裏リング作者:2000/07/12(水) 20:44
「ふっ、一応リンク貼っとくぜ!」

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/5671/

278 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 21:02
age


279 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 21:03
age

280 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/12(水) 21:24
「スペシャル・ローリング!!」のコマが最高でした。

281 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 21:38
あいかわらずの凄さに脱帽です。
本家以上の車田節に感動と笑いが止まりません・・・
このまま突っ走って下さい! >伊織VSリンドウ

282 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 22:19
うっ…上手すぎる…。
涙でにじんで見えません…

283 :名無しさん:2000/07/12(水) 23:03
age


284 :感涙・・・:2000/07/12(水) 23:50
本編よりも楽しみです〜!!
あの集中線の美!あれこそ車田様式ともいうべき
モノなのに・・本編は〜!(泣)
※今週もSJ買って、がっくりきている自分…

285 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 02:49
保存あげ

286 :すごい:2000/07/13(木) 10:00
すごい、凄すぎる!裏リング作者さん、凄すぎるぜ!!!

裏リング作者さんに、いちリンかけファンより希望って、言ったら
怒られるかな?

最強の世界連合ジュニアのジュニア(変な日本語だ)で
伊織、リンドウ、スコルピオン、ヘルガ、5代目は揃ったわけだが、
フランスのナポレオンのジュニアがいない!!(某掲示板に河合は
独身とあったから、河合ジュニアはこの際あきらめて・・)

ナポレオンのジュニアを見てみたい気がするのは、俺だけだろうか・・・


287 :裏リング作者:2000/07/13(木) 13:54
>284
よくお分かりですね!
そうです。
車田マンガの車田マンガたるゆえんは集中線にあったのです。

定規とペンの関係を見切り、
Gペンで一定の太さの線を自分の思った距離に一発で引けること――
しかも疾走感のある線を引く!
そこには一瞬の時間が内包されています。

往年の車田表現でその極致は今回の「スペシャル、ローリング――!」
の線でしょう。(あの線の開発者は中島先生。→朝太郎伝参照)

私は中学時代、線を見切るためにパワーリストを装着して毎日
定規との闘いを敢行しておりました。
パワーリストをはずした時、高嶺竜児と同じく動きが速くなった覚えがあります。

ウソですよ。

288 :裏リング作者:2000/07/13(木) 15:08
河合邸を訪ねる石松
石松と対峙する河合。

河合「久しぶりですね・・・石松君。」
石松「忙しそうだな・・・河合。わりぃが ちと顔、借してくれ。」

長岡の町を歩く二人。河原へやってきた。
ザスッ!腰を下ろす石松。後ろに立つ河合。

石松「奴は来たか?それともまだか?」
河合「リンドウですか・・・・?フッ・・来ましたよ。血相変えてね。」
石松「そうか・・。あいつが何をやらかしたかはだいたい想像がつく。
ひともんちゃくあったろ?」
河合「フフフ・・・うちの壁を壊して出て行きましたよ(画像版裏リング参照)。」
石松「フッ、馬鹿が。で、河合、許してやったのか?奴のボクシング体得の希望を」
河合「僕は人が見えぬ運命に左右されるのはたまらないタチですから・・・・。
ただボクシングをやるには頂点を極めねば剣崎家の家柄がそれを許さない。」
石松「そして奴の資質を試した結果・・・・・壁が壊れた――か。」
「どう見た。奴を。」
河合「どうもなにもありません。」
石松「・・・・・・」
河合「人は自由に生きるべきです!」
(バックに阿修羅編の切り貼り。)
立ち上がる石松
「フッおめえがそれを言っちゃ、重すぎて何も言えねえ。」
「ありがとよ。河合、リンドウは嵯峨、青木が原、どっちに向かったか知らねえか?」
河合「フフフ・・彼は用件のみしか言いません。すぐ出て行きましたよ。」
石松「そうか。」
「河合・・・・元気でやれよ。」
河合「石松君も。」

ひとり歩き出す石松
「河合、おめえが逆境にたった時救いがあったのは、トモダチに恵まれたことだ。」
「ノスタルジーにひたる・・・・か。確かにそうかもしれねえ・・・・な。」

ゴォオォオオオオオオ!
グワシャァ!

リンドウ「ハァ、ハァ、」「うっ」(リンドウすでに影道の道着、グローブを着用)
ドドォォォォン!
総帥「リンドウ、今日はこの辺にしておきましょう。」
リンドウ「あ・・ありがとうご、ざいま、した。」

ここからはもうケンカ鬼との特訓をホウフツさせる地獄の特訓が
スピーディーな車田調コマワリで展開だ!

日々生傷の増えるリンドウ。
影道の体の傷の意味はハードな特訓にあった。
リンドウにもザジの位置に傷ができた。

ドゴッ!
バキッ!
グワシャアアアアン!
リンドウ「あ、りが、とうござい、、ました。」

バコォォォン
総帥「リンドウ、今のでよろしい。」
バキィィィ!
スシィィィン!
リンドウ「ありが・・・・」

廊下をよろめいて歩くリンドウ「ハァ、ハァ、」
布団に寝転ぶ音。
会話を思い出す。


289 :裏リング作者:2000/07/13(木) 15:09
リンドウ「総帥は剣崎家が憎くないのですか?」
総帥「憎む?フフフ逆境を呪う時間は結局何も生みはしないのです。
与えられた環境は天命と悟らねば人は前には進めません。」
リンドウ「・・・・・」
「俺の家はあなたの息子を奪おうと画策中だって話だ。
俺にかまっていて・・・・本当にいいのか!?」
総帥「生命力強き人間はどんな場に生まれどんな場で生きようと
必ず頭角を現します。
影道を存続するか否かは時期総帥の彼が彼なりの判断をするでしょう。」
「私はすべて事情を話した上で君との日々を送っているのです。
それで十分だと思いませんか?」

石松「自分が駄目なのを人のせいにするんじゃねえ!」
河合「いいかい。生まれを決して呪ってはいけない。
呪わねばならぬ時
大切なのは心を許せる人をひとりでも多く持つことだ。」

泣くリンドウ「うっ、ううう・・・」


総帥「今日で君との特訓は2週間を過ぎました。
君の天分は荒削りではあるが
この影道が関わった人間の中でも指折りです!」
「表に出ましょう。」
リンドウ「う・・・」
総帥「フィニッシュブローを打ってみなさい。この影道に!」
リンドウ「 !」
ザシャアッ!
リンドウ「い、いきます!」
ゴゴゴゴゴ・・・
ザウッ!
ボボボッ!(ここは敢えてギャラクティカとは言いませんね)
BAKOOOOOOOOOOOOOOOM!
飛ばされる総帥!
ドオオオオン!
リンドウ「総帥ィ!」ダダダダダッ
リンドウ「総帥!」
総帥「見事です。リンドウ!
君のフィニッシュブロー、
兄の打ったものに引けをとらぬレベルに達しました。」
ザッ!
総帥「リンドウ!地獄谷へ向かいなさい!息子と野火が特訓中です。
今度は二人に交ざって特訓するのです!」
リンドウ「な・・・・・!」
「総帥・・・・・!あ、ありがとうございました!」
「行きます!」ダダダダッ!

一ページ総帥。
12神戦でよく出た空を見上げた構図で。バック剣崎。
「兄さん・・・私は苦悩する若き魂を放ってはおけませんでした。
時代は変わりつつあります。
若き力が世を動かす。
息子もリンドウもその担い手です!」

五代目、野火に合流するリンドウ!そこへ現われた謎の人物!もう、一週も目が離せない!

巻末車田正美のコメント
「最近、かつてないほど仕事をしている。俺って偉いな〜!」

裏リング作者のコメント
「最近、かつてないほど車田マンガにたいしてノストラジックになっている。
俺って馬鹿だな〜。」
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/5671/

290 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 17:52
>河合「人は自由に生きるべきです!」
>(バックに阿修羅編の切り貼り。)

ううっ…ここ好き…。
多分遠い目をして言った事でしょう…。
その場面場面が容易に想像出来て、
裏リン作者さんの表現力にもただただ脱帽です〜。

291 :すごい:2000/07/13(木) 19:48
謎の人物!登場!!すごい、まさに車田先生のひっぱりだ。
きっと黒塗りの人影で・・・まるで、ページが目にうかぶようです!
裏リング作者さん、もう一週も目が離せないです・・・。

292 :松田鏡二:2000/07/13(木) 21:00
「影道流ボクシング心得、ゴングが鳴ったあとでも油断するな…でしたよね、先生」
というセリフきぼう。

293 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 22:44
感激。
がんばって続きを書いてください。

294 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 23:06
スゴいですね。頑張って下さい。

295 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 23:08
リングに掛布

296 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 23:28
河合の台詞いいね〜〜〜、阿修羅編のアホらしさは
河合のこの台詞のためにあったのかと思うと全て許せる!


297 :名20年前のろーでぃすと:2000/07/14(金) 00:11
阿修羅のキキとララは出ないの?(笑)

298 :297:2000/07/14(金) 00:13
「名」消すのミスったです、ごめんなさい

299 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 00:16
麟堂は親父と違ってひょうきんな一面があるから好感が持てる

300 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 00:22
フランスチームがかまいたちを使っていた頃が懐かしい。今となっては遠距離攻撃なんて・・・。

301 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 02:59
遅いレスですが、>>157 これは私も共感しました!
車田直撃世代(オールド)なら、共感する人も多いのでは……?と勝手に思います。

裏リン、本物どちらでもいいですが、
いつか、石松がリンドウの為に命懸けで戦い、
遂に決死のハリケーン・ボルト炸裂!というシーンが見たいです。(笑)

 何故か、スパイラル・ハリケーンは、ぽんぽん撃って欲しくないんだよなあ。
 俺だけかな…。凄かったはずの技のデフレ化って悲しいし…。
 (で思い出すのは本編の、ダンナ円月拳乱発。あれは誠に残念なり)
 あ、でもスカイ・トリプル・ダンシングなら是非見たいです(笑)

これからも、ご本人のツボな所だけ抜き書きでいいですので、
ヒマな時マンガと文にして見せてくだされ。
機会があったら是非コミケでお会いしたいス。 >裏リン作者の兄貴

302 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 03:45
すごく面白いんだけど、「河合」じゃなくて「河井」じゃなかったけ?
わざとだったら悪いんだけど。

303 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 08:46
さがってるぞぉぉぉぉぉぉ

304 :裏リング作者:2000/07/14(金) 14:13
こんにちわ。
「いつから日本はこんなになっちまったんだ。」
石松も嘆いていましたが、
このスレッドのみなさんはとっても優しいレスばかりで驚きです。

本家あっての裏リング!
ですが私の遊びの原動力はみなさまのレスがすべてでございます。
こんなの無視されたら第一回で終ってますし、
ましてや絵なんぞつけたりしません。

あしたのジョーではないですが
今回のこの企画で私の車田道、
20年余くすぶっていた何かを灰にするいい機会だと思っています。

305 :裏リング作者:2000/07/14(金) 14:29
「みんなで作ろう裏リング」

次回画像裏リング「五代目登場!」大増8ページ予定。
こうなったら本気で遊びましょう。
ニセ神和会。
神奈川近郊にお住まいの方、いっしょに裏リングを描きませんか?
そんなヒマ人いねえだろうな・・・
(↑私も決してヒマ人の毎日ではありません。)

一応条件
1、気合の入った集中線の引ける方。
気合の入ったカラス口で集中線引ける方。
2、気合の入った影道一族の腹筋、風魔調ガクランを網かけで描ける方。
3、気合の入ったカミナリ背景描ける方。
3、気合の入った木刀を使える方。
4、気合の入った島村春奈本人。

影道Jr(五代目)は
本家とは別バージョンで勝手にデザインします。
こっちにはアイデアが一応あるのですが、
こんな顔がいいっすって方、いらっしゃいましたら
裏のメールで送って下さい。

306 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 22:36
条件4に大笑い。
そっか、島村春奈じゃなかったんだぁ。

307 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 23:08
裏リング作者って何者なの?

絵も上手いし、車田のゴーストライターになれるよマジで

308 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 06:57
SJ読みましたが、裏リンとごっちゃになって、一体なんだからよくわからなくなってきた。
表影道総帥もやはり5代目なのかなあ。


309 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 08:13
春奈嬢は今どこに?

310 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 08:25
島村春奈が、男坂に登場したときには、正直がっかりした。
熱狂的ファンの代表を出して、もろにウケねらい。
あっ、そうか! このころもう人気なくて後ろをうろうろしてたから、
作者としてはテコ入れのつもりだったんだ。祝「蜜柑」

311 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 11:12
春奈さんて日航機の飛行機事故で亡くなったんじゃなかった?
ファ●ロ●ドに記事が載ってた気が。
違ってたらごめんなさい

312 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 13:56
>311
亡くなったのは点描の上手な若い女性でした。
春名姫は今なにしてるのでしょうか?

313 :裏リング作者:2000/07/15(土) 14:40
私の車田シュミレーションの最高潮は
なんといっても中学時代でした。
巷の車田小僧が大学ノートに漫画描いて受けてるのと同じく
勝手にリング漫画、
勝手に風魔漫画の毎日。
たまった大学ノートは100近く。
(こんな少年、少女くさるほどいたでしょう!)
今読み返すと笑いが止まりませんが。

結局、星飛雄馬の野球ロボットよろしく(古いたとえでゴメンす)
車田ロボットになった自分に嫌気がさしました。

剣崎のセリフ「男なら自分自身が英雄になれってな〜っ!」、
つまりフォロアー、シンパどもになり下がった時、人は英雄にはなりえません。

2が始まった今、再び始めたこの遊び、
私の会得した車田道(略して車道とでも呼ぶか)
奥義の全てを駆使して
私自身を葬り去りましょう。

314 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 14:50
誰か、車田にここの存在教えてあげれば?
あの人はパソコン使えるのかな?

315 :>313:2000/07/15(土) 15:15
>男なら自分自身が英雄になれってな〜っ!
これ私の一番好きな台詞です。
記憶では、ルビが振ってあり、「テメエじしん」だったような。
作者さんの好きな台詞を教えて下さい。
「フッ!」は、無しで。

316 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 15:23
ヘルガの子供がノートパソコンを使用していることに時代を感じた。以前はばかでかいコンピューターだったのに。

317 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 00:45
>314
 同意見!
 アシさんでも編集さんでも良いから、ホント誰か教えてやれって感じ。
 ヒキだけでもってるだろ、表・・・。

318 :名無しさん:2000/07/16(日) 01:14
>317
いや、それでうっかり訴えられたら怖いから、
やっぱりこのまま僕らのオアシスとしてそっとしておこうよ。
なんて思うのはだめ?

319 :>318:2000/07/16(日) 04:30
普通は感謝すると思うよ。
訴えられたりしたら、痛い作家として2ちゃんねるで語られることでしょう。
でも確かに教えても、あんまり意味がないと思う。

320 :裏リング作者:2000/07/16(日) 21:36
出ました。
訴訟に関する事項!
ちょっと調子に乗って
頭ひとつ飛び出ると付いて回るこの問題。
引き際もヒタヒタ迫ってきた感があります。

何件か存在する車田HPの中、
悪口暴言適当に飛び交うこのリング掲示板こそ
正直に作品を映し出している鏡であると言えると思っています。
(シンパにならない客観的なレベルは丁度いいですよ。)

私もここに並ぶレスと同様、
現在の車田作品に大きなため息をつき
「いっしょに夢でも見れればいいのう・・」
そんな意味で立ちあげてしまった裏画像ページ。
私の車道、カラー原稿等、
裏技がまだまだ残されているのですが
予告した分はとりあえず描かせていただきましょう。

リークはもうちょっと待っておくんなまし。
(甘いかな?まぁ、半分覚悟決めて2CHで与太ってるわけだもんな・・)

こんなコメントすることじたい偽者を呼び込む要素だったりして。


321 :裏リング作者:2000/07/16(日) 21:48
>315
好きなセリフ。
いまだ日常で使い、周囲の失笑を買っているのが
実録!神輪会で本宮御代が言った
「わいの我慢も限界じゃ〜!」ですよ。
あとフランス戦で出た
「石松がいっとう悪い!」「泣くなっつうの!」とか。

「男だったらてめえ自身が・・・」
これは深いお言葉です。
一部の敏感な少年少女はこのセリフから
意味を読み取り動き方を変えたことでしょう。

322 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 21:54
>作者様
引かないで下さい。
往時のファンロードなんて、訴訟の要素ぎっしりでしたけど。しかも、それで利益を得ている。


323 :ミズ・シャネル:2000/07/16(日) 23:20
好きなセリフ・・・

「君の汗をふかせてくれないか」でしょ やっぱし。

頑張ってネ 裏リン作者さん。いつも楽しみにしてますです。

324 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 01:45
河井の姉の名前が「真子」というのは、
どこからの情報なのか知りたいです。

325 :sage:2000/07/17(月) 01:49
さげ

326 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 01:54
sage

327 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 07:03
 うろおぼえだけど好きなセリフ
この俺にとって無敗ということが唯一の勲章だった。
その勲章が失われるとき、それは・・・

この剣崎順が死すときなのだ!(ばーん)

328 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 11:58
ザシャアッ!

329 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 22:18
>326
逆らうようにage



330 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 23:06
>321
>あとフランス戦で出た
>「石松がいっとう悪い!」「泣くなっつうの!」とか。

私もこれ好きですよー。あの頃の旦那と石松のコンビって楽しかった。
石「自分がもてねぇからってひがむな」とか言って(うろ覚え)
旦那の背中叩いてた時もありましたよね。
現在のリンかけ2での2人は…悲しすぎる…

331 :名無しさん:2000/07/18(火) 14:43
あげ?


332 :裏リング作者:2000/07/18(火) 18:11
剣崎コンツェルン・コンコルドクラブにて
一番偉い人が(つまり順の父上、リンドウのじいいちゃんね)
豪華な会長室にいる。後ろに強そうな男三人。(二人がでかい。一人が細身)

会長「執事・・・・リンドウの消息はまだつかめんのか?」
執事「申し訳ありません、会長。
リンドウぼっちゃんがああなったのは全て私の・・・・・」
会長「よい。
順の血が流れておるリンドウは
本来、 王となるべくした気高い生き方ができるはずじゃったがのう・・・・」
「 あの、自堕落な生き方は全て高嶺という駄馬の血。
そして、リンドウを誘拐し勝手に育てた順の悪友のせいじゃ。」
執事「いえ、けっして誘拐など・・・」
会長「よりによってTVなどで醜態をさらしおって!
あのうつけにはほどほど愛想がつきたわ。
剣崎コンツェルンは総力を挙げて影道のせがれを身内にしてみせよう。
血がつながりしかも優秀な人間が身近に存在したというのはせめてもの吉報じゃて。」
執事「それでは、本当にリンドウ様を・・・・」
会長「それから執事よ・・・・!貴様の不穏な動きなど、
この剣崎とうに全て承知していると思え。」
執事「!」
会長「貴様が順の悪友の家にいまだいりびたっていることは、全て調査済み。
ちと調子に乗りすぎたようじゃのう。
貴様はリンドウに仕えておるのではない!
剣崎家に仕えておることを忘れたか!」
執事「う・・・っ」
会長「リンドウ捕獲の情報をあの悪友にもらしたな?」
執事「い・・・いえ・・」
会長「剣崎家への忠義を忘れた貴様はもう用済みじゃのう・・・・・。
今までご苦労だった。ひったてい!」
二人の男に抑えられる執事。
引きずられる執事。
執事「会長!リンドウ様は本来心根の優しい方です!どうかリンドウ様にお慈悲を!」
ズルズル・・・・・バタン!

会長と細身の謎男(当然前髪で顔かくれてます)
会長「あのうつけが青木が原にいるという情報は本当かの?」
細身の謎男「はっ。部下のつかんだ情報、間違いはないかと・・・・」
会長「よかろう。人間を送り込むのじゃ。
ただし影道に悟られてはならぬ。
あくまでうつけ一人を捕獲するのじゃ!」
細身の謎男「はっ。」

さて舞台は地獄谷。
大滝にて三人が対峙する。
ドオオオオオオオ!
ボロボロの五代目がボロボロのリンドウを見据える
「・・・・・なるほど。剣崎君。ここで我らに交じって修行せよとの父の通達
しかと承知しました。」
リンドウ「よろしくお願いします!」
五代目「野火、かまわんか?」
野火「五代目の意志は私の意志。全力をあげて技の伝授をつとめましょう。」
五代目「それにしても剣崎君・・・なかなか精悍な顔立ちになりましたね。」
リンドウ「・・・・・・」
五代目「ちょうど私は自己特訓に入ろうとしていたトコロです。」
野火には悪いが・・・・・・」
野火「リンドウ様のお相手は私がいたします。」
リンドウ「・・・・」

ゴオオオオオオオオッ
(特訓とは絵柄がすべて!セリフで表現するものではありません。
ここは遊びますがかんべんちょ)
野火「総帥直々拳術の教授に当たられるなど普通では
考えられないことですが、
リンドウ様は それを乗り切った人間として
この野火特別に敬意を持って指導に当たりましょう。」
「私達は奥義体得にやたら長い時間をかけることはしません。」
リンドウ様にお付き合いできる期間は2週間。
14日で私の教えること全てを体得していただきます。」
「心得は全部で108つ」
リンドウ「はい!」


333 :裏リング作者:2000/07/18(火) 18:12
野火「ただし、リンドウ様の命が14日間もてばの話ですが・・・」
「影道の心得その一!けっして相手から目をそらすな!」
ガコォォオオオオオン!
リンドウ「うごっ!」「ぐっ!」ドシャア!
野火「目をつぶらぬこと!目をあいていなければ相手の攻撃は見えませぬ!」
グワシャア!
野火「影道の心得その2!敵の攻撃を受ける場合は決して後ろに下がるな!」
ドムドムドムドム!
「まうしろに下がれば道は閉ざされる!」「ぐぐっ!」
「あなた様の場合は崖っぷちです!」ガシィ!
ダダァアアアアアン!
野火「上がってきなされ。」はい、手を差し伸べました!
リンドウ「ううう、野火さん・・・」
野火「その3!」
「敵に利き腕をあずけるな!」
バキィ! ドカッ!ダン!

自己特訓に入る五代目。
参照(電圧室にこもって特訓の剣崎、→野山にこもって特訓の五代目)
ザッ!バシュウ!「はぁ、はぁ・・」
4ページ分イメージ。

野火「その18!敵の攻撃は紙一重の差でよけろ!」ドカっ!
「そんな大きな動きでよけていては攻撃ができません!」
リンドウ「うわわ」
野火「拳術とはすなわち攻防一体。」
「攻めなくば勝利はなしです!」
ガコオォオオオオン!
「立ちなされリンドウ様!」
「野火の拳術指導、まだ始まったばかりです!」
「立ちなされ!」
「立ちなされ・・・・・・」
ゴォオォォオォ・・・・

リンドウ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ・・」
野火「よろしい、今日はこの辺りにしておきましょう。」
ドドォオン!
クワッ ピタァ!
リンドウ「心得その21・・・・
戦いが終った後でも油断するな・・・・でしたよね。野火サン・・・・」
ニコ・・・・
野火「こ・・・この男・・・・拳術の天分は粗削りながら五代目に匹敵する・・・・!」
「恐るべき順様の血・・・、そして高嶺竜児の姉・・・・!」

そこへ体を引きずりながら現われる五代目。
野火「五代目!」
五代目「の、野火・・・・どうだ、この男の才能は・・・」
野火「こ、この男は・・・・」
夕暮れ、三人の男のシルエット。

・・・・・なぜかリンドウに肩を貸す剣崎順・・・・・・
リンドウ「て、てめえ!俺に触れるんじゃねえ!」
無言の剣崎
リンドウ「てめえに肩借りなくても歩けるんだよ、俺は!」
「離れろ!」
「離れろってんだ・・・・・・!」
・・・・・・・・「ハッ、」・・・正気に戻るリンドウ・・・・・・・
リンドウは五代目の肩を借りていた。
リンドウ「五代目・・・・・・」
無言の五代目。
五代目の肩を借りながら夜道を歩くリンドウ。
半分シルエットの二人、見開き構図。
(バックに虎と竜の絵&カミナリでおわり)

拳術に磨きをかけるリンドウ!
業を煮やした剣崎家!送り込まれた刺客の正体とは!?
裏リング(いっつも無理矢理)最高潮!

裏リング作者のコメント
「絵柄のノリがけっこう良くなってきた。
久しぶりに描く影道はホントに懐かしいぜ!」


334 :にーちゃん:2000/07/18(火) 18:14
必殺技をだすときのあついセリフにしびれてます。
よくまねしてます。
でもなかなか本屋で立ち読みしてるだけなので覚えられらいので
かっこいいのアップ希望。

335 :名無しさん@1周年:2000/07/18(火) 18:21
感動のあげ

336 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/18(火) 18:41
男坂ファンとしては参照のage

337 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/18(火) 18:42
336ッス。 自己訂正

 参照→賞賛

338 :名無しさん@1周年:2000/07/18(火) 23:40
麟堂「それでチョコでもかいな」
って2万円日本チャンプにくれてやってた。
親父を嫌ってるくせに親父と同じ事をするな!

339 :あげ!:2000/07/19(水) 00:07
心得その3とその21に大笑いです。
コレですよコレ!(笑)

340 :麟堂:2000/07/19(水) 00:25
ったく。今の日本の女はブスト化け物しかいねえのか。

341 :アゲ:2000/07/19(水) 00:34
最高!

342 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 00:40
すたんでぃんぐおべーしょん。
JC全巻セットで古本屋に売ってないかな?
また読み直したいっっ!

343 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 00:40
三条一菜ってアテナ沙織にそっくり。あの顔のせいで位置菜の性格がまで悪そうに見える。

344 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 00:41
>342
つい最近全巻で4500円で売ってたよ

345 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 15:41
久々に胸があつくなったぜ!!

346 :名無しさん@1周年:2000/07/20(木) 14:45
age

347 :名無しさん@1周年:2000/07/20(木) 19:59
オリジナル総帥の息子の絵が楽しみだ!

348 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 09:26
age

349 :裏リング作者:2000/07/22(土) 10:08
スパーリングをする五代目とリンドウ
「うおおおおっ!」ピタァ!
(初めての相打ちに自分を疑う表情のリンドウ)
野火「相打ち!この男、そ、底が知れん・・・・。」
「剣崎家の不穏な動き、この野火も察しておる。
目の前の男はその剣崎家の人間ではないか・・・・!」
「総帥の真意は一体・・・・!?」
五代目「剣崎君、もう一度です!」
リンドウ「はいっ」
ザウッ シュバアアアン!
ガカァ!(ひとすじの閃光!)

霊峰富士に剣崎財閥が設営した12神戦での特設リング。
今では草だらけ。ツタがからまりロープが切れ
リングそのものが朽ち果てている。
ヒョォオォオオオォォ・・・
そこに立つ一人の男。→それは伊織クンよ。

伊織「古戦場か・・・。かつて父も参戦したと伝え聞く伝説の12神戦・・・
しかし、これだけ歩き回っていまだ影道の輩にでくわさんとは。」
「このような場で武術を研鑽せんとする人間が本当にいるのか・・。」
「むっ!」
ザシャァ!
影道のザコ2〜3人登場。

影道2〜3人「みかけぬお顔ですが・・・・どのような用事でこちらへ?」
伊織「ふっ、貴様ら二軍の顔つきを見て影道の能力、すでに見切った。」
「影道、すでに衰えたり・・・」
影道2〜3人「何を言っている、貴様?」
伊織「影道には頭を含めて 戦闘者などいないということが分かった、そう言っているのだ。」
影道2〜3人「口の利き方に気をつけろ・・貴様。」
「我々が戦闘者か否か試してみるか!?」
ガバァァァ!(殴りかかる影道2〜3人)
スッ・・・・
虚しく影道のパンチは伊織の体を突きぬける。

伊織「貴様らごときにこの志那虎がいちいち相手をしてやると思うか。」
「貴様らの本陣に剣崎リンドウという男がいるはずだ。そこへ案内しろ。」
顔を見合わせる影道

リンドウ、五代目、野火
野火「お疲れでした。五代目、リンドウ様。私の得るものは全て享受いたしました。」
五代目「ごくろうだった 野火。」
リンドウ「五代目、野火サン・・・ホントありがとう。
お、俺 最後に総帥に礼を言いたいんだけど・・・。」



350 :裏リング作者:2000/07/22(土) 10:09
シルエットの三人のバックに霊峰富士。

影道本陣にて
総帥の前にリンドウ、野火、五代目。
総帥「野火、ごくろうでした。
影道五代目の能力、五重の塔、最終試武に対応できますか?」
野火「私が享受する技はもうありません。」
総帥「そうですか。」
リンドウ「・・・・・。五重の塔・・・はるか昔 高嶺のおじが登り野火サンと戦ったといわれる
五重の塔か。五代目がそこへ登る?」
総帥「そして剣崎リンドウ、この男の潜在能力、
いかほどまで引き伸ばすことができましたか?」
野火「同じく、この野火の技術、全て教え込みました」
総帥「ほう・・・。」
しばし考える総帥。「息子よ、席をはずしなさい。」
五代目「はい。」
奥の間を去る五代目。
総帥「リンドウ君、ひとつ願いがあるが聞いていただけますか?」
りんどう「・・・・、何でしょう?」
総帥「明日行われる
影道五重の塔 最終試武の最上階の番人を君に務めてもらいたい!」
野火、リンドウ「!!!!」

霊峰富士に風
ヒュォオオォォォオォォォ
(車田先生は風景を入れることで時間の経過を示している)

リンドウ回想。
激化する特訓のひととき。
星を眺めながら座る五代目とリンドウ。
リンドウ「五代目、俺ここへ来て道を進む意味がいままでより深く分かった気がする。」
五代目「ほう・・・・」
リンドウ「俺、この特訓が済んだら今度こそ本当に家に帰ろうと思う。
俺がここでウロウロして
これ以上総帥や五代目、野火サンに迷惑かけたらたまんねえや。」
「五代目が影道にかけるように 俺も剣崎家に・・・・かけてみようかな。」
「バカはバカなりに一生懸命やってみるよ。」
五代目「・・・・・・。剣崎君、君は少なくともバカではない。
私は人間の振る舞いに無駄なものなど何もないと信じています。」
リンドウ「・・・・・・。五代目、この特訓が済んだら一つお願いがあるんだ。」
五代目「何ですか?」
リンドウ「それは・・・・・・、特訓が済んだら言っていいかな?」

ゴォオオオオ!
ひとり立つリンドウ
リンドウ「五代目、あんたの拳術にかける真摯な気持ちは
この俺を葬り去るべく、冷徹に立ち合うだろう・・・。」
「だが、ここまできたら俺も負けないぜ!」
「この俺が道を進む人間たるか否か―――」
クワッ!
見開きでポーズ。
決めゼリフ「この剣崎リンドウのギャラクティカ・マグナムを受けてみろ!!」
バァ――ン!

裏リング作者コメント
「文章は全部 絵に出来るんだが時間がない。
もっと昔にネットがあったら燃えていたと思う。」


351 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 15:25
待ってました!!!
つーかすげぇよ・・・。
超ワクワクする展開で読みいってしまいました!!
麟童VS五代目!!!どうなるんだーーー!!??

本編ともども、本当に楽しみ!!
この展開まじ面白い・・・俺は作者さんを尊敬する!!

352 :あげ:2000/07/23(日) 00:40
五代目の名前がないってのもなんか裏っぽくて好き。

裏りん作者さん、頑張ってくださいね


353 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 02:20
麟堂は父親が嫌いなくせに、なぜギャラクティカマグナムを使うんだ?尊敬している石松の親父のハリケーンボルトを使うべきだ。

354 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 02:41
なんか、裏リングのHPが関係者にバレると訴えられるとかいう
書き込みがあったけど、それは無いだろう。
そけだと、同人ものが全部ダメになる。

最悪訴えられたら、車田の方がニセモノでこっちが本物だと言えばいい(笑)


355 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 03:28
ずっと昔から疑問だったんだけど
車田って萩尾モト作品が好きなのかな・・・

阿修羅編とか、「百億の昼と千億の夜」の影響がモロ出だし・・・。

356 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 08:50
感動した。今後も期待する。



357 :名無し:2000/07/23(日) 09:23
たかがマンガ、たかが車田、たかが創作パロディ。
されど一流。ウィニング ザ レインポーのごとき輝き。
敬意age

358 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 09:46
「神技的ディフェンス」で、著作権をかわせ!!



359 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 22:16
age


360 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 23:25
いまさらだけど麟堂っていい名前だ。

>なんか、裏リングのHPが関係者にバレると訴えられるとかいう
車田がそんなダセェ漫画屋じゃないことを信じる!!

361 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 13:01
あげよう



362 :裏リング作者:2000/07/24(月) 13:18
週刊版 風魔の小次郎データファイル第一話
UPしました。
暇を見て随時 細かく掘り起こしていくつもりなので
豆にチェックしてちょ。

363 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 21:02
>風魔の小次郎データファイル

すげえ。つーか新たな感動。

364 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 00:10
なんかもう、すげーよ!!
リンドウ、かっこいいぜ!
5代目との対決、めちゃ楽しみです!裏作者さん!!

365 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 03:44
展開が楽しみ



366 :裏りんファン:2000/07/25(火) 19:54
今週の本編いいじゃん。

367 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 20:53
俺も今週の本編はよかったと思う。
いよいよ、麟童が影道五重塔へ挑む!
期待しとこ。


368 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 00:04
 なんか、本編のハナシって久々だね。

369 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 00:27
まだ見てない、本編!!
あの総帥は息子なのかー!!
明日が待ちきれないっす

370 :五代目の顔:2000/07/26(水) 00:34
顔に傷ありましたわ(笑)
息子だとすると、洵(字間違ってたらごめん)様のお相手って・・・。

371 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 03:29
殉さんです。

372 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 05:02
>370
テンパの女の子でしょう(JC11巻参照)




373 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 06:55
ネネさんですね!

はっ!
ジュンとネネ!!!(笑)

374 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 08:46
そして、子供の名前は
リンリンランランか!!!(笑)
(麟麟嵐嵐)



375 :裏リング作者:2000/07/26(水) 14:28
シナトラ邸へと足を運ぶ石松
門の前にて
石松「ゴメン下さい。」「ええと、君は家の方?」
石松の声に反応する女性。それは美しく成長した双葉だった。
双葉「は、はい。」 なぜか瞬間的に顔を赤らめてもの言う双葉。
「あなたは確か日本ジュニアの・・・・」
石松「俺、香取石松ってもんです。」
双葉「わたくし、妹の双葉と申します。」
「お、お噂はかねがね・・・。あ、すいません兄に御用事ですね。」
「呼んでまいります。」
「おにいさまぁ〜」「アッ!」と、石につまずく双葉。(車田マンガはベタなのだ)
石松「危ねえ!」 双葉を支える石松。 ますます赤くなる双葉。
(見つめあったりなんかしたりしてる・・・)←車田マンガはベタなのだ!
「あ、すまねえ。」
そこへ志那虎登場。
シナトラ「石、何やってんだ?」
双葉「おにいさま、香取様はつまずいた私を支えようと・・・」
シナトラ「ほう・・・・」
双葉「どうぞお入り下さい。」
「私、お茶入れてきます!」慌てて、タタタタ・・・・
シナトラ「石、双葉のやつ取り乱していたぜ。」
「お前も隅におけねえな」
石松「ば、馬鹿を言え。」「俺はリンドウを追ってきただけだ。」
シナトラ「リンドウ・・・・・・か」 以下 真面目モード

道場シーン「めーん!」お茶を持ってくる双葉。

双葉「どうぞ。」
石松「わざわざすまねえ。」
「そうか・・青木が原・・・奴め 行っちまったか。」
「ありがとよ。」
シナトラ「お前、青木が原まで行くつもりか?」
石松「いや、もう行かねえ。」
「旦那の話、伊織と分けたって事実・・・
信じられねえが、それが事実だとすれば、もう俺の出る幕じゃねえ。」
「あいつは剣崎家に対して自立できる最低限の力を持ってるってことだ。」
シナトラ 「フッ、お前が育ての親とあっちゃあな。
久しぶりに会ったが、すぐケンカ腰になる所は、お前そっくりだぜ。」
「それに あいつは腐っても剣崎順の息子だ。
一人で何もできねえったことはあるまい。」
席を立つ石松
シナトラ「帰るのか?」
石松「ああ。俺は外房で魚とたわむれてるくらいが分相応だ。」
「帰らせてもらうよ。」
帰る石松、振り向きざま
「・・・・旦那、もし・・もし俺が大怪我するようなことになっても
リンドウの奴には何も言わないでくれ。」
シナトラ「何?」
石松「あばよ。」

双葉「おにいさま、香取様、大怪我するって・・・?」
シナトラ「・・・・、何のことか分からん。」 「!」
「石!てめえまさか・・・・・!」

ザシャアッ!夕暮れの影道本陣に立つ伊織。雑魚2〜3人をのける。
伊織「失礼いたします!シナトラ伊織、
影道総帥にお目通りにかかりたい!」
偶然、玄関に出るリンドウ。「ん?」
伊織「!」 「こいつ・・・化けたか ?」
リンドウ「よう・・・どうした?なんかあったのか?戦闘者?」
伊織「・・・」
リンドウ「こんな気味悪いとこまでよく来たな。総帥なら奥だぜ。」
外へ出ようとするリンドウ。
伊織すかさず切りかかる「ムンッ!」シュバッ!
一瞬の間素早く振り向くリンドウ!ピシィーン!
真剣を二本指で受け止めたぁ!(ここは絵じゃないとね。男坂参照!)


376 :裏リング作者:2000/07/26(水) 15:01
伊織「・・・・!」
リンドウ「アブねえなあ・・・・・・」
伊織を指差すリンドウ
「おめえ、銃刀法違反でそのうち捕まるぞ!」
「バーン!」(拳銃の音のマネ)
歩き出すリンドウ。
伊織「待てぃ!剣崎!」
振り向くリンドウ(トーン貼りで顔アップ。厳しい表情で)
「・・・・・・、ついでに クズ退治もやりてえなら
おまえの気が済むまで 明日いっくらでも相手してやる!」
「総帥に会いに来たと・・・・、たった今てめえはそうぬかした・・・・」
「フッ、クズにかまってねえで さっさと用件すましてこいや・・戦闘者!」
立ち去るリンドウ
伊織「フッ・・・・あの時奴の左からはなたれつつあった閃光・・・・
化けたと感じたその瞬間
この場で出会いたくなり 思わず切りかかってしまったわ!
それにしてもあいつめ、二本指で受けるとは。」
半分、動揺して現場を見詰める影道の2〜3人の雑魚。
伊織「上がらせてもらうぞ!」

本陣にある仁王像のシーン。総帥と向かい合う伊織

総帥「なるほど・・・君の父上のことはこの影道も、良く存じておりますが、
真の戦闘者を求めてこんな所まで・・・ご苦労様でした。」
「君の相手は影道のどなたかがいたしましょう。」
伊織「総帥、ここに来た剣崎リンドウに何らかの指導をなさいましたね。」
総帥「・・・・・・」
伊織「あの目・・・、前に会った奴とは別人です。」
「わたくし、奴との戦いを寸前で止めらた事件が過去あります。」
「できることなら今すぐに奴との戦いの立ち会い人をお願いしたい。」
総帥「それはできません。」
伊織 −ピクッ−
総帥「リンドウは明日戦いを控えています。」
「それが済めば君との勝負を受けるか否かはリンドウが決めるでしょう。」
伊織「奴は一体 誰と戦うのですか?」
総帥「立ち合うのは私の息子・・・・、君もまんざら遠い関係でもない。」
「なんなら明日最上階の勝負、見学していきますか?」

本陣の中で伊織
「フフフ・・・・今の剣崎と対等に闘う男もここにいるというのか!」
「青木が原までの周遊、無駄足ではなかった。」
「血が燃える相手が存在するなら、それだけでよい。」
「まとめて粉砕してやるわ!この志那虎伊織がな!」
ゴゴゴゴゴゴゴ。。。

チュンチュンッ(スズメの声・・・朝の象徴・・・・・)
影道の塔前にて五代目、野火、幽鬼

野火「御武運をお祈り申し上げます」
五代目「野火、いままでの修行、礼を言う。
奥義の全てを尽くしてこの試武にあたろう。
私亡き後では影道再興はなきに等しいのだから・・・・。」
歩き出す五代目 ザッザッ!
幽鬼「野火・・・・」
野火「五代目はやる!
恐らく過去のぼった人間でも最高のスピードで最上階へ進むだろう。」
幽鬼「そして最上階にいる男が・・・・」

バァーン!影道朱雀の間の門が・・・・今 あいた!

裏リング作者のコメント
「影道 嵐 と裏リングの五代目。これは同じ人間のはずだがまるで内容は違う。
客観視できない自分の文章、だが先の先まで展開は考えてあるぜ!」


377 :どっちも熱いでー。:2000/07/26(水) 19:06
パラレルみたいでいいっすね。


378 :裏リング作者:2000/07/26(水) 21:43
裏リング画像、
PCの具合の都合によりUP延期です。
期待してくれてる方
いらっしゃいましたら、ごめんなさい。

379 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 23:14
期待しまくりです!!
つーか俺たちの兄貴!裏リング作者先生!!
頑張ってください。


2ちゃんのスレ一覧からこのスレ見つけられないんだけど・・・
新規投稿しても上がらないのは私だけ?

380 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 03:44
age

381 :age:2000/07/27(木) 04:22
age

382 :>:2000/07/27(木) 20:08
age

383 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 23:23
age

384 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 10:00
なんで、あげても上がらないんでしょ

385 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 11:16
age

386 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 15:31
上げてもあがらないので
新しいスレ作りましょうか・・・
裏リン先生の作品が埋もれるのはもったいない

387 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 15:37
スレあがんないので移動
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=964766188

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>121>.>1>>1>.>1>>21>>1>>1>>1>>1>>1 *******:/test/read.cgi/comic/958977243/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)