5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

満州国軍について

1 :名無しさん:2000/06/16(金) 00:37
満州国軍が参加した戦闘について何かご存知でしたらお教え下さい。
資料が少なすぎてわからない事が多いのです。
あと、兵器、装備、軍服、組織などについても。
詳しい書籍などもおねがいします。

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/25(日) 01:15
そんなもん、あったら見たいわ(笑)
組織や服は、満州国の官報でも見たら?>でかい図書館ならあるかも


3 :コジマッド:2000/06/25(日) 10:56
安彦良和さんの「虹色のトロツキー」全8巻
主人公が興安軍に入って、ノモンハンで戦います。
石原莞爾、辻政信といった日本人だけでなく、満州国の人々、
ウルジン将軍やジョンジュルジャップ中校(中佐らしい)など実在の人物も出てきます。

この本を読んでいたら、いかに帝國陸軍が愚劣な集団か、特に辻政信!
己の名声を得たいために、何百万もの兵士を死地に追いやったか解ります。
また、領土なんてモノはそのときの軍事バランスで決まったものであり、
神聖不可侵なものだなんて大嘘です!

4 :消印所沢 :2000/10/02(月) 10:07
空軍:雑誌を丹念に当たってください.たま〜〜に,満州軍仕様の97式戦闘機のイラストなどが載ることがあります.日の丸の代わりに,「四分の三日の丸+他の4色ストライプ」の満州空軍識別票のついたやつね.

海軍(海上警察隊):「新三菱神戸造船所50年史」に,満州国砲艦「大同」「利民」の写真が掲載されています(ただし不鮮明)
          「世界の艦船」'82年3月号に,「往年の満州国海上警察隊について」(田村俊夫)が掲載されています.遠景ながら,写真つきです.

陸軍:朝日新聞編&刊「1億人の昭和史シリーズ・1億人の戦史別冊・満州事変」に,少しだけ写真が公開されています.傀儡軍だけあって,殆ど軍装は日本軍と変わらないようです.


5 :消印所沢 :2000/10/02(月) 10:14
   <おまけ>
 漫画版「帝都物語」(画・高橋葉介)の中で襲撃されています.

6 :日本一の無責任男 :2000/10/02(月) 10:22
>3
漫画なんぞを歴史の参考資料にしていい気になってるいる糞オタ、おめ。

7 :特命鬼謀 :2000/10/02(月) 10:30
昔「満州国空軍」て書かれた一式戦をなんかの雑誌で見た記憶があるなあ。

8 :>7 :2000/10/02(月) 11:03
「航空ファン」に乗っていた、「タイ空軍」仕様の一式戦ではなくてですか?(ちなみにタイ空軍のマークは象)

9 :特命鬼謀 :2000/10/02(月) 11:10
>>8
いや、ずいぶん昔の話なんだが。(20年以上前だろう)
機体は無塗装(銀)で、機体側面に「満州國空軍」と黒で書いてあった
ように思う。

10 :名無し三等兵 :2000/10/02(月) 11:14
>>9
ログ(了解)

11 :名無し99号 :2000/10/03(火) 00:52
満州国軍などのマイナー軍を研究しているものです.日本語で読める資料としては柏書房の満州国軍が20数年前に発行されています.私も2年ほど前に古書店で4千円位で入手しました.また、蘭星会の満州国軍も発行されていますが、入手困難な上、古書に出回っても15万円はするので、恵比寿の防衛図書館に行って閲覧するほうが確実です.
尚、最近私は、中国語の資料で調査をしつつあり、逐次前進中です.特に、終戦時の満州国軍については、何とか翻訳が出来つつあります.掲示板に質問が出た場合は、わかる限り情報を提供していきたいと思います.
そういえば、同人誌でも最近満州国軍というのを入手しました.軍服などに関しては、私は無知なのでこの同人誌を入手するほうが参考になるかと思われます.

12 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 00:56
>6
とりあえず読んでから発言しような、僕たん。

13 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 01:22
本当。「虹色のトロツキー」ぐらい読めよ。>6

14 :消印所沢 :2000/10/03(火) 01:57
>11
当方にとって目下最大の謎は,両大戦時のベルギー海軍なのですが,資料に心当たりはございませんか?

15 :日本一の無責任男 :2000/10/03(火) 04:02
>12、13
いちいち流行もしなかった漫画なんぞ読んでられるか。
漫画と歴史の区別もつかねえんならコミック版か病院にでも行けよ。

16 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 04:14
安彦の歴史観はちょっと……なんか……
小林よりのりと逆ベクトルの暑苦しさというか……

17 :まあ漫画だからね。 :2000/10/03(火) 04:27


18 :>15 :2000/10/03(火) 04:29
じゃあんたは流行する漫画だけ読んでりゃいいだけのはなしじゃんか。
虹色のトロツキーも一生読んじゃダメだよ。
大体絵より文字が好きなら:) 日本語もちっと勉強しな

19 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 04:45
表現方法が「漫画」であっても歴史考証さえしっかりしていれ
ば何の問題があるのか?一概に漫画だから云々って述べるのは
ナンセンス。
とにかく「コミック版」とか書くのは止めようなボク。
底の浅さが見えちゃうよ(w

20 :名無しさん :2000/10/03(火) 05:21

別人だけどさ、漫画を歴史資料にするのは痛いと思うよ。
漫画は漫画だって。



21 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 05:56
19は理由付き、20は理由無しの決めつけ

19の勝ち

22 :13 :2000/10/03(火) 06:19
虹色のトロツキーってかなり話題になったんだけどねえ・・・
聞いた事もない?安江大佐の息子まで巻末に感想寄せてんだけどね。
漫画ひとつ描くにも膨大な資料考証が必要だし、写真も豊富で
一度読んで損しないと思うんだけど。俺これ読むまで満州国軍
なんてただの傀儡軍隊としか思ってなかったから衝撃的だったよ。
一億人の昭和史辺りの白黒写真見てるだけではわからない何かが
あると思うんだけどなあ。
そんなに厳密に歴史資料にこだわるんなら、防衛研で調べるのが
最善としか言えないような・・・

23 :消印所沢 :2000/10/03(火) 08:21
安江大佐ってユダヤ人工作の?
ってぇことは、その工作のことも出てくるの?
工作の拠点は、上海じゃなかったっけ?

24 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 08:22
満州空軍の隼のプラモは見たことあるよ


25 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 11:59
いやぁ、恥ずかしながら、昔、切手オタだったんだよね(藁
まぁ、それで、大日本帝国の政策を知ったんだけどさ。

で、満州国の切手に、戦闘機買うための寄付金付き切手ってのがあった。
なんか、いじましいというか…。
たしか、そんなんでも隼を数機買えたっていうのを覚えてるな。


26 :名無し三等兵 :2000/10/03(火) 17:40
>>23
上海も出てきますよ。

27 :名無し99号 :2000/10/04(水) 01:19
>14 すみません。ベルギー海軍は盲点でした.丸エキストラ版vol47 世界の海軍によれば、微弱な戦力で無視してよいが、英仏海峡連絡船は英国に接収され、揚陸官として活躍したという内容の記述がありますが、具体的な内容には触れていません.
ご期待に添えずすみません.




28 :消印所沢 :2000/10/04(水) 11:43
>>23
 分かりました.今度,読んでみます.

>>27
 ありがとうございます.その号、当方も持っております。
 あとは,海人社「第2次大戦のドイツ海軍」に,捕獲されてドイツ海軍に編入された元ベルギー艦艇があって,それが当方の持つベルギー海軍関係資料の全てです。
 洋書で"Destroyers of World War 2"というのも昔、買ったのですが、コロンビアやデンマーク,ギリシャやタイまで載っているのに、ベルギーが無ああああい!

 ちなみに,満州には国軍とは別に,満鉄所属?の軽歩兵が4個連隊ほどいたと聞き及んでおりますが,彼らの運命をご存知でしたらお教えください.

29 :名無し四等兵 :2000/10/04(水) 14:12
満鉄に「自衛隊」という組織があった、と聞いたことがあるけど、それの事かな?

30 :ちょっといい? :2000/10/04(水) 15:06
日本共産党にも、
その昔「自衛隊」という組織があったよ。
有名な話し。

口を挟んでスマン。かんべんして。

31 :>28、29 :2000/10/04(水) 16:36
英国の東インド会社にも所属海軍としてボンベイ・マリーンってのがあったのよね。

32 :名無し99号 :2000/10/05(木) 01:06
>>28 早速のお返事ありがとうございました.尚、質問の部隊は満鉄の鉄路警護隊のことですね.
彼らは、1944年3月に満州国軍に編入され、鉄路警護軍と改名されました.兵力は、ハルピン、奉天、錦州、牡丹江、吉林、チチハルの名をつけた6個旅(
旅団)です。もっとも、旅の編成内容は、1個団(連隊)と訓練学校なので、実際の規模としてはあなたがおっしゃるとうり軽歩兵連隊規模といってよいでしょう.
形式的には満州国軍になった彼らでしたが、実際には国軍内でも特別扱いされ、関東軍の直接指揮下で鉄道の警護にあたっていたようです.中国側資料によると、終戦後ソ連軍に降伏したと簡単に述べていますが、チチハル鉄路警護旅は、その1個団を満州国軍の最精鋭部隊である鉄石部隊に派遣し、鉄華鉄路警護旅として長城線を越え、河北省で1945年3月から八路軍の討伐にあたっていたようです.
その後の経過はわかりませんが、鉄石部隊のほかの部隊は、終戦後に国民党軍に編入され、その先遣部隊として満州に帰還し、八路軍との戦いに参加したようです.



33 :名無し99号 :2000/10/05(木) 01:10
>>28 早速のお返事ありがとうございました.尚、質問の部隊は満鉄の鉄路警護隊のことですね.
彼らは、1944年3月に満州国軍に編入され、鉄路警護軍と改名されました.兵力は、ハルピン、奉天、錦州、牡丹江、吉林、チチハルの名をつけた6個旅(旅団)です。もっとも、旅の編成内容は、1個団(連隊)と訓練学校なので、実際の規模としてはあなたがおっしゃるとうり軽歩兵連隊規模といってよいでしょう.
形式的には満州国軍になった彼らでしたが、実際には国軍内でも特別扱いされ、関東軍の直接指揮下で鉄道の警護にあたっていたようです.中国側資料によると、終戦後ソ連軍に降伏したと簡単に述べています。

34 :名無し99号 :2000/10/05(木) 01:16
みなさんすみません。操作ミスで書き込みがダブってしまいました。初心者なもので勘弁してください.

話は変わりますが、鉄路警護軍の存在をご存知の消印所沢さんは、昔タクティクスの読者だったのではありませんか?
これから色々と教えてくださると幸いです.マイナー軍の調査はとても一人では進みませんから.
友人はみんな、ドイツのファンなので。

35 :消印所沢 :2000/10/05(木) 01:54
>>30
彼らのドタバタぶりは最高に笑えますよね.

>>31
もっと詳しく教せーて!

>>33@` >>34
丁寧なお答え,ありがとうございました.
当方,たしかにある時期同誌は読んでおりました.
現在,当方のメインの趣味は,軍事から発展して,諜報関係と猟奇殺人とに特化しておりますが,海軍関係の情報収集も細々と続けておりますので,可能な限りお答えできるかと存じます.
ps.ドイツも面白いよぉ.あっちこっちの小国からパクってきた兵器のオン・パレードで.

36 :31>35 :2000/10/05(木) 22:44
私は知っているのはこのあたりの小説などで仕入れた知識ですね。
(もう絶版かも?)

http://www.t3.rim.or.jp/~tomohide/bookB.html

英国東インド会社は満鉄よりもはるかに強力な存在で直接インドを会社が支配し
インド交易を独占していました。
このため私設艦隊を保有していたようですね。
また数次にわたる英仏戦争でも英国海軍に協力して実戦に参加していたようです。

規模は詳しくはわかりませんが最高司令官がコモドーアといった記述がありますので
戦隊規模の編成であったようです。
また正規海軍や世間からは格下の存在として軽視されていたようです。

37 :火葬次郎 :2000/10/06(金) 15:03
質問です!
ノモンハン事件のときタイミングよく奇跡的に独蘇伊三国同盟が締結されていたら
ソ連軍が満州に侵攻してきた可能性はあるのでしょうか?

38 :さっさとテレビつけろよ。 :2000/10/06(金) 15:07
あほ。

39 :名無し三等兵 :2000/10/06(金) 16:16
>>38
一日中TV観ていられるヒッキーうぜえ
せっせと自分で立てたスレageてろ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=army&key=970811375

40 :>>36 :2000/10/08(日) 00:59
お答えありがとうございます.
ホーンブロワー・シリーズの第1巻にも,ホーンブロワー艦長が,自艦の乗員が定数を割っていた時,東インド会社の武装商船から無理矢理徴発するという話がありましたね(だもんで,当方,海軍と民間は仲が悪いんだと思ってました.英国海軍に協力したこともあるとは意外でした)


41 :消印所沢 :2000/10/09(月) 23:32
28で触れた"Destroyers of World War 2"が,大日本絵画より翻訳出版されているそうです(表紙が全く同じ写真だから,間違いない)
\4200で(当方が買った原書は約1万.泣……)扱われている国は(原書では)
アルゼンチン,オーストラリア,ブラジル,カナダ,チリ,コロンビア,デンマーク,フランス(自由フランス軍含む),ドイツ(水雷艇含む),イギリス,ギリシャ,イタリア(スピカ級など含む),日本,オランダ,ノルウェー,ペルー,ポーランド,ポルトガル,ルーマニア,タイ,ソ連,スペイン,スウェーデン,トルコ,アメリカ,ユーゴスラビア
小国海軍に興味のある方は,一読されるとよいでしょう.


42 :名無し99号 :2000/10/10(火) 00:49
>>41 例の駆逐艦の本ですね.私も見かけました.いずれ購入したいと思いますが、確かにベルギーは入ってませんね.
もしかしたら駆逐艦を保有していなかったのかも.小国にとっては駆逐艦も有力艦になってしまう。
そういえば去年、ボードシュミレーションゲームで英国海軍というのが発売されました.大西洋と太平洋の両方で戦略規模の海戦を戦うゲームで、割と小国の艦艇も入っていました.但し、重巡以上でしたが.

43 :名無し99号 :2000/10/10(火) 00:51
>>41 例の駆逐艦の本ですね.私も見かけました.いずれ購入したいと思いますが、確かにベルギーは入ってませんね.
もしかしたら駆逐艦を保有していなかったのかも.小国にとっては駆逐艦も有力艦になってしまう。
そういえば去年、ボードシュミレーションゲームで英国海軍というのが発売されました.大西洋と太平洋の両方で戦略規模の海戦を戦うゲームで、割と小国の艦艇も入っていました.但し、重巡以上でしたが.

44 :名無し99号 :2000/10/10(火) 01:11
またダブっちゃった.消す方法無いですかね.あー恥ずかしい.

45 :名無し三等兵 :2000/10/10(火) 16:38
削除依頼板れっつごー

46 :名無し三等兵 :2000/10/10(火) 16:54
日本陸軍で使用してたイタリア製の爆撃機BR20が、97式重爆登場後
いらなくなったんで満州国に払い下げになったらしい。

47 :名無し99号 :2000/10/10(火) 23:47
>>45  削除依頼してきました.ありがとう.うまくいくかな.
>>37 その時点でソ連軍が満州奥深く侵攻する可能性は少ないと思いますが、国境線のを前進させる目的で部分的に浅く侵攻する可能性はあるかも知れません.
   もっともノモンハン事変も戦略的にはともかく、戦術的には日本軍も相当善戦しており、ソ連軍の戦車装甲車等200両以上を撃破していたとも言われ、本国からすぐに増援できる日本軍との戦いはソ連軍にとっても得策ではないかもしれません.




48 :消印所沢@やふう検索で見つけました(満州国 軍) :2000/10/16(月) 22:37
各国空軍関連資料 -- 満州国/中華民国臨時政府
----------------------------------------------------------

●洋書
AIRCAM AVIATION SERIES No.S18 (VOLUME 2)
50 FIGHTERS 1939-1945
ISBN-0-85045-201-5
 エアカムと言っただけで古くからの模型ファンはお分かりかもしれないが、1973年発行の古い本。表題通り、大戦中の戦闘機を、国籍も時期もランダムに取り上げて、写真数枚とあんまりアテにならない塗装図を載せている。その中に陸軍97式戦闘機が取り上げられているのだが、載っている写真2枚も、塗装図も満州国陸軍航空隊のもの。写真では、「護国木曜號」、「護国電々號」、「護国誠忠號」、「護国日清(?)號」の4機が確認できる。

PLOFILI DI AEREI MILITARI DAL 1919 AL 1939
FRATELLI FABBRI EDITORI
 イタリアで発行された戦間期の代表的軍用機の仮説およびカラー図集。キ-27(97戦)の項に、満州国陸軍航空隊所属機に加え、南京傀儡政権軍のものとされるカラー図が掲載されている(元はエアカムシリーズに掲載されたものらしいが、未確認)。が、満州国陸軍航空隊、タイ空軍のデカールを発売している「アクシスデカール」小野口氏の情報によれば、南京傀儡政権に対しキ-27供与の計画はあったものの、実際には供与されていないらしい。

●和書
航空ファン・イラストレイテッド「陸軍航空隊の記録・第2集」
文林堂
 日本陸軍航空隊の写真集だが、数ページにわたって満州国陸軍航空隊の写真記録が掲載されている。満州国空軍について、一般に手に入る資料としては現在のところ最もまとまったもの。

▽「世界の傑作機」隼の号にも、満州国軍所属の同機の写真が掲載されている。

49 :消印所沢@やふう検索で見つけました(満州国 軍) :2000/10/16(月) 22:41
上のアドレス
//member.nifty.ne.jp/kaba-maru/biblio/af-man.htm


50 :名無し三等兵 :2000/10/16(月) 22:45
満州国軍の軍服について。
確か、満州国軍医学校(ごめんなさい正式名称失念)について書かれた
「五色の軍医団」という本に満州国の官報が、そのまま、載っていますよ。
本は所有しているのですが、今、手元になくて正式名が描けなくてごめんなさい。

特に11さん。同じ分野の研究のようです。いろいろ教えてください。


51 :名無し99号 :2000/10/16(月) 23:38
>50 こちらこそよろしく 11番で書いたものです。解る範囲でしたら。今は、日本陸軍と日本の傀儡軍、中国軍等について調査しています.後、日本本土決戦ですね。
ご協力お願いします.   それと現在、もしかして日本は強かったのところにも時々お邪魔しています.
>消印所沢さん。
  了解です。早速覗いてみます.


52 :名無し三等兵 :2000/10/17(火) 21:31
50です。
よろしくお願いします。
できれば、2ch以外でお会いしたかった・・・?
当方も満州国軍には興味があります。参考資料が少なすぎてとても
研究までにはいたっていません。


53 :名無し99号 :2000/10/18(水) 00:32
>52 今晩は。私はインターネットをはじめてまだ2ヶ月の初心者ですが2chは激しいですね.
まあ、満州国軍はなんか相手にされてないみたいで静かなもんですけど.
 資料についてですが、神保町で中国語の資料を探して翻訳ソフトで翻訳しているところです.満州国軍の編成は何とかなりそうですが、南京の汪兆銘政権軍は目下苦戦中です.
 日本本土決戦のボードシュミレーションを作るための資料として研究しているのですが、相反する資料も多く難しいですね.

54 :名無し99号:2000/10/30(月) 00:35
あれ?

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)